日々適当に書いていく予定は未定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昼のDDTから、ラゾーナのバチバチの前に
時間があったのでラゾーナ裏の富士見湯に寄っていく

ここに来るのも結構久しぶりだが
壁のペンキ絵に川崎大師とフロンターレマスコットのふろん太が描かれていた
いわゆるタイアップって奴だが、ペンキ絵職人の中島さんの手によるものだったりする

こういう形で地域密着してるのは結構いいことじゃないかな
スポンサーサイト
2011.01.31 / Top↑
昨日のクソ寒い中、走りに出かける
体が温まるまでが寒いこと寒いこと

浅草のシーザージムの並びに、澤野工房を取り扱ってる雑貨屋があったので
今度行ってみよう

途中、銀座の三州屋で昼食
煮魚な気分だったので、金目の煮付け&鳥豆腐にしました
フォト

第1京浜からKQ蒲田で曲がって、東急多摩川線沿いを走ってみる
駅舎が木造だったりと、ここもいい意味でガチだな
フォト

道中、歴史史跡もちらほらと
南北時代の新田義興ゆかりの地蔵堂や
江戸時代末期の武家屋敷門なんてのがありました
フォト フォト

下丸子駅前に、古い定食屋が立っていたが
サンプルショーケースの中にあるオールドの瓶が素敵過ぎる
フォト

下丸子に来たので、関東ではここと中原街道沿いにしかないコメダ珈琲に寄っていく
ブレンドと名物のシロノワールを頼んでみたが
温かいデニッシュの上にソフトクリームが乗っかってます(お好みでメープルを)
フードメニューも色々あるようで、名古屋発祥なのでえびふりゃーや小倉トーストもあるよ
フォト

下丸子のお隣の鵜の木駅は、看板に生き物が描かれているが
何故にミジンコ?
フォト

東急多摩川から田園調布の坂を走ってスイッチが入ったのか
帰りはやたら坂道を走っとりました
普段なら避けたがる目黒駅前まで行っちまったし
麻布に出てからはあっちこっちの坂上り下りしてましたよ(笑)
近くの”フランス”大使館に反応したのは
自転車馬鹿の習性ゆえか、地下ジャンキーが侵食しているためかww

秋葉のタワレに寄ってCDを物色してみたが、マリアッチのCDはないわね
やっぱり新宿か渋谷行かないとないかな

夕飯時だったので、松風というラーメン屋に寄ってみる(サンボの裏)
ベジポタは初めて食べるが、野菜の甘みが出ていて個人的には悪くない
ただ、麺についてたレモンを搾ると、酸味でスープが負けてたので
ほどほどにするか、スープに搾った方がいいのかもしれない
後、スープの特性上麺に絡みやすいので
大盛り頼むならペース考えないと、スープ割出来るほど残らないかもね
フォト

今回はこんなところです
2011.01.30 / Top↑
今週の「へうげもの」は石田三成と大谷吉継の茶会の逸話
へうげではゲヒ殿こと織部がプロデュースする形となるのだが
そこは山田先生、普通にはやりません

ありなん公(前田利家)テラ大物wwww
よく「へうげ」に前田慶次を出して欲しいって声が出るが
この漫画の利家公相手に傾いても、慶次が小物にしか見えないから出さない方がいいぞ
作者もD(伊達)をあんなんにしたから、出す気は無いだろうけど

計画が失敗したら、決死の一発芸で笑いを取れと振るゲヒ殿だが
この漫画の三成は、クソ真面目で融通が利かなく、冗談の一つも言わない人物
普段は無表情な三成が、顔芸の果ての決死の一発芸→ドヤ顔にコンビニで噴出しかけたww

ゲヒ殿の笑いのツボは、クソ真面目に馬鹿なことをやる必死さなのだが
冶部様、あれはやり過ぎですwww
ラストで大谷刑部が思い出し笑いしてたとはいえ

ただ、三成の「たとえ劣勢であっても豊臣の世を守り、殿下があの世で驚くような世の中をつくりあげる」
って想いには、好感を持った読者も多いんではなかろうか

この漫画、主要登場人物の死に様をクローズアップするのだが
果たして石田三成はどうやって逝くのだろうか
2011.01.27 / Top↑
立石駅北口の再開発予想図が駅前の掲示板に貼られていたが
何これ?(´Д`|||)

駅前にマンションと商業ビルって
まんま今の京成曳舟が作ってるのと同じじゃねぇの
立石駅前の今の濃さを、どこにでもある駅前にしたいらしいよ行政は
2011.01.27 / Top↑
新日終了後、スエパパと高田馬場へ移動し地下プロレス観戦
興行が被りまくっていたため、地下に潜入するのも久々
現地で雄山先生ややすさんと合流

ALAISEはリング(といってもチェーンで仕切ってるだけだが)が物凄く近いので
近くで打撃をやってるとヒヤリとするものがある

■第1試合 ジョータ&○YASUvs日龍&●入道
ジョータと日龍さんの攻防がヤバイヤバイ
久々に見たら入道も実力が上がってきていたがYASUのキックの連打で最後は力尽きる

■第2試合 ●ペドロ高石vsナイト・キング・ジュリー○
ペドロさんのまともな試合を見たのは、下北でやったハードヒット以来だが
トリッキーな蹴りでジュリーが苦戦
いや、ペドロさん見直しちゃったわ

一部で地下アイドルとして愛されるジュリーがクロスアーム式のベアハッグで勝利
皆が「愛らしい愛らしい」言うから、すっかりそういう風に見ちゃうじゃないか
初見の人には本当の悪人に見えるほどのコワ面なんだけど

■第3試合 ●紅&夢路vs小笠原先生&○梅菊
夢さんのガウンに旧ゼロチューは涙するかもしれない

紅さんと小笠原先生の試合が見られるのは地下ぐらいなものだろう
これが見られるだけでもチケ代の価値はある

夢さんの頭突き連打で大流血した梅菊だったが
逆エビがガッチリ決まり、レフェリーストップながら紅さんから勝利
これは次回以降で、地下王座を懸けてシングルになりそうだな

そしてカットはルールで禁止されても
小笠原先生にはどこ吹く風だった


試合後、世田谷で行われた試合のビデオが流されたが
紅闘志子さんことAIはヤバイな
格闘技色の強い女子プロレスってことで女王バチには期待してたが頓挫
果たして、地下女子プロレスがフランスから上陸する日はあるのであろうか

その後はお犬様4匹でALAISE→岐阜屋→100円居酒屋とハシゴ飲み
酒の肴に某団体の愚痴はやっぱり欠かせなかったww

さて次は、また興行被りまくりなので次に潜入できるのはいつになることやら
誰か教えてくれよ!
2011.01.26 / Top↑
vol.3はこちらからhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1662599994&owner_id=8083818

■ダブルメインイベント2 IWGPJrタッグ選手権
飯伏&●ケニーvsデヴィット&○田口
フォト フォト
フォト フォト

正直言いまして、ルチャが売りの興行にこの試合が組まれたことに対する違和感はあります
新日側も、この試合のみ尾崎リングアナがコールしてたので
扱い的には番外編って感じではありました
フォト

しかし、この4者の試合だけあって、内容は保証付なんてレベルじゃないのも確か
攻撃していた側が、すぐに攻撃される側になっていたり
技が出たと思ったら、すぐに次の技が出ていたりと
写真を撮るにもシャッターチャンスを見極める余裕が全くなし
試合も後半になると、ただ「スゲー」を連呼する状況になってたよ

