日々適当に書いていく予定は未定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑



客入りは6~7割くらい
ところで渋谷シュウを大日の社員と思っている人は何人おるんだろ?

■第1試合 ○谷口vs稲葉●
ある意味前座の頂上決戦
四日市ではデスマッチに初挑戦したり、第2試合では大日側のセコンドに着いたりと
大日愛も出てきた稲葉は、華麗なモルタルを見せたりする

一方の谷口くんは、バーブのブラインドをついて
口と鼻を押さえ込んだり、チョークやったり、ブサイクな顔をよりブサイクにしたりしてました
何気にランニングエルボーがよかった

バーブを利用した発車からのノーザンで谷口くんが勝利
10分で息が上がりだした稲葉と、まだまだ余力有りの谷口を見ると
まだまだ地力の差があると感じた

■第2試合 弁慶&●塚本&大谷vs○小川内&清水&アミーゴ
大日vsシークレットベースの試合
よく似た人以外では、初めて小川内の試合を見たが
真っ向勝負でいくタイプらしく、塚本と手が合っていた
フィニッシュの技は、オリジナルなので名前が不明

この中だと、アミーゴが試合を転がしていたようで
リングインしている時間も多かった印象

大谷は見かけによらず、華麗な試合をやりたいのであろうか
トップロープからのサマーソルトドロップは目測誤ってたけど

大人しい塚本だが、この日見せてた激しい部分がもっと出てくるとよくなると思う

試合後、弁慶さんと秘密基地勢がにらみ合っていたが
次回があった時は、大日でもほとんど見たことがない恐い弁慶さんがでてくるのであろうか

セコンドの稲葉が秘密基地勢とやりあっていたのは
出自を考えると「あれっ?」と思ったが、大日に愛着を持っているのかな

■第3試合 ○テイオー&オースギ&千賀vs怨霊&旭&●大橋
大塚姐さんの復帰戦
右腕にはギブスに近いカバーをつけていたが、やはり見切り発車だったようで
相手を持ち上げることも出来ない状態
ただ、6月の大将国内引退で穴を開けることができないと考えてのことかもしれない
そんな姐さんの腕を一番最初に攻めた旭にプロを感じる

■第4試合 ○義人&石川vs河上&●橋本
序盤は石川と河上のレスリングの攻防が続くが
河上のエルボーで、沸点の低さには定評のある義人が熱くなり
真正面から殴り合う試合に

河上はハーフネルソンスープレックスを披露したりと
今後スープレックスが猛威を振るいそうな予感

増量中の橋本はDDTを使って欲しくなりそうな体型になりつつあるが
義人に蹴りを何発も叩き込むも、強烈なラリアット一発で義人が勝利
試合後、まともに立ち上がれなかったが
客の見えるところでは手を借りずに控室に戻ろうとする所がらしいわな

■第5試合 貴&石川&●忍vs葛西&○沼澤&竹田
チーム東北vsキ○○イトリオの有刺鉄線ボードバンクハウスデスマッチ
石川はKO-Dのベルトを腰に巻いて登場
葛西はお客の缶ビールを手にサンドマンムーブ

葛西の有刺鉄線バットフルスイング
竹田が有刺鉄線ボードを被せてバットで滅多打ち
邪鬼が久々のイスで固めてバットで額をゴシゴシと
キ○○イ3人が相手だけに忍が大苦戦

葛西、貴に向かって「このエロオヤジ!」と言い放ったため
会場は大「エロオヤジ」コール
このまま定着しそうな勢いであるw

石川と竹田がかなり遣り合っていたが
やっぱこの二人のシングルも見たいな
デスマッチだと相当壮絶な試合が見られそう

SEXボンバー、S.E.Xで邪鬼を追い込んだ忍だが
バットの上のゴッチ式(GOD式)パイルで邪鬼が勝利

■第6試合 ○関本&岡林vsバラモンシュウ&ケイ●
恐らく、今回の後楽園はこれお目当てだった人が俺含めて大多数に違いない
アジアタッグ王者とバラモンが同じリングに立っている姿は
物凄いミスマッチである

バラモン入場前の新土アナ前口上
「これより入場いたしますバラモンシュウとケイは双子の馬鹿兄弟です
入場時に汚らしい液体を撒き散らしますので、くれぐれもご注意ください」
はい、コール時バラモン水の集中攻撃を浴びましたw

序盤は、バラモンワールドを力で跳ね返す展開が続いたが
お告ゲルに対抗した岡ゲルにはやられたわ!
場外戦でバケツの水をぶっ掛けられた岡林だったが
バラモン水には傘で防御と、結構楽しんでいた

バラモンが岡林の腕にイスを振り下ろしてからは展開が一変
ここからバラモンが岡林の腕に一点集中し始め、本気で勝ちに行っていた
関本を墨汁ミストで染め上げ分断
シュウの恐らく初公開となるラ・ミスティカからのアームロックは決まってもおかしくなかった