場外へ飛ぼうとするアポロ55を
ゴールデンラバーズがリングインしてカウンターのフランケンシュタイナー
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

ケニーの3回持ち上げなおした長滞空ブレーンバスター
フォト

田口の二人まとめてDDT
フォト

飯伏の小股すくい式のジャーマン
フォト

デヴィットのスワンダイブ式トペ・コンヒーロ
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

デビットが田口を踏み台にしての背面式エルボーを出すが
ケニーがすかさずダブルのフェースバスター
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

ゴールデンラバーズのクロススラッシャー
見事に画面外に飛んでいった(笑)
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

雪崩式を狙うデヴィットを飯伏がバク転キックでカット
そのまま波動拳+ジャーマンで叩きつける
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

PKこころαから止めのゴールデンシャワーを敢行するが
なんとデヴィットがダイビングフットスタンプでカット
とんでもねぇよこの人等
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

田口がケニーにどどん、デヴィットが飯伏をリバース式ブラディサンデーで分断
フォト フォト

ブラックホールバケーションは何とか返したケニーだが
フォト
フォト
フォト

新技どどん+ブラディサンデーの合体技、ブラックサンデーで力尽きる
フォト

いやはや、スゴイ試合だった
ゴールデンラバーズvsアポロ55はすでにブランド化したといっても過言じゃないな
ただ、それゆえに乱発気味ではあったので、次は時期を置いて組んで欲しい
更に進化する可能性が高い試合でもあるので
フォト

新王者となったアポロ55の前に現れたのは
TAKAみちのくとNOSAWA論外
ゴールデンラバーズとはタイプの違う曲者コンビだけに、一筋縄ではいかない相手だろう
ただ、もう少しこの試合の余韻に浸らせてくださいよ
フォト

■カーテンコール
最後は出場選手がリングに上がっての記念撮影
大陸様は、お馴染みの白地に青のマスクで登場
フォト

この日試合の無かった棚橋も登場するが
それに目をつけない男色先生&マキシモな訳は無く、タナはめでたく両手に花ww
フォト

マスカラは茶色のマスクだと親父のみたいだなと思ったら
ブラソスとのハーフマスクでしたわ

マキシモの「メヒコ」コールに、観客も「メヒコ」コールで応える
フォト フォト

ルチャドール同士のルチャリブレが見たいって人も多かったとは思いますが
新日側もある程度対応できるレスラーをカードに組んだりと
その辺りは考えてマッチメイクしていたとは思います
それに、これだけトップクラスのルチャドール呼ぶ興行はなかなか無いので
個人的には満足度の高い興行でした。番外編的メインは物凄い試合だったし
…まあ、第4試合は置いときましょう(笑)

次回、この手の企画が開催される時は
ウルティモ・ゲレーロとボラドールJr、アヴェルノ&メフィスト&エフェストを呼んで欲しいぞ

フォト フォト
フォト
2011.01.25 / Top↑
vol.2はこちらからhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1662579609&owner_id=8083818
ダブルメインは、写真がより多く羅列されてますので、悪しからず

■ダブルメインイベント1 3本勝負 ○ミスティコ(2-1)アヴェルノ●
ダブルメイン1はCMLLの黄金カードが逆輸入
周りがミスティコを応援する中、俺はアヴェルノを応援してました
フォト フォト
 
序盤からミスティコが動きまくる
ヘッドシザースホイップから場外に出たアヴェルノをトルニージョで追撃
フォト
フォト

フォト
フォト

しかし、アヴェルノが絶妙なタイミングで、得意のデビルウイングスを決め1本先制
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

勢いに乗るアヴェルノが、ノータッチのトペ・コンヒーロ
この辺り、アヴェルノは日本を意識した試合をしてたかもしれない
フォト
フォト
フォト
フォト

何とか戻ったミスティコがコルバタからサンセットで丸め込みタイスコア
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

フォト
フォト
フォト
フォト

3本目、ミスティコがコルバタでアヴェルノを場外に出すと
すごいスピードでふわっと飛ぶトペ
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

フォト
フォト
フォト

対するアヴェルノも、セカンドロープで反動をつけてのケブラータ
いや、あの体型でよくあれだけ飛べるよ
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

コルバタをパワーボムで返したアヴェルノは再びデビルウイングスを狙うが
ミスティコこれを脇固めで切り返す
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

場外にエスケープしたアヴェルノを、三角飛びプランチャーで追撃し
アヴェルノあわやカウントアウトの危機に
今回見ていて、飛び技というのは見せ技であると同時に
カウントアウトを狙う技でもあるなと再認識したな
フォト
フォト
フォト

コーナーに乗せられたアヴェルノだが、逆に雪崩式デビルウイングスで切り返すも
ミスティコなんとか返す
フォト

アヴェルノのコーナーからのダイブを迎撃したミスティコは
スワンダイブ式のスワントーンボム
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

アヴェルノのラ・マヒストラルをラ・マヒストラルで切り替えしたのが見事だったが
ミスティコギリギリで返すと、伝家の宝刀ラ・ミスティカが決まり熱戦に終止符
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

フォト

試合後、お互い最高の相手だと称えあうと
次jは日本で、アヴェルノの持つNWAライトヘビー級を懸けて戦おうと約束
フォト フォト

CMLLの黄金カードは、期待に違わぬ熱戦だったな
日本での評価が芳しくなかったミスティコも”金と銀の王子”の面目躍如したと思います
アヴェルノは次はメフィストとのコンビで見たいな
フォト

vol.4に続く
2011.01.25 / Top↑
vol.1はこちらからhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1662519363&owner_id=8083818

■第3試合 CMLL世界6人タッグ選手権 3本勝負
ラ・ソンブラ&マスカラ・ドラダ&ラ・マスカラ(2-1)OKUMURA&内藤&裕二郎
※キャプテンはソンブラとOKUMURA
フォト

ルールは、キャプテンまたは他の二人からフォールorギブアップをとれば1本先取
ルチャファンにはおなじみだが、知らない人には複雑なのかな?
サムライ実況もよく理解してなかったし

王者チームはサッカーメキシコ代表ユニを着て登場し、メヒコvsハポンを色づける
内藤がソンブラのソンブレロにちょっかいを出す辺りがらしいといいますか
他団体や外国の選手とやるとスゴイ楽しそうに試合するからな、内藤は
フォト

前日、飛行機トラブルで来日してすぐに試合したため、ダメダメだったマスカラだったが
トペで足をロープに引っかけて、今日もかと不安にさせる
何か会場の雰囲気がアンヘルたんを見守るような感じだったし
フォト

ソンブラの変形アラビアンプレス、ドラダの飛びつき式急角度のDDTで
立て続けにフォールを奪い、王者チームが先制
フォト
フォト
フォト
フォト

フォト

勢いに乗る王者チームが、多彩な動きを見せる
しかし、Tシャツ脱いだ(脱がされた)内藤見るのも久しぶりだな
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

フォト
フォト
フォト

挑戦者チームは、OKUMURAがトペ・コンヒーロをマスカラ見舞うと
フォト
フォト
フォト

NO LIMITが、ラリアット→ジャックナイフでドラダから
リミットレスエクスプロージョンでソンブラからフォールを奪い、タイスコア
フォト
フォト
フォト
フォト

3本目、挑戦者チームは3vs1の構造を作り、王者チームを追い込むが
王者チームの3人同時トペ・スイシーダで形勢逆転
フォト
フォト
フォト
フォト

マスカラが鉄柱越えプランチャー、
フォト

ソンブラがドラダをホイップしてのドロップキックで内藤&裕二郎を場外に出すと
フォト

ドラダがスワンダイブ式のトペ・コンヒーロを出すが
足を滑らせ危ない落ち方をする
ドラダは時折モチツケと言いたくなる所があるのよね
フォト
フォト

トリはソンブラのトップロープからのケブラータ
これはお見事(ソンブラが膝を痛めている仕草だったので)
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

最後は、マスカラが必殺のカンパーナがOKUMURAに決まり、王者チームが防衛に成功
マスカラは悪いなりにも見せていたので、ある程度名誉挽回になったかな
フォト

ソンブラ21歳、ドラダ22歳なので末恐ろしい二人である
ソンブラと内藤が試合後やりあっていたが、この二人のシングルも面白いんじゃないかな
フォト

■第4試合 マスカラ・コントラ・カベジュラ ○タイガーマスクvs石井●
ザキさんが、石井のラフとパワーに苦しむが、タイガースープレックスで勝利
…ツマンネ
両者の抗争はまだ続くってことは、ザキさんはJrの主流にはまだ入ってこないって事か
どうせ髪切るなら、メキシコからピンクの襟のタキシード来た床屋さん呼んでくれればw

vol.3に続く
2011.01.25 / Top↑
今回は、飛び技が多かったこともあってデジカメの連写機能をフルに使ったのもあって
ゴング読者には懐かしい連写解説風に写真を貼ってみることにした
てことで、携帯の方にはいつも以上に分かり辛いかもしれませんm(_ _)m

CMLLのルチャドールが大挙来日したこともあって、久々に新日観戦
写真集風のパンフとルチャ風のポスターを購入
本心で言えば、もっとルチャドールに気軽にサインがもらえればよかったが
サイン会の様子を見ると収集がつかなくなりそうだったので、それも仕方ないのかな
まあ、個人的にはルード側の方が欲しかったんですが

試合前と休憩中にはマリアッチ演奏で、それっぽい雰囲気作り
マリアッチもCD買ってみたいが、タワーの新宿とか渋谷で探さないと無いかな
フォト

■第1試合 ○邪道&外道vs●ディーノ&マキシモ
第1試合は邪道&外道に対して、ディーノ&マキシモのゲイ&オカマコンビの対戦
ディーノ&マキシモは西側バルコニーから登場
そのまま狩りに入ったディーノに、解説のミラノや三上が餌食にww
フォト フォト

フォト

ディーノ&マキシモに心から関わりたくなさそうな邪道&外道
一方のディーノ&マキシモは初タッグとは思えないほど息があっていた
フォト フォト

マキシモがそのキャラと、叔父譲りのトリッキーな動きで沸かせるが
さすが邪外だけあって、ペースは握らせない
フォト
フォト
フォト

ディーノが邪道の唇を奪うと、ゲイ道クラッチにいこうとするが
クロスフェース of JADOで切り返し邪道が勝利
フォト

敗れたディーノ&マキシモだが、DDTでも見たいタッグだな
なお、ディーノは「マキシモは、アントンと同種の可愛さを持っている」と言ってました
フォト

■第2試合 ○バーナード&アンダーソン&ライガーvsアトランティス&ドラゴン・ロホJr&●タイチ
第2試合はゲレーロスのロホJrとCMLLの生ける伝説アトランティスが登場
やっぱり大陸様は格好いいぜ!
フォト フォト

こういう試合だとライガーが大変ノリノリになるが
試合前はバーナードの後ろに隠れてアトランティスを挑発してました
フォト

フォト
スタートはライガーvsアトランティス
ルチャ式レスリングの攻防を見せるが、アトランティスやっぱ巧い
フォト フォト

ロホJrはアンダーソンとの対格差に苦戦していたが
軽量ながらの跳躍力で対抗
伊達にウルティモ・ゲレーロのパートナーはやっていない
フォト
フォト
フォト

そしてタイチの前に立つのはバーナードであったww
フォト

わりと早い時間に、アトランティスのケブラドーラ・コン・ヒーロと
伝家の宝刀ケブラドーラ・トト・アルトが披露されたが、やっぱ素晴らし過ぎる
フォト フォト

メヒコでゲレーロスとも組んでいるだけ合ってか、タイチも息の合った連携を見せる
ゲレーロスダンスにも加わってたしな
フォト
フォト
フォト
フォト

この試合、一番ノリノリだったのがバーナード
その巨体を生かした場面をいくつも披露
3人がかりでハンマースローを仕掛けているのが、まるで「大きなカブ」である(笑)
フォト
フォト フォト
フォト 

そしてこの試合のハイライト、ライガーのプランチャーから始まる連続飛行
アトランティスのトペ・スイシーダ→アンダーソンのトペ・コン・ヒーロ
→ロホJrの対角線飛びトペ・コン・ヒーロ→極めつけはバーナードの重爆プランチャー
フォト
フォト
フォト

フォト
フォト

フォト
フォト
フォト

フォト
フォト
フォト

バーナードドライバーでタイチを沈めたバッド・インテンションは
中西&ストロングマンを挑発
ドームは知りきれトンボで終わっただけに次回シリーズで激突必至か
フォト フォト

その後、アトランティス&ロホJr&タイチで再びゲレーロスダンス
しかし、大陸様これで48歳というから恐ろしい
CMLLのスペルエストレージャにこれほどふさわしい人はおらんな
フォト

フォト

vol.2に続くhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1662579609&owner_id=8083818
2011.01.24 / Top↑
昨晩はサムライでCMLLのビックマッチがやってたので、サッカーそっちのけで見てました
※プネタでもルチャファンじゃないと知らない名前を連呼してます

・マルセラ姉さん、39歳だが体型が大日来てた頃と変わってないのがプロだな
メヒコの女性は年齢と共にふくよかになられるので
・ルナ・マヒカ、髪切られて短髪な上に体型が近いのでマキシモに見えたww
・美馬姉さんのドスの効いた声は、メヒコでも目立つ(笑)

・サングレ・アステカが大物っぽくなりつつある
・アステカとバリエンテのルチャ式レスリングの攻防が見ごたえあった
・バリエンテのノータッチ三角飛びケブラータは凄すぎ
・ストゥーカJrも生で見てみたいルチャドールの一人
・アステカの内腿への走りこみ式低空ドロップキックがエグイ
・ルード軍最後は仲間割れしていたが、CMLLは昔からルード派閥が多いのよね

・アヴェルノ&メフィスト&エフェストの、技を出さずにラフとコンビネーションで相手を翻弄しているのが素晴らしい。
・アヴェルノ&メフィストはセットで呼んで欲しい
・ラ・マスカラはお坊ちゃまから実力派になりつつあるな
・メフィスト△

・ミニ版とはいえブラック・ウォーリアーの入場曲をまた聞けるとは思わんかった
・ペケーニョ・ブラック・ウォリアーはかなりいい選手だと思う
・エレクトリコがフィニッシュで見せた前方回転式のロメロは斬新だな

・カサス&フェリーノ&アトランティス&ガルサはルードだが大人気
まあ、面子考えれば当然ちゃあ当然なのだが
・ガルサvsラテン・ラバー改めラティーノは、各方面でたまらない顔合わせなのだろうか
・他団体の人気選手でも実力が無ければ評価しないCMLLの客層だけあってか
ラティーノは野郎の大ブーイングと女性の黄色い歓声で真っ二つ
・それでもストロングマンまで突き抜けてると別らしい(笑)
・ショッケルがすっかりぐっどしぇいぷになられていた
・フェリーノはすっかり意味不明なキャラになっていた
・アトランティスのケブラドーラとミスティコのふわっと飛ぶトペは、やっぱ見事だった