墨で黒く染まった関本が連続プレスからラリアットを狙うが、ケイのカウンターのキックで阻止
しかし、2度目のラリアットからジャーマンで20分越えの激闘に終止符

関本「このクソガキども!どっちがどっちかわからねぇんだよ!」
怒りの理由はそっちかよ!w
関本「次はベルトかけてもいいぞ。ただし全日本が許可を出すかどうかわからないけど」

どうなるのか予想できない試合だったが、メッチャ面白かった
今年のタッグのベストバウト候補に入ると思うよこの試合は

■メイン 伊東&WX&●小林vs裕向&イサミ&○勘九郎
蛍光灯&蛍光灯ボード&凶器持込デスマッチ
裕向:蛍光灯の槍、イサミ:蛍光灯ラダー、勘九郎:金属の階段
伊東:ゴミ箱(中身はホッチキスと剣山)、WX:蛍光灯バット、小林:ベアークロー

顔ぶれを見ればお分かりの通り、小林と勘九郎が酷い目に合わされる
伊東のホッチキス攻撃は流石の日韓さんも目を背けていた
WXの勘九郎に対するイス攻撃は、底が抜けたら、底の部分で殴り
底が真っ二つになったら、その破片で額をこすり付けるぐらいのドS振り

終盤、勘九郎と小林の一騎打ちになってきた所で
だんだん勘九郎の流れになってきていたが
その流れのまま、階段を乗せてのダイビングセントーンで殊勲の勝利

勘九郎「勝ったから言わせてもらうぞ!伊東、俺の挑戦受けろ!」
伊東「リーグ戦全勝の佐々木貴を跳ね返してやった
リーグ戦全廃のお前が来て勝てると思ってるのか?
そんな資格がお前にあるのか?」

これに勘九郎「ウルセー!」とラリアットで返礼
勘九郎「誰でも名乗りを上げて来いって行ったのはテメェだろ!
つべこべ言わずに俺の挑戦受けろ!」

伊東、フックで返答すると
「やってやるよ!今やるかと言いたいところだが、
時間が時間なんで次の後楽園で伊東竜二vs星野勘九郎やってやるぞー!
星野、テメェが背負ってるもの全部ぶつけて来い!俺が全部受け止めて跳ね返してやる!」

ということで、6/27後楽園大会で
デスマッチヘビー級選手権 伊東竜二vs星野勘九郎が決定

勘九郎にとっては一世一代の大勝負
かつて裕向はこれをモノにして、デスマッチファイターのトップに登りつめたが
ドインディーの末端からここまでたどり着いた勘九郎が
はたして掴んだチャンスを活かす事ができるのかに注目
スポンサーサイト
2011.05.28 / Top↑
忘れられない衝撃の味は
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1617501&media_id=45

アミノ酸タブレットの不味さは心が折れる
噛み砕かないと飲み込めない上に、これ歯にくっつくからたまらん

チェリー・バニラ・ドクターペッパーとダイエット・ルートビアは
名前の禍々しさ通りの代物です

2011.05.28 / Top↑
スーパーに行ったら、いちご&こしあんってマグマを感じる菓子パンを発見
フォト

つぶあん&マーガリンとジャム&マーガリンの間をとってみたこちら
ええ、買いましたとも!

実食


甘いっ!(ドラゴンの表情で)

あんことジャムがお互いに自己主張してくれます
これは、ロングライドの補給食レベルの甘さじゃわい
2011.05.28 / Top↑
■自転車は原則車道通行…知らない人4割に
(読売新聞 - 05月24日 10:36)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1612145&media_id=20

自転車の車道通行、左側通行といった自転車のマナーって
義務教育レベルで教えた方がいいんじゃないかと
免許の講習で教わることもあるが、割と流しがちだし
基本、歩きの延長線と思っている人の方が多い

俺はクロスに乗ってるので基本車道を走りますが
通行量が多く道幅がそれほど広くない水戸街道や
車がスピードを出している湾岸道路なんかは危ないので歩道走っちゃいます

歩道橋しかない交差点なんかは自転車のことを考えてない所も多いです
そんなわけで、原則だから車道走れといわれても
インフラが整ってない現状では、やっぱ危ないのは否めない
最近では自転車用の車線を作っている道も増えだしてますが、まだ少ないですし

自転車で車道を走るなら、左側通行は厳守してもらいたい
逆走で携帯いじってるのを見ると自殺志願者かと思ってくる
後、ヘルメットは子供だけでなく大人も着用した方がいいんじゃないかと
少なくともスポーツ車乗ってるなら被れ!
時速20キロ以上でも、道路に叩き付けられたら無傷じゃ済まんぞ
ライト、赤色灯はむしろ目立つぐらいにした方がいい

まあ、パトロール中の警官が歩道で並列走行してるから世話ないんだけどな
2011.05.25 / Top↑
日曜は新井薬師まで、友人の園長が色々やっていた朗読劇を観劇してきた

家を出たときは真夏の陽気
地下鉄を出ると、傘を指さねば50mも歩けないほどの超土砂降り
新井薬師に着いたら、すっかり肌寒くなってましたとさ

時間があったので、ついでだからと新井薬師梅照院も参拝してきた
フォト フォト

そんなこんなで、新井薬師 SPECIAL COLORSへ
フォト

1本目は、生と死の禅問答的内容
顔蔽いせる者を演じた原田さんが、圧倒的な存在を圧倒的に演じていた
おかげで他が完全に圧倒されていた感も
この役をシャッフルステージでやった園長にM気を感じるw

2本目はアテレコっぽい感じ
ダン役のつださんがよかった
こちらは子供の見る夢から現実的夢に向かう話

3本目は夢が現実にがんじがらめになっている人の話
主演の戸來さんの顔芸込みの演技が印象的
噺家の演目中の仕草を見ているような感じ
落ちはあっけなかったかな、もう一捻り来るかと思ったので

4本目は、1本目のアンサー的話という印象
夢見て上京した人物のそれぞれ残された人と出合った人が出会い
その人との思い出は確かなものだという風に取りました

主演の平川さんは役を自然に演じていた印象
マスター役の斎藤さんは、つい時間が経つにつれての
顔のてかり加減につい目が行ってしまったw

そう来たかって話はなかったが、結構楽しんできました
園長、色々ご苦労さん

観劇後は、近くにある銭湯 新越泉を捜し歩く
保育園のある建物にあったが2回は見過ごしたわw

新越泉はマンションの地下1Fにある銭湯
銭湯というよりは、ホテルの大浴場って感じのする風呂でした
フォト フォト 

その後は、中野まで歩いてラーメン食って帰宅した
2011.05.25 / Top↑
今回は、一番客層が被りそうなDDTと同日だったので客入りが心配だったが111人
ただ、前回を除きここのところずっとこのぐらいの観衆なのは、安定してるともいえるが
ここから上積みするなら現状維持でいいわけでもないわけで
その辺は、やはり田村が危機感を持っていた

今回はてっしーがお休みのため前説は無し
代役のバーブの前説を楽しみにしてたのに(思いっきりブーイングできそうだからw)

■第1試合 ○ダイスケ&吉野vs●山田&妻木
妻木は天龍とやり合ったこともあって、この中でも格下感ってのはすっかり無くなっていた
チームワークのいいガッツ陣営と、ゴツゴツした山田&妻木って感じだったが
分断している間に、ダイスケがスライディングDで山田から勝利
フォト フォト
フォト フォト

試合後、吉野の握手に殴りかかって返答した山田だが、あっさり返り討ちに
1試合目から神が降臨してしまった

■第2試合 砂かけ&親父&ぬりかべあ~vsガッツ&円華&悪魔同盟マシン
西調布妖怪組合vsガッツ石島率いる悪魔同盟
この中でちゃんとしているのは円華一人だけであるww
悪魔同盟マシンは、マシン体型であるがマスクのバッタ物っぽさがドインディーっぽい
フォト フォト

ぬりかべあ~は、今回収納状態になったり
マスクを半分外した状態だと、まるでベアーのようなファイトになるなど新モードを披露
誤って覚醒状態になるとガッツですら圧倒していた
しかし、半覚醒状態だと体はぬりかべ、頭はネズミ男みたいだったな
個人的には覚醒状態ぬりかべあ~のベルト挑戦もアリかと思っている
フォト フォト
フォト

今回も砂かけの砂が親父に誤爆した隙に、ガッツのライガーボムで勝利
試合後、ガッツが砂かけに「CHANGO!妖怪やめますって言え」と迫ると
砂かけは組長に助けを求めるが、組長あっさり返り討ち
フォト フォト

組長「誰か助けて~」と叫ぶと、現れたのは
「千の風に乗って」を歌いながら羽ばたいてきた、残骸のようなスパークさん
フォト

会場をなんとも言えないような空気にして、会場から去っていきました

■第3試合 ●骨&関白様&影武者・大家ケン次郎!省略禁止vs○GEN&翔太&捨丸
西調布のGreatest God GENTAROは、やっぱこの中だと格が違っていた
あまり動かず、一つの技に力を込めていることで、大物感を出していた感じがする
本当は第2試合の円華もこれぐらい見せなきゃいけなかったんだが
フォト フォト

翔太は、蛍光グリーンでひらひら付きのタイツにレガースと
R&Rエキスプレスリスペクトなコスチュームになっていた
トップロープからのダブルアックスハンドルに「おおっ」と声を出したが
弥武さんがやっぱりこの技を実況で拾ってくれた
フォト

関白様は相変わらず大層ノリノリだった
個人的にはもっとGENとのレスリングが見たかった
フォト フォト
フォト

影武者・大家ケン次郎 省略禁止は想像通りのお方だが
GENと対峙しても大物感ではヒケを取っていなかったぞww
最後の締めで盛大にずっこけたがwww
フォト フォト
フォト

安部は、正直今のままだとユニット変えただけになっている
アクの強い面子が揃っていたとはいえ、もっと目立たんと

■第5試合 ●那須vsMI太郎○
今回のベストバウト

那須の入場テーマは、そのうちリングでオタ芸やり出すのではないかと思ったりする

試合前、那須の顎を「割れてるぞ」とクレームをつけるMI太郎
これにバーブ「ケツ顎なんだからしょうがないだろう!」
この辺の掛け合いは、大日じこみでバーブ上手いよな