・ブカネロはいつの間にかカサス側についた模様
・ミステル・アギラがいつの間にやらマッチョになっていたが、跳躍力は健在
・ルード同士の髪切り戦だが、ブカネロ大人気だった
・ティランティスはAAAメインのgdgdな世界にはマッチするが、CMLLのメインだと何か違う気がする
・ブカネロもカナディアンデストロイヤー使いだった
・アギラの逆立った赤モヒカンはさぞや切りがいがあったことだろうww

・ボラドールJrとウルティモ・ゲレーロが見られなかったのは残念
・しかし、この二人が出なくてもビックマッチやれるのがCMLLの強みでもある
サムライさん、今年も当然放送してくれるんでしょうね
2011.01.22 / Top↑
つい、ケニーと小田村の試合があるってことで、アイスリボン観戦
ここはたまにインディーファン心をくすぐる試合を組んでくるのよね

■第1試合 ○つっかvs飯田●
飯田はジャージはNEO、入場テーマはOffspringと
団体は終わっても引き継いでいる感じがしますね
腕立てアピールは「えみちゅ」をみてるとニヤリとします

つっかが試合を上手くリードしてましたが
タニバットを真似したり、握手を2度払った飯田にドロップキックで返礼したりと
そこはかとなく腹黒い面を見せていた(笑)

■第2試合 さくら&○真琴vs志田&●宮城
さくらは髪切ったので、大仏卒業

ライバル関係が確立しつつある真琴と志田だが
その効果か真琴に荒々しさが出てくるようになっていた
二人の抗争がアイスの看板カードに成長すると、団体として面白いんじゃないかと

勢いを逆手に取る試合をさせれば、さくらは女子でも1、2位を争う選手だなやっぱ

新人の宮城は東北訛りで、周囲を脱力させるキャラの濃さを持つが
レスラーとしてはまだ3戦目ぐらいなので
エルボーの打ち方が弱かったりと、まだまだ課題は多い
体格の使い方を覚えてくると、さくらに当たり負けしないので面白くなるんじゃないかな

■メイン ケニー&○飛香vs小田村&●ちい
ちいの新テーマ「黒く塗りつぶせ」を聞くと
頭上に手拍子をしたり、エアギターを弾きたくなる衝動に駆られるww

ケニーはIWGPJrタッグを巻いて入場
ちいが掠め取ろうとしたり、セコンドの飯田が触れて感激していた

デカイ人vs小さい人定番の、「頭上に手を伸ばして取ってみろ」を
飛香と田村がやってました。無論どっちがどっちか言うまでも無いww

ケニーの大きさと動きのダイナミックさが際立っていたが
ちいが体の小ささを生かして渡り合っていたのが面白かった
ケニーvs田村は西調布で改めてやって欲しいカードだな

ケニーの二人まとめてクロイツラス未遂や、田村&ちいの合体ロボ
ケニー&飛香のダブルのカミカゼといったこの試合ならではのシーンも見られました

■座談会
ケニー、飛香を絶賛し、これから組んでいこうとアピールするが
だんだんハイテンションになって英語でまくし立てるため
何を言ってるのかわからなくなり、だんだん困り始めた選手一同(笑)

さくらは今年は「ケニーとひかり」で行こうというも
あくまでも「けん(大家さん)とひかり」にこだわる飛香は
ケニーに「I hate you.Mother fxxxxr.」と返答し、ケニーガチへこみ

さくら「意味わかってないでそういうこと言うんじゃないの。
マコちゃんWWE行きたいんだから、あなたが英語でこの誤解を解きなさい」というが
真琴「この中で英語が出来る人はいますか?」

そこに現れたのは、ケニーがいるならやっぱり来ていた出禁のマイケル(チケット自腹)
セコンド&通訳としては定評があるため、この場をうまく収めると
真琴「中澤さんはアイスリボン国際化のため必要な人材なので出禁を解いてください」
とさくらに提案
するとさくら、次週の水曜に真琴vsマイケルのカードを強引に決定して
「中澤さんとやってWWEの風を感じなさい」(ヲイ
真琴には精神的に大火傷を負わないことを心からお祈りいたします(マジで
そして巨匠は3度出禁になった男という称号が得られそうである

恒例の誕生日の人がいなかったので、20回目の観戦という子供をリングに上げると
ケニーがIWGPのベルトを持ってこさせて「新しいチャンプの誕生だ」と粋な計らい
その子にとってはいい思い出になったんじゃないかな

ケニー「またここに来れてうれしいよ。近い将来違うIWGPのベルトを持ってここに来るかもね」
最後の握手ではケニーTを着てきた俺を見て、たいそう喜んでくれました

試合後、社長と田村が大変興味深いことを話していたが
実現したら、楽しみだなそれは
2011.01.20 / Top↑
帰りにコンビニに寄ったら、1年前我々を恐怖に陥れた
あのチョコレートスパークリング
「不思議の国のスパークリングチョコレート」
と名前を変えて帰ってきやがった
フォト

ああ、買ったさ!

アリスの図柄にしようと
味は一緒や!!
2011.01.19 / Top↑
思いつきで歌ったWJ風ファイヤーマンの歌詞を載せてみる
2番はだいぶ手を加えたけど

3月1日 横浜アリーナ
旗揚げした マグマの団体
誰かが チケット 買わねばならぬ
ひろしの謎を とかねばならぬ
観客動員 大ピンチ
ひろしが ひろしが 大発生
ワージャー ワージャー
ワールドマグマを手に持って
ど真ん中 ど真ん中
燃えるマグマのWJ

届かぬベルト 外れる金網
会場おそう ひろしの大群
ゴマシオ親父がおこっているぞ
御小スタスタ帰っていくぞ
興行興行 大ピンチ
ホールをダブルブッキング
ワージャー ワージャー
ワールドマグマ手に持って
ど真ん中 ど真ん中
燃える財政WJ

観客動員 大ピンチ
ひろしが ひろしが 大発生
ワージャー ワージャー
ワールドマグマを手に持って
ど真ん中 ど真ん中
燃えるマグマのWJ

手直しなどあればよろしくwww
2011.01.18 / Top↑
WIN観戦後は、上野でやすさんや、園長のマイミクさんと合流しオケ会
懐かしのアニソン&特ソン中心の中、俺は
・タイガーマスク(死虎ver)
・ジャンボーグA(本当はジャンボーグ9が歌いたかった)
・ファイアーマン(WJ風)
・スターダストボーイズ
・炎のさだめ
・風よ光よ
・宇宙刑事シャリバン
・ザ・モンスター(コンドールマンの狂ったED)
・コブラ(しげるじゃないよ)
と歌いました
そういえば、戦隊は誰も歌わんかったね

3時間歌った後、団長、KEN1さん、やすさんと飯を食いに行くことになったが
モヤさまファンには知られている、三河島の麺新華に行くことに
三河島の路地の民家の真っ只中にあるため、初めて行く人は確実に迷うな

店に入ると、ちょうどモヤさまがやってました
目玉のバク肉が実に美味かった
俺はニラ玉ソバを食ったが、こちらもボリューム有り
大将&女将さんも気さくな人なので、地元にも愛されるのがよく分かる店でした
フォト フォト