那須は真っ向勝負でMI太郎に挑むが
途中からMI太郎のアリ地獄のような足攻めでそのままズルズル行くかと思いきや
フォト フォト

スリーパーでいい所までいったり
ボーンヤードやサヨナラツームストンを耐えたりと大健闘
フォト
フォト フォト

最後はサスケだましセグウェイで沈んだが
キャリア1年未満であることを考えれば、ここまで出さしたのは大した者かと
フォト

試合後、MI太郎「この世に未練が無くなったら、いつでも妖怪にしてやる」と賞賛していた

■メイン 竹田&●末吉vs○田村&柴田
フォト
田村は「西調布」と書かれたワニ柄のシルバーの新コスで登場
誰ですか?ちょっと背伸びしてみましたとか思った人は

入場式から牽制に入っていた竹田と田村であったが
試合開始から田村が速攻をかけ竹田を翻弄
その後も試合中に何度も奇襲をかけ、竹田のペースを完全に乱していた
フォト

そんな田村に触発されて、4者ハイスパートな試合となっていくが
末吉の武者返しを切り返した田村が、必殺技として定着しつつあるヒートクラッチで勝利
無差別級選手権第1Rは田村の完勝だった
フォト フォト
フォト フォト
フォト

試合後、竹田との無差別級王座戦を新木場でやると決めた田村は
「俺がSTYLE-Eだ!」と宣言
対する竹田も「ベルトを持っている俺がSTYLE-Eだ!」と言い返す
竹田vs田村は、これまでのSTYLE-E、これからのSTYLE-Eどちらにも重要な試合だけに
STYLE-E2度目の新木場大会で行われることは必然なんだろうな
フォト フォト

ただし、STYLE-E新木場大会は、まだ決まってませんが

今回は、カオスな前半戦に、熱い後半戦って内容でした
色々何かが動きそうな雰囲気だけに、更なる勢いを見せて欲しいと思います
2011.05.22 / Top↑
マッチョマン、ランディ・サベージさん交通事故で死去 『スパイダーマン』にも出演
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1609300&media_id=14

ランディ・サベージといったら、やっぱり「日米レスリングサミット」での
天龍とのシングルマッチが思い出深い
当時、日プロを代表する天龍と、いかにもアメプロの選手サベージの試合は
予想に反して、見事にスイングした名勝負になった
全く違うスタイルの選手の化学変化がプロレスの醍醐味の一つと思うようになったのは
この試合の印象が強かったことは間違いない
改めて考えると、二人とも試合作るレスラーだから、スイングしても当然なのかもしれないが


80年代のアメプロを代表するレスラーの一人でしたが
ホーガンの日陰に立たされ続けたとも言えるかも
プライベートも2度狂わされたって話だし

WWF時代の蛍光色のコスチュームや
ダイビングエルボーに行く前の両腕を高く上げる見得の切り方が絶妙だったな
WCW後期の女性3人侍らしたチームマッドネスも結構好きだった

【動画ネタ】サベージのトリビュート
威風堂々がBGMで、WWFとWCW時代(TNA登場も入ってる)を網羅してます

【動画ネタ2】サベージが歌うラップ


サベージを最後に見たのが「スパイダーマン」になるとはな

R.I.P "machoman"Randy Savage
2011.05.22 / Top↑
昨日は、MAK会長にブツを渡すため亀有で待ち合わせ
そのままサシで、前回満席で入れなかった
ホルモン焼き屋の大力で飲んできました

ここは大場選手が日記で常々美味いと書いていたので、ずっと行きたかった店
ビールがサッポロ、炭酸水がにニホンシトロンってだけでポイント高し

俺は大力ハイボール(焼酎+炭酸+元祖の元)で乾杯

人気のハラミ刺し、牛スジ煮込みにホルモンを注文
フォト
フォト
フォト

ハラミ刺しはやってるのかなと思ったが、長年やってるだけにブレは無かった
いや、どれも美味い

追加オーダーでイカキムチとカシラを頼んだが
カシラがメッチャ美味い!
脂がのってて、肉も柔らかく、ニンニクが利いたタレも合わさって絶品だった
フォト

酒2杯にこんだけ食って、2千円ちょっとってのが下町クオリティ
次回来たら、ピートロとチゲも食ってみたいもんだ
2011.05.18 / Top↑
今年は震災の影響により都内のお祭りが神事以外軒並み中止になったので
せめて参拝ぐらいはして来よう、ということで行ってきた

小川町から降りたので、駿河台にある太田姫神社にも参拝(ここの本祭は来年)
太田道灌由来の疱瘡除けの神社です
フォト

国鉄が通るまでは、今の御茶ノ水駅に建っていた名残で
椋の木に元宮という木札が架けられている
フォト

神田明神境内では、和太鼓フェスティバルって催し物が行われていた
祭りは中止になっても、何らかはやるってことか
神田祭中一般公開される将門公像も公開されてました
しかし、社殿内の写真撮ってる奴がいたが、マナー違反なんじゃねぇの
フォト フォト