帰りは4人で町谷まで歩いたが、光栄軒も近いのねここ
2011.01.18 / Top↑
ご近所で見られるアマチュアプロレス団体WIN
今回は、マイミクの団長、園長、KEN1さんらと観戦

葛飾のご当地ヒーローゼロングがカードを配りながらファンサービスしている所に
マッチョ大佐が戦闘員を連れて襲撃
ウサギ年にちなんだ、怪人ガブガブパンダの攻撃にピンチのゼロング
フォト フォト

しかし、マスクド・メロンとマッキーが救援に駆けつけ形勢逆転
「ママにもぶたれたこと無いのに」と過保護に育てられたマッチョ大佐が逃げ去り
かくして葛飾ヒーローズによって、エイトホールの平和が守られたのであった
フォト フォト

■第1試合 ○ウメタロウvsKONG-T●
この試合がデビュー戦のKONG-Tは、厚みのある体つきでしたが
攻撃にまだ躊躇と照れが見られたな
ポーカーフェイスのウメタロウですが、最後はイラッとしていたように見えた
フォト フォト


■第2試合 2代目ハンニバル清水&○SAGATvs●ビック斉藤&山本国鉄
フォト フォト

ビック斉藤の跳躍力や、国鉄のキャラも素晴らしいが
フォト フォト

何と言っても前回RAWで覚醒し始めたSAGATの爆発力につきる
ブランクがあるとはいえ、元秋プロ王者に勝ったのは大きいが
今年は四方八方に喧嘩を売っていく路線で行くのだろうか?
フォト フォト

■第3試合 ○リヴァーサル沢vsキクチゲリオン●
RAWvs秋プロのキャットン杯で負けた者同士の若手対決
リヴァ沢の入場時には、セコンドのSGワンダーが踊りながら登場
休んでもただでは転ばない人だよ、やっぱり
フォト

リヴァ沢がアレのためのアレと総合ムーブで優勢に進めるが
フォト フォト

キクチもエルボーやフィッシャーマンで反撃
しかし、リヴァ沢がついに披露したピラニアクラッチで勝利
何故か次に見るときは違う技になっている気もしているが(笑)
フォト

すっかり「何のためのアレだ」がリヴァ沢のキャッチフレーズになったな

■第4試合 サド&○冥土きっど&冥土”巫女みこ”マシーンvsマッキー&吸いカップ健遅漏&●オナルドファック
秋葉原プロレスvs健康プロレスの六人タッグ
フォト
フォト フォト

マッキーのヨーロピアンエルボーやマシーンの逆水平はいつもながら見ごたえあった
フォト フォト

この試合、一番存在感を発揮してたのは健遅漏
とにかく危険な雰囲気が、木村浩一郎を彷彿させるものがある
3月のスポ戦マニアでは、邪馬屠vs健遅漏って危険な香りしかしないカードが決まってるが
これは見ないと損しそうな気がする
フォト フォト

冥土きっどがパンチラしながら耐えながらも、オナルドを丸め込み勝利したが
フォト

途中で足を痛めてしまったサドの状態が心配
秋プロのチャンプとしては、健遅漏にやり返さないとイカンだろうし

■第5試合 WIN世界タッグ選手権 
DRAGON・RYUGA&●ハリケーン津田vs○ヴァサラ・イケウチ&プリンス石井

王者組はそれぞれで入場、津田はHBKブロンコスを引き連れる
挑戦者チームは、入場に全てを懸けるヴァサラが抑え目に登場したことで
この試合に対する意気込みを感じた
フォト

入場時から王者組に感じた距離感を最も感じたのが、試合中のRYUGAを
コーナートップに座ってふんぞり返って見ている津田って光景
フォト

度重なるセコンドのブラザーガッキーの介入もあって苦戦する挑戦者組だったが
フォト フォト

ブレーンバスターに前方回転で叩きつける連携や
津田に見舞った石井の張り手等で勝とうとする気持ちを見せる
フォト フォト

終盤、ついに堪忍袋の緒が切れたRYUGAがガッキーと揉み合いになっている間に
誤爆からヴァサラが津田を丸め込み王座移動
今回は、タッグの試合はごちゃごちゃしている間に決まるって展開が多かったな
フォト

HBKブロンコスはスーパーパワーボムで憂さを晴らすと
津田とガッキーでタッグを取り返すと捨て台詞
RYUGAと津田は完全に袂を別ってしまったようだ
フォト

「挑戦したい奴はいるか?」ってヴァサラの問いかけに
メソJr&国鉄、SAGAT&リヴァ沢、ビック斉藤が名乗りを上げる
見た感じだと、斉藤がいない間にのし上がったヴァサラって関係から
斉藤&Xで防衛戦ってのが有力かな
そこでは特に何も言わなかったが、石井は津田を越える気持ちが強そう
王座移動によって、タッグ戦線も動き始めたようです
フォト


■メイン WIN世界ヘビー級選手権 ○ハレタ・コーガンvsマッチョ・マイケルズ●
フォト フォト

この試合、とにかく印象に残ったのが、マッチョさんのヘッドロックvs組長の腕攻め
この手の試合は匙加減を間違えるとプロでもドッチラケになるのだが
マッチョさんの必死さと、組長の試合運びが合わさって、全くダレ無かったのがすごい
フォト

髪を巡る攻防で、一瞬にして世界が変わってしまう辺りは、マッチョワールドである
腰に向けてのミサイルキックが届かなかった時は、さしもの組長も素で困っていたような
フォト フォト

組長の畳デスバレーから試合が動いていくが
フォト

今や関係者からすっかり愛されているマッチョさんへの後押しもあって
スイートチンからのマッチョスプラッシュや、マッチョ何とかで組長を後一歩まで追い込む
フォト フォト

しかし、コーナーからのマッチョスプラッシュを雪崩式ミリオンダラーバスターで返すと
伝家の宝刀デスバレーボムで組長が防衛
フォト フォト

いや~見ごたえのあるメインだった
しかし、マッチョさんも年齢はファンタジーにしていたかったのかw
フォト

組長が次の挑戦者を募ると、一番に手を上げたのは吸いカップ健遅漏
これにはさしもの組長も「来ちゃったよ」って顔をしていたな
「怪物」と称した後輩だけに
フォト

さらに、今回試合の無かったケンタDXも名乗りを上げたが、こちらはRAWと2冠狙いか
どうやら次の世界王座のテーマは「下からの突き上げ」の模様

軽量級王者も決める動きもあるらしく、4月の次回大会も面白くなりそうだ
2011.01.18 / Top↑
昨日は世田谷のボロ市に行ってみました
ボロ市については下記参照。日本で最も伝統のあるフリマともいえる

フォト
世田谷ボロ市は、天正6年(1578年)に小田原城主北条氏政がこの地に楽市を開いたのが始まりで、世田谷を代表する伝統行事として、400年以上の歴史を有しています。最初は古着や古道具など農産物等を持ち寄ったことから「ボロ市」という名前がついたとされていますが、現在では骨董品、日用雑貨、古本や中古ゲームソフトを売る露天もあり、代官屋敷のあるボロ市通りを中心に、約700店の露天が所狭しと並び、毎年多くの人々で賑います。