山車行列の大ナマズと要石の前には、義捐金の賽銭箱があったので
小額ながら募金しました
フォト

奥の神輿倉では、本社神輿が公開
元々、将門公を祀っていたので、三の宮が一番大きいのです
二の宮(少彦名命=恵比寿)が三越寄贈と初めて知ったよ
本祭の土曜や、陰祭で担がれる本社神輿もあります
フォト フォト
フォト

茨城県坂東市で採れたレタスが配られていたが
3玉も貰ってどうすればと思ったが、これは何とか目処がついた


秋葉をちょろっとぶらついて、上野の下谷神社に移動
この辺もトイカメ映えする街並みだったりする
フォト フォト
フォト フォト

下谷神社で参拝後(例大祭は5/6に済ませていた)
稲荷町の寿湯に入っていく
ここは大きめの露天風呂があるのでゆったりできるが
かなり混む所でもある(場所柄、紋々の入ったお客も多い)
フォト

風呂から上がって、笑点を見てたが、45周年か
今週は「円楽の友達いない暦」といじられていた

来週は、出かける前に浅草神社に寄ってみるか
2011.05.16 / Top↑
本日は、エンドキャップを買いに晴海の自転車屋にまず走る
荒川CRは海風が吹いて、走りづれー

晴海トリトンのセオに着いたら、ドラゴンボートの練習やってました
フォト

その後、どこ行こうかと思っていたが、バンマスからカキコもあったし
代々木上原に行ってみようかと思いつき移動
泉岳寺から恵比寿の方を走ってみるが、つい上り坂に引き寄せられる仕様である
しかし、渋谷駅は何回通っても走り辛いのう

代々木上原駅は両サイドが坂になっていて、すり鉢状な所なのだが
どっちも激坂なのである
特にムジカーザ前は、一度は走ってみようと思った坂
実際走ってみたら、足が止まりかけたww
6月はライブでまたここに来る予定である
フォト

適当に坂を上り下りしながらコンビに寄ったところで
時間的に開店しそうだし、ここまで来たなら麺ジャラスKに行ってみようって事で
進路を世田谷方面へ

アプリの地図を確認しながら豪徳寺に出る道を走るが
道幅が狭いので、ここで大丈夫なのかと何度も思ったさw
空模様が怪しくなっていたが、ここであまり振られず
何故に太陽が出てきてから雨足が強まるのだ!

近くの砧に来たので砧スタジオの前にも行ってみた
フォト

店の前に来た所で、勘違いが発覚
18時開店と思っていたら、18時半開店でした
てことで1時間近く時間潰すことに

成城学園前に来たなら、この辺でロケしてたという
ウルトラマンレオの美山家の当りをつけに行ってみた
小田急線沿いの高台の端の方の家ってことで、たぶんこの辺か
フォト
※後で調べたら、写真の家の向かい側だった模様
何気に走った場所が、最終回でゲンが旅立った辺りであった

マックで休憩しながら時間つぶし、開店時間も近くなったので店の方へ
フォト
15分ほど待って開店
川田は厨房で切り盛りしていたが、だいぶ痩せていたな
恐らく当面リングに戻らないだろうし
もしかしたら次の試合が引退試合になる可能性すらある

店の屋号と同じ麺ジャラスKと売りの唐揚げ3個を注文
俺の王道って焼酎もあったが、自転車なので飲めません!
麺が茹で上がるまでに時間が掛かるということで、先に唐揚げが来た
肉がジューシーで旨し
フォト

注文後20分ぐらいで麺ジャラスKも来た
辛口味噌カレーであるが、スープはあっさり目でした
その代わりスパイスと唐辛子の味は引き立っていたかな
フォト

多人数ならラーメン食いに行くってより、飲みに行くのもアリかと

食べ終わって19時半、23区の端から端まで夜走りである
なんとかジロ中継が始まるまでには帰ってこれたよ
2011.05.15 / Top↑


祝賀ムードのジロを襲った最悪の事態 それでもジロは進み続ける
http://www.cyclowired.jp/?q=node/58004

昨日のジロ・デ・イタリア第3ステージ
テクニカルな峠の下りで、レオパード・トレックのワウテル・ウェイラント選手が
後方確認した時にペダルかハンドルを壁面に接触し
反対側の路肩に顔面から叩きつけられ亡くなりました

倒れているウェイラント選手の姿が一瞬だけ画面に映りましたが
鼻からおびただしい出血をし、ヘルメットの顎紐を切断していたことに
ただならぬ事態が起きたと、見ていた誰もが感じた
Twitter実況では、ウェイラントの応援ツィートが書き込まれ続けたが
すでにレースが終わる頃には亡くなっていたのでした
死亡報告を運営が遅らせたのは、妊娠中の彼の奥さんが運転中という情報が入り
家族からの連絡が入るまで公表を控えていたとのこと

レース中、解説の浅田さんが、
「選手がプロトンで時速40~50kmで走ることは、我々のデスクワークと一緒のことである」
と言っていたが、そのデスクワークは危険と隣り合わせでもあったのだ