三軒茶屋から東急世田谷線に乗り換えるが、ここからすでにすし詰め状態
車両が2両編成の路面電車風だから余計である
フォト

世田谷駅で降りて、商店街に入ると露店の数々
土曜なので、人でごった返してました
フォト

古着の着物や、古道具、骨董品の店が多い中
神棚やら、臼と杵やら、エスニックな雑貨やら、ゲーム&カードやらと何でもありである

レトロ文房具の露店を見たら、俺らが子供の頃のキャラクターグッズに交じって
グレンダイザーのシール付ポケットティッシュなんて逸品が
よく残ってたなこれ
フォト

古道具なんかは、何に使うのかよく分からんものでも、見ていて楽しかったりする
何でも、糸巻き用の道具らしいけど
フォト

見た週間、すごいインパクトがあったのが
大工道具の露店で売っていた、大鋸と大鉈
確か鋸は丸太を切るためのものだと思ったが、武器屋といっても信じる人はいそうだ
鉈なんか、モンハンの片手剣みたいだしな
フォト

ボロ市通りにある、萱葺き屋根の代官屋敷も見学
地元FMの公開放送もやってました
フォト フォト

代官屋敷の敷地で下馬福祉工房が出店していたので
しも丸くんを買ったら、缶バッチもおまけでもらっちゃいました
昨年レスラーを引退されたしもうま和美さんもいましたよ
フォト

折り返してから戻りがてら、焼肉屋で売っていたタンシチューを食べてくが
寒空をぬきにしも美味かった。そりゃタッパで買いに来る人もいるわ
フォト

入口付近で売っていた、量産品ながら気に入った美濃焼きの茶碗を購入
益子焼の染付け茶碗も心惹かれたが、ちょいと値段がね…
箱付きにいたっては手も出ませんよ(笑)
いくら「へうげもの」読者とはいえ
これで焼き物まで手を出したら、金がいくらあってももたねぇって(汗)

ボロ市通り一回りして戻ってきたら、すでに5時過ぎ
商店街沿いの天狗湯に寄って、飲み会のある秋葉原に移動
毎年、1月恒例の前の会社の面子での新年会でしたが
とうとう、前の会社に残っている参加者がいなくなっちゃったよ(笑)

子供が出来たり、家買ったりする奴もいる中
俺は相変わらずだったりするわけだが(苦笑)

今年も元気に顔を合わせられた事は、それでもいい事なのに違いない
2011.01.16 / Top↑
“破壊王”橋本真也の長男・大地が3・6両国で蝶野正洋を相手にデビュー プロレス界の親子鷹って?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1468680&media_id=59

蝶野 破壊王子にプロレス道を叩き込む!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1468197&media_id=30

「破壊王子」大地デビュー戦で蝶野と対決
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1466980&media_id=8

3/6のデビュー戦は見に行かないが
”プロレスラー”橋本大地は応援したい
橋本真也の息子であることと、プロレス界を背負って立つ期待感って
2重のプレッシャーはあるが、まずは自分のために頑張って欲しいと思う

デビュー戦が蝶野ってのは、客寄せ上はしゃあ無いんだろうが
変に持ち上げるような試合はしないでほしい
プロレスファンはそういう風潮を歓迎しない性分なので

しかし、”橋本真也の息子”とはいえ、デビュー戦を迎える人間に
社運を賭けた大箱興行の成否まで背負わせる気なのか、あの団体は
発表した頃から懸念していた、橋本大地デビュー戦が両国の唯一の売りになってるぞ

本来なら、デビュー戦に専念させるのが団体としてやることなんじゃないの?
今日のSアリで広報活動までしてたけど
何か、団体一同で両国を成功させようって意気込みが見られないんだよな
2011.01.15 / Top↑
「おひとりさま」だと行きづらい場所ランキング
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1463825&media_id=45

人それぞれだし、男女差ってのもあるでしょうけど
一人で行動することの多い俺みたいな人間には
3位の「どこにもいけない」ってのがよく分からん
まあ、逆から見れば、こっちが理解できんでしょうけど(笑)

1位の遊園地はそもそも行こうって気が起きないので、まあ分かる

居酒屋は、うちの周辺の店じゃ一人飲みの方がデフォだしな
むしろ大人数じゃ入れない店しか行ってないってのもあるが
そして一人飲みの中にはサイゼリアも入っていたりする、あそこワイン安いし

映画館、美術館、博物館の類は集中して見たいから、逆に一人のほうがいい

プロレス観戦は、休憩時は友達とたむろっているが
基本観戦時は一人ってパターンだな、うちらの場合は

ひとカラデビューの日は意外と近いかも知れない

最近、動物園に行ってみたい衝動にも駆られるが、どんなもんだろ?

ま、一人者なんてそんなもんだ
と今日も一人でスーパー銭湯に行ってきた俺が言う
2011.01.10 / Top↑
千葉駅から会場に向かって歩いていると
前を歩く大男一人、メインに出る関本でした
フォト

東千葉の銭湯に寄るため早めに来たのだが
会場下のショップにTAKA、FUNAKI、TAJIRIがいてビックリ

今回はシアタープロレスということで、舞台にリングが設置されているが
幕が上がると、今年も龍馬路線で行く、おニューの衣装の味方アナ
フォト

■第1試合 ○マリーンズマスク&ちーばマン&きぼーるマン&柏マスクvs稲松&JOE&●雷斗&ランディ
フォト フォト

第1試合は千葉ヒーローズの試合ということで、寸劇風
JOEもヒール側の狂言回しって形だとまだ生きてくるのね
無理矢理引き込まれ嫌がっていた柏だったが、ヒーローズのピンチと観客の声援に奮起し
マリーンズスプラッシュで千葉ヒーローズの勝利
ツンデレなやり取りの末、今度のタッグリーグでマリーンズ&柏で優勝を狙うってことで幕

しかし試合の流れとはいえ、稲松と特にランディが空気だったのが…
ランディ、今年は焦らないとマズイぞ

■第2試合 山縣&バンビ&●石橋vs中川&○美央&イオ
フォト

レスラー復帰した石橋だが、新人ってことを差っ引いても
基礎のリングワークからやり直さないとダメなレベル
紫雷姉妹は技が前よりも荒くなっている気がするな
この試合、中川がいてくれて本当によかった
やっぱり、宮崎&タニーや植松の女子の職人の系譜にいる選手だと思っている
中川と山縣の姉御が抗争に入る模様、今年はKも女子にも力を入れるらしいので

■第3試合 TAKA&FUNAKI&TAJIRIvs大石&旭&トウナイ
KAIENTAIとはほとんど組んでいないTAJIRIだが、3人とも息ぴったりなのが流石
序盤の、ロープを跨ぐが何でもありませんよ~が実にイヤラシイ
フォト フォト
フォト フォト

Kは、今年トウナイ押しでいきそうなので、それに応えてくれると面白くなるかと
大石&旭に預けられるって事はそういうことだと思うので
フォト

■第4試合 UWA世界ミドル級選手権 ○ヤスvs関根●
試合前まで、ベルトの重みを実感しておけってことで関根がベルトを持って登場
フォト

関根、ヤス相手に呑まれず奮闘するが
まだまだ、ヤスの掌の上だったかな
フォト フォト

身体はごつくなってきてるし、今年はKの末っ子返上の年か?
キャラ的には無理な気がしてるけど(笑)