山下りは、俺も伊豆で体験しましたが、俺の愛車でも50kmオーバーできます
ただし、それをやるとタイヤががたつき出し制御が難しくなったので
以後、スピードを抑え目にしながら、操作に気を抜かないようにしました
それゆえ、自己制御の必要なジェットコースターと形容しました
プロトンはそこを90km以上で走ったわけですから、そのスピードでたたきつけられれば…

そんな悲劇の起きた翌日の第4ステージ
ウェイラント選手の追悼として、ノーコンテストラン(走るけどレースはやらない)で行われた
静かで、厳かで、かつ美しく悲しい葬送行進でした

悲劇が起きた後でも、それを受け止め立ち止まらず前を走る
それがロードの選手の生き様であり誇りなのでしょう

観客もまた、ウェイラントのための特大マリア・ローザを作ったり
彼のゼッケン番号108番を掲げ、ベルギー国旗を掲げるといった光景に
自転車競技がイタリアの文化の一つであると印象に残った

レオパードの選手と、ウェイラントの親友であったタイラー・ファラーが
横一列で肩を組みゴール
観客の割れんばかりの拍手と教会の鐘の音が悲しくも美しいシーンを強調していた
今日のジロは違った意味で忘れることが出来ないものになったと思う

俺たち自転車乗りも、自分の安全は自分で守らなければならないと
ウェイラントの死を教訓に、考えさせられた

そしてジロ・デ・イタリアの戦いは明日も続いていく

最後に、ワウテル・ウェイラント選手のご冥福を心よりお祈りいたします
2011.05.11 / Top↑



日本橋の三越本店で仮面ライダー展があったので見にいってきた
親子連ればっかりかと思ったら、大きなお友達も結構来てましたよ

最初にあった石森先生の生原稿は、俺等かその少し上の世代にとっては超目玉なもの
ラフ画も貴重なものでした

次にあるのが、今回の目玉と言っていい、歴代ライダーのスーツの展示
スーツ以上にバイクが展示してたのが貴重かも
こは撮影OKなので、記念撮影をしている人多数
俺も、全部撮っていった

各ライダーのスチール写真が飾られていたが
アマゾンとマサヒコが友達のポーズをしている特大スチールが胸熱でした

結構、電脳の佐藤健とイマジン勢ぞろいのスチールを写メしている人が多かったな
カブトの方は作家先生の写真は無かったけどww

最後は各漫画家によるトリビュートイラスト
釣りバカの北見先生のライダーはある意味貴重だった

一通り見て回った後は、上野までほっつき歩いて帰りましたとさ

ライダー展のアルバムはこちらから
http://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000019561462&owner_id=8083818
2011.05.09 / Top↑
■第6試合 アジアタッグ選手権 ○関本&岡林vs●義人&石川
大日勢同士のアジアタッグ選手権。レフェリーは和田京平、立会人は小鹿社長
フォト

試合はストロングBJWの集大成ともいえる真正面からのぶつかり合い
さながら岩がぶつかり合っているようなもんである
フォト フォト
フォト フォト
フォト

真正面からぶつかり合う3人の中で、エルボーやドロップキックに丸め込みを駆使する石川
石川は真正面からだけでなく、横の動きも覚えてくると一気に台頭しそうな気がする
フォト フォト
フォト フォト

終盤、王者チームが出した媚山で、石川がまっ逆さまに落ち戦線離脱
フォト
フォト

ラリアット、エルボーの打ち合いを制した関本が、延髄切りからジャーマンで王座防衛
フォト
フォト

いや~この二人からアジア取るのってすごい困難なんじゃなかろうか
フォト



■メイン BJWデスマッチヘビー級選手権 ○伊東vs貴●
フォト フォト
今回のメインは、岩手出身同士によるデスマッチ王座戦
試合形式は、ブロック&蛍光灯オブジェ+αデスマッチ
ニュートラルコーナー側に敷き詰められたブロックを見たら
ラーメンマンvsウォーズマンのコンクリートデスマッチを思い出しちまった
試合開始から、客席後方で試合を見ていた竹田が印象的だった
フォト

MASADAとの試合でブロックを経験している伊東が早速活用
マットと違い衝撃が吸収されないので、ダメージも普段以上
それでも頭から落とす技は使わないのが、彼等のポリシーを感じた部分
フォト フォト
フォト フォト

一騎当千を全勝優勝したこともあり勢いは貴に傾きそうであったが
今の伊東はそれすら跳ね除けるぐらいの強さを見せるようになっていた
フォト

伊東はリング下からブロックを模した蛍光灯オブジェを取り出すと
貴の上に乗せての3発目のドラゴンスプラッシュで王座防衛
デスマッチの絶対王者振りを確固たるものとした
フォト
フォト

伊東「佐々木貴、お前の背負ってるもん全部を受け止めて、全部跳ね返してやったよ
でも、今日のお前が佐々木貴の限界じゃないだろ!いつでもベルトに挑戦し手俺から引っぺがしてみやがれ」

貴、開口一番「負けたー!」と叫ぶと
「俺は何があっても絶対諦めねぇー!、またお前の前に立ちはだかってやる
負けて負けて、地べたを這いつくばっても上目指して這い上がらなければいけねぇんだよ
その俺の生き様、お前にもファンにも絶対見せてやる!」
伊東「格好いいなー佐々木貴。お前が這い上がってくるのを楽しみにしてるよ」
フォト