■第5試合 STRONGEST-K タッグ選手権 HIROKI&○真霜vs竹田&●柴田
フォト フォト

KvsEの対抗戦は、タッグのベルトを賭けるまでに進展
この試合は私スタ民でおりました

普段あまり組んでない竹田&柴田でしたが。そこはファミリー、息は合ってたな
柴田がベリー・トゥ・バックから柴ちゃんこボンバーで真霜を追い込むが
フォト フォト

HIROKIのトランスレイブ→真霜の真剣から
垂直落下ブレーンバスターが完璧にきまり王者チームが防衛
フォト フォト
フォト

試合後、STYLE-Eのタオルで顔を拭き、足蹴にした真霜に竹田が激怒
試合中はあまり絡まなかったが、二人の対戦には期待感が高い
久々にEやDでなく、Bな竹田が見られそうだし
真霜vs竹田のシングルなら、千葉まで行く価値がある
フォト フォト

■メイン 火野&滝澤&○トマトvs関本&石川&●タイガース
フォト フォト
フォト
フォト フォト

メインは他団体トップ3人を迎え撃つ6人タッグ
この中にトマトが入っているのが、昨年の躍進の証拠とも言えるのでは

ヘビー4人は顔合わせ的攻防だったけど、4人のシングルはぞれぞれ見たいわ
特に火野と関本のチョップの打ち合いはド迫力であった
火野は関本&石川に全く格負けしてなかったのは、正しくKAIENTAI-DOJOのドンだな
フォト フォト
フォト フォト

この手の組み合わせだと軽量の選手が狙われるのが常
関本&石川の攻撃で正しく宙を舞っていたトマトだが
フォト フォト

レッドアイでタイガースを押さえ、逆転勝利
フォト
フォト
フォト

トマトはタイガースの持つインディーJrに挑戦表明
火野は滝トマとタッグリーグの優勝を争おうと誓い合い、締めをトマトに任せて退場するが
トマトダンスのさびに入ったところで飛び入りする所が、遊び心のある火野らしい
フォト フォト

トマトダンスで幕となった今回のビックマッチでしたが
滝トマはKの看板タッグの一つにもうなってきてるな
いつまでもトップの顔が固定したままだと、団体としても面白くならないからね
フォト
2011.01.10 / Top↑
昨日は、年末年始で体が鈍り気味だった事もあって
がっつり走ってみようかと、進路を横浜へ
そんな訳で、行きは坂の多いR1ルートで走ることにした
所要時間2時間半、46.4㌔走って横浜開港広場に到着
この辺は、西洋風近代建築も多いので
Androidのトイカメアプリで遊んでみることにした

フォト フォト
レトロな建物が、よりレトロっぽく写ったりする
シルク会館にいたっては、廃墟っぽくなるがww

西洋っぽい建物が多いので、ヨーロッパの町並みぽく写ったりもする
フォト フォト

何と無しに、ファーストフード系でないハンバーガーが食べたい気分になってたので
開港広場前交差点にあるJACK CAFEのハンバーガーセットで昼食
フォト

昼食後、山下公園へ移動
氷川丸の方へ行くと、鴎の群れがえらいことになっていたが
どこかのおっちゃんが、えさを蒔いていた模様
さながら、ベイが鴎の侵略を受けているようであった
フォト フォト

鴎の群れをトイカメっぽく撮るとこんな感じ
そして、スマホのカメラで鳥なんぞ撮るから
復路のアプリ計測できるほどのバッテリーが無くなるのだ(笑)
フォト フォト

帰り際、横浜港近辺のそれっぽい建物を撮って行く
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト

帰りのルートは、こっち来るときいつも使うR15
六郷橋以外は平坦な道なので、走り易さは段違いである
しかし、車道走る自転車乗りの8割方は信号守らない奴ばっかだなと
人の振り見て我が振り直さねばと思う次第

今回のノリでR15を走っているなら、やっぱりここは外せないのが
JR国道駅
フォト フォト
今回は駅の裏側も撮ってみたが、こっちもガチだなww
トイカメで撮らなくてもそれっぽいし、ここ
フォト フォト
そして、国道駅のガチさに魅かれていたのが、俺以外に二人いた(笑)


品川プリンスを過ぎた辺りから、風が強くなる
冬の自転車乗りの大敵は、都内の冷たい突風なのは間違いない
流石にこの辺りで、持って来た上着を羽織ったよ

休憩地の秋葉をぷらっとした後、ついでに夕食を取って行く
明神側の大通り沿いにある影武者ってラーメン屋に行ってみたが
フォト
ご覧の通りの二郎系ながら、スープはあっさり目
俺にはスープのパンチ不足に感じちゃったなぁ
立地イマイチとはいえ、秋葉の二郎系ながら空いていたのはそのせいか?
道中の鶴見二郎も辺鄙な場所ながら、行列してたのを考えると

11時過ぎに家を出て、帰ってきたのは20時
流石に、今日は膝に疲れが堪ってるわ(汗
2011.01.10 / Top↑
昨晩は、クソッ寒い夜中に出かけて
友達が某所でやってるバーで飲んできた

大半は、サシでまた~りとやってましたが
友達の師匠格にあたる方が来られて
お近づきの印でマイミクになりました

一切、予告なんぞしなかったので来た事に驚いていたが
あんなにクソッ寒くても、チャリで来るイメージなの?俺って(笑)


ちゅうことで、機会があればまた行きます
ボトル入れちゃったし(火暴)
2011.01.08 / Top↑
何となくオムライスが食いたくなったので
町屋から1本道を15分ぐらい歩いて光栄軒へ行く

行く途中、野崎浴場って宮造りの銭湯を見つけたので、今度来た時行ってみよう
ただ、光栄軒行くなら食前の方がいいな

ここはデカ盛りのの店で知っている人もいる所
頼んだオムライスはカレー皿にてんこ盛りで出てきます
それでも普通盛りです(650円)
フォト

8割方食ったところできつくなりましたが、完食成功
なお、大盛りは4合飯を食える人はお試しください
アタクシには無理でごぜぇます

何気に帰りの歩きが、腹ごなし的には丁度よかったりもする
そういえば、ここで麺類頼んだこと無いな
2011.01.06 / Top↑
プロレス専門BLOGブラックアイ2さんがやってるネットプロレス大賞に投票してみました
http://beye2.com/blogid_26.html

☆MVP
1位 関本大介
2位 杉浦貴
3位 伊東竜二

☆ベストバウト
1位 関本vs高梨 DDT4/4
2位 アポロ55vsゴールデンラバーズ 新日本10/11
3位 矢野vs菅原 FREEDOMS7/15

☆最優秀タッグ&ユニット
1位 高木三四郎&澤宗紀
2位 飯伏&ケニー・オメガ
3位 小鹿軍

☆新人賞
1位 帯広さやか
2位 橋本和樹
3位 都宮ちい

☆最優秀興行
1位 9/19 大日本プロレス後楽園ホール大会
2位 10/6 マッスルハウス10
3位 9/18 STYLE-E 新木場大会

☆最優秀団体
1位 大日本プロレス
2位 SMASH
3位 STYLE-E

☆最優秀マスメディア
1位 Twitter
2位 19時女子プロレス
3位 USTREAM

こんな内容で送ってみた
基本的には去年の私的プロレス大賞ベースで
2011.01.06 / Top↑
ウサギと言ったら、モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル
ちなみに俺の友人用写真のネタである
23分あるけど、4分ぐらいで出てくるよ


プネタからは、この試合
姐さんはこの頃からすでに大人げなかったwww


アメプロからWCWワールドワイドの常連デーブ・サリバン
ウサギが友達の頭の弱いキャラでやっていた
ちなみに、ジ・イコライザーの名前で来日経験有り(ドームでノートンとやってた)
2011.01.05 / Top↑
実家から東京にとんぼ返りして、今年初プロレス観戦のユニオン後楽園へ
今回は全席2000円のお年玉価格と、石川vs中西等のカードもあって超満員
ただし、これでも大赤字だそうで。大社長はプロモーションとして割り切っているそうですが
フォト

■第1試合 諸橋&●妻木vs○伊東&入江
フォト
それぞれにモロと伊東がいるが、妻木と入江がメインになるべき試合

TKG48は入江を押し上げるためのユニットでもあると思っているが
自分が垂直落下式バックフリップは大きなどよめきが出ていたので
そういう意味ではインパクトは与えていた

妻木は12月大会で入江に噛み付いた時の気持ちをもっと見たかった

■第2試合 ○チェリー&松本&大畠vsブラックチェリー1号&●2号&3号
大畠(21歳)、松本(25歳)、チェリー(同世代)の同世代トリオ
もちろん詐称疑惑のチェリーにブーイング
フォト

一方、ブラックチェリーズは3号の生歌に乗せて登場
…やりやがったな、あの大仏
フォト

性格が真っ黒と聞いていた大畠だったが、1号への連発ドロップキックや
「これ以上松ちゃんがブサイクになったらどうするんだ」発言で大いに納得

2号の二人まとめてブロックバスターは驚いた

しかし、美味しい所は大仏型3号が持っていった気がする

【愚痴】
いつもの連中の「頑固」コールが松本に飛んでたが
煽っている矢野ならともかく、あそこに上がれば誰にでも飛ばすのが
連中の手慰みを見せられてて不快でしかない
はっきり言って今○田とやってることが大差ねぇだろ

■第3試合 エクストリーム選手権キャプテンフォールマッチ
○イサミ&矢野&飛田vs●ナンブン&超雲&曹彰with真琴姫
フォト フォト

飛さんのCGで、後楽園開催のピンチになるが、真琴姫がその危機を救う
佇まいとか見るとよく似た人のWWE入りへの本気さが見える
フォト

矢野は要所要所でいい仕事をしてたな

ナンブンさんは、とりあえずもういいです

イサミがエクストリームを取り返したことで、怒頭破血は3冠か
次はどこかのタッグ王座を狙って欲しい
フォト

■第4試合 ●大家さんvs○菊池
煽りVは古武ワールド全開であった
ちなみに菊池のバイト先
http://www.asisuto-b.co.jp/index.html

何故かパン食いデスマッチになったが、試合はまあ写真見てお察しください
フォト

DDTの悪乗りの一番悪い部分がでちゃったなぁ
松井さんもそりゃあ、心が折れるさ
大家さんも肉体改造してきたし、普通に試合させても良かったんじゃないかと思うが
まあ、普通に試合しても収集つかなくなる可能性は高かったけど
ただ、二人とも本気でやっていたのはプロだなと思った

■休憩明け
ユニオンレギュラーオーディションの合格者発表
茨城興行の吉田、リングアナ志望、nkwの選手、ばってん(当然ブーイング)の4人
この4人のコーチとして登場したのは、何と”俺たちの隆男さん”
試合の無かった726も引き入れ、第2期アックスボンバーズがスタートした
これが一番のサプライズだったな
フォト フォト

■第5試合 冨永vsジェネリコ
学プロのトップだった冨永のプロデビュー戦
観客にも学プロ&アマチュアの関係者が多かった気がする
対戦相手のジェネリコはROH等に出ている米インディーの大物

両者のスタイル上ハイフライヤーな大技主体の試合になったが
やはり一つ一つの技の見せ方でジェネリコとの差を感じた

冨永は潜在能力は高いだけに、後はファンの心を振るわせられるかどうか
正直、まだお客さん扱いな感じは否めないので
ユニオン勢との試合も早急に組んで欲しいと思う
フォト フォト

■第6試合 ○三四郎&澤vs真霜&●円華
インディーのトップチーム同士の試合だけあって、この試合が一番面白かった
澤と真霜のマッチアップは刺激に溢れていた
この二人のシングルは、バチバチルールで見たい
フォト フォト

真霜&円華はブランクがあったが
大社長の負傷した肩に集中するなどチームワークは顕在
しかし、最後は大社長が力で円華をねじ伏せた
フォト フォト

試合後、大社長は「真霜&円華はもうイラナイ」と経営者として通告するが
ここに現れたのは、矢郷さん
「高木三四郎のレスラー使い捨て政策に断固対抗する」と
真霜&円華と軍団を結成…勤皇党とか言ってはいけないww
なお、それを見ていたスーザン代表が本気で困っていた
フォト

矢郷さんのTKG48への「インチキ商売みたいな名前をつけやがって」はガチww
てことで、大社長と矢郷さんの不毛なる争いはユニオンに持ち越された

■メイン ●石川vs中西○
今回の目玉、メジャーvsインディーのスーパーへビー級バトル
試合は一言で言えば、石川の玉砕
フォト

やはり中西は人間の範疇を超えている
それでも関本や耕平が何も出来ずに敗れたことを考えれば
頭突きとランニングニーリフトで爪痕は残せたかと思う
フォト フォト

しかし、改めて中西と真正面からぶつかるのは並大抵の事じゃないんだな
俺もJCBでの将斗vs中西以上のモノは見てないし

試合後の中西「今まで食らった頭突きの中で一番効いた。
そんな身体してこれだけ多くの人に応援してもらえるなんて、そうはいないぞ。
大きな体して小っちゃくなるなよ。バックボーンにこだわって小っちゃくなるな。
お前の肩に仲間やこんだけのお客さんの希望がかかってんねんからな」
飾らない分、シビレタねこれは
フォト

2月のユニオンで、石川vs菊池のシングルが決定
本人を他所に大家さんと菊池の舌戦が繰り広げられていたが
フォト

大家さんが石川に気合を入れようとして逆に入れられるいつもの光景の後
「ゆくぞ!ユニオン」で締め
フォト

<総括>
大盛況だったとはいえ、いつものユニオンの熱とノリは薄かったかな
大社長に矢郷さんが加わったとでDDTの色が強くなったのは否めないし
団体カラーの住み分けは急務になっていると思う
5月にも後楽園が決まっているが、余所行きの味付けの濃すぎない
普段のユニオンの色を見せて欲しい
2011.01.04 / Top↑
午前中は、祖母の面会の後
下野市南河内にある薬師寺八幡宮を参拝
ついでに薬師寺跡を散策してみた

夜は、中学の頃からの友人達と焼肉を食いに行く
5年以上振りに会った奴もいたが
変わりがないようで何より

明日は、昼過ぎに東京に戻って
今年のプロレス観戦始め
ユニオンプロレス後楽園大会
全席2500円なので、興味があれば是非
2011.01.03 / Top↑
午前中は初詣でドライブ
壬生の雄琴神社→下野市石橋の星宮神社
→壬生安塚の磐裂根裂神社と廻る

午後は祖母の面会後
夕飯までの時間潰しでぶらっと走る
正月から営業しているショッピングモールは
みんな暇だからか、すごい人手だったな

さて、明日はどう過ごそうか?
2011.01.01 / Top↑
2011年はガキつか見ながら、狩りをして明けました
旧年中は、マイミクの皆様
縁あってマイミクになっていただいた皆様
お世話になりました

今年も1年よろしくお願いいたしますm(_ _)m
2011.01.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。