伊東、この試合を見ていた他のデスマッチファイターに
「リーグ戦トップの佐々木貴が負けたからってこれで終わりじゃない
リーグ戦に出てた奴等、目に見えるチャンスはそう転がってるもんじゃねぇけどな
目に見えないチャンスってのはいくつでも転がってんだよ
それを探すのは、お前等だろ
お前らがそのチャンスを見つけてこのベルトに挑戦する時は
お前らが背負ってるもん全部ぶつけて来い、俺が全部受け止めて跳ね返してやるよ!
今日はもう無いよ、帰れ!今日はチャンスは転がってないよ!帰れ!」
フォト

伊東「3/11大震災があって、日本の色んなものが止まってしまいました
そして動き出してるものもあります。でも、まだまだ動けないで苦しんでるものもあります
しかし、俺らは止まってるわけにはいきません!
これからどんどん突っ走って、大日本プロレスを世界に誇れる団体にします!」

果たして、誰が伊東からベルトを取ることができるのか?すでにそういう存在になってるわ
次の後楽園のカードだと、裕向やイサミ、
ずっと虎視眈々と狙い続ける竹田も黙ってはいないはず
そして、大日ファンが待ち望んでいる葛西がいつ出てくるのか?
はたまた、去年の石川のように新たな挑戦者が出てくるのか?
ってことで、デスマッチ王座戦線はどう動くのかに期待したい
フォト

2011.05.09 / Top↑
今回の文体はほぼ純正メンバーだったとはいえ、1338人とちと寂しい入り
やっぱり首都圏で1月以内にに4回ってのは過剰気味だったかねぇ

■第1試合 弁慶&○塚本vs稲葉&●大谷
フォト
最近では谷口くんと大橋大先生の要素をあわせ持つようになった稲葉が
今日も弁慶に踏み潰された
正直、稲葉はポテンシャルを持っているのに楽してるって印象しかないけど
フォト

塚本は丸め込みに磨きをかけているようだが
姐さんが戻ってきたらMEN'S枠でやった方がいいのだろうか

■第2試合 ○忍&河上&橋本vs●谷口&シュウ&ケイ
文体でもバラモンはバラモンであった
会場のあちこちで乱闘するものだから、関係者が慌てていたような
そしてやっぱりフランクに目をつけたよ、この兄弟
フォト フォト

誤爆から谷口くんをS.E.Xで勝利した忍は、何気にバラモンには勝率がいい
意外と河上と橋本もバラモン相手に順応していたな

■第3試合 ○竹田vs勘九郎●
試合形式は有刺鉄線ボード+凶器持込デスマッチ
勘九郎はコスチュームをロングタイツに変え(雅夫っぽくなったとも言う)
この試合に意気込みを感じる
竹田は剣山入り鯉のぼりを持ち込み登場
フォト

勘九朗が健闘したが、肉薄まではいかずって内容だった
やはりアイテムを設置するのに時間が掛かりすぎてるのが課題だな
フォト フォト

■第4試合 WX&●小林vsハイド&○ウォルター
CZW総帥のハイドと、xWx王座を関本から取り返したウォルターは二人ともデカイ
フォト

色々あって久々でしたが、この試合はやっぱりアブコバワールドが展開
ポストに乗って高さで勝っても力ではやっぱり負けたり
ハイドと笑いながらの頭突き合戦、デスマッチじゃないのに血だるまにされ
「愛してま~す」は1度はよけられる
フォト フォト

大日軍、摩周でウォルターをぶん投げるが
フォト

ハイドの豪腕ラリアットから、ウォルターのボディプレスでアブコバから勝利
xWxから選手を呼べば、ストロングBJWで日本人vs外人って路線もやれそうだな
元ガチャピンことウォルターは今後も呼んで欲しい
フォト フォト

■第5試合 BJWタッグ選手権 葛西&●沼澤vs○裕向&イサミ
試合形式は、檻・梯・棘デスマッチ
デスマッチのリングに、奥寺康彦・横浜FC会長が立会人という凄い光景
フォト フォト

有刺鉄線BOXに裕向とイサミを落としてからは、邪猿気違'Sが一方的に攻める展開が続く
葛西が檻に叩き込まれるが、形勢は変わらず
フォト フォト
フォト フォト

葛西がラダーからに続き、鉄檻からのパールハーバーを狙うが
裕向&イサミがダブルのブレーンバスターで阻止しようやく流れが変わる
フォト フォト

ダブルのパワーボム、ラダーからイサミがダブルニー、
鉄檻から裕向がムーンサルトと連続ダイブで邪鬼を追い込む
フォト

イサミが檻に葛西を押さえつけ、裕向と邪鬼の1vs1の状況に
邪鬼のシュバイン、神威を返した裕向が、旋回式ファイヤーサンダーで新王者に
フォト フォト

敗れた邪猿気違'Sは、ヤンキー2丁拳銃をキスで祝福
フォト

イサミはこれでDDTエクストリームと合わせて2冠になった
ヤンキー2丁拳銃が新王者になったことで、タッグを巡る争いは新たな展開になりそうだ
フォト
2011.05.09 / Top↑
■第5試合 ●大家さんvs金本○
大家さん、金本ヒカル指導の下、アンクル対策の特訓
抱きついてくるオジサンを振りほどく内容は、アンクルホールドではなく
アンクル=オジサンというオチながら
金本もオッサンだから、対策ができたので絶対負けないと言う大家さん
フォト

試合は高岩戦同様8割方攻められていたが、顔面ウォッシュをやり返したり
炎のスピアやジャーマンで健闘する場面もあった
フォト フォト
フォト

アンクルで勝利した金本アニキ「VTR見たけど、オレ、あんなんか?」とクレームww
大家さんに対しては「普段どんな試合してるか知らんが、気持ちは伝わった」と評価

大家さん「負けて言うのもなんだけど、俺は一生懸命やりました
今日の一生懸命では金本さんに通じませんでした
でも、一生懸命生きていけば、金本さんに勝つ日が来るかもしれない」

金本「それはないな。その日が来る頃には俺はいないと思うぞ」

大家さん「金本さんは年をとりません!
だから、一生懸命生きて、俺が勝ちます」
そうか、金本アニキもピーターパンだったのか

このやり取りに本部席のスーザン代表が頭抱えてましたww
金本アニキに対しても自分の世界を通した大家さんもさる者だが
アニキも随分大人になったよな
フォト

■第6試合 村上&○諸橋vs●矢郷&大家
フォト フォト
注目の矢郷さんと村上の危険な遭遇でしたが
村上のコンディションが悪そうだったのと
大家の巧みなコントロールで矢郷さんのほうが優勢だった印象
フォト

スタイル的に合っていたし、村上と真霜のバッチバチした試合も見てみたい
フォト フォト

矢郷さんの殺人コブラを振りほどいたモロが、クォーラルボンバーで勝利したが
第2と一緒で、これで決まっちゃった?って印象は否めず

お互いを「富山の恥知らず」と罵りあう矢郷さんと村上だが、次に遭遇する事はあるのか
矢郷さん、村上に「ラーメン屋でもやってろ」と言ったのが結構ツボ

諸橋は「ビックになる最後の仕上げに、村上を踏み台にする」と本人の前で宣言
村上は「その言葉を忘れるなよ」と言うと、”ビッグ”の名前を諸橋にプレゼントした
てことは、次回から正式にビッグ諸橋になるってことか

■メイン ○石川vs三四郎●
フォト フォト
KO-D新王者となった石川は鳩尾の辺りにテーピングを巻いて登場
やはりディック東郷と30分越えの試合をし
しかもダイビングセントーンを3発受けた代償は大きかった
フォト

それゆえ、短期決戦を狙う石川だったが
イスを並べての断崖パワーボムは、大社長のスピコリドライバーで返され
脇腹を集中的に狙われる展開に
ゆずポンキックを有効に使ったのは、これが初かもしれない
フォト フォト

石川、カンヌキ頭突きから特大トペで反撃すると
机を設置し、断崖式ファイヤーサンダー
だんだんとぶっ潰しあいじみた試合になっていく
そして、机にクレームを入れる菊池の姿は酔っ払いのおとっつぁんである
フォト フォト

大社長、蒼魔刀やゲイ道クラッチで揺さぶりを掛け
SHB、巨人殺し(アルゼンチンからジャンプして尻餅を着く)と畳み掛けるが、カウント2
これで大社長はスタミナを大きく消耗
フォト

石川は喉輪の体勢からスープレックスで投げる新技、社長(ボス)しけてるぜを出すと
スプラッシュマウンテンはカウント2
石川はさらに雪崩式スプラッシュを狙うが、お互いが消耗していたため崩れてしまうも
直後に正調スプラッシュマウンテンで石川が勝利
フォト フォト

メインの試合としては決していい試合とは言い切れなかったが
石川は公約どおり1日で東郷と三四郎に勝つ偉業を達成

敗れた大社長は「両国で引退する」と宣言
これに慌てて引き止める石川に、「ウソじゃー!」とスタナー
ディック東郷に散々やられたことを、東郷を倒した石川にやるとは実に大人げない
こっちまで信じちまったじゃないか

大社長「1回勝ったぐらいで調子に乗ってんじゃねぇよ
TKG48はてめぇらと、観客が飽きるまでやってやるよ
お人よしのお前に一言言っといてやる。KO-Dのベルト絶対に手放すなよ!
ユニオンの代表として両国のメインに上がれ、そして必ず勝て
次の挑戦者はオレ様だ」と言うと、力尽きる
これはやるためにロウソクの残り火を燃やすとは本当に大人げない
フォト

石川「一言いいですか。チクショー!
自分で言い出した2連戦ですが、試合途中で言わなきゃ良かったって何度も思いました
でもユニオンプロレスをもっと大きくしたいんで、俺はもっと凄いレスラーになります
そして、両国のリングに必ず立ちます!」

最後はユニオン全員と、「もう触れませんよ」と菊池も上がってのユニオン締め
この日も見に来ていたという真琴が通路に出てきてやってたが、新北京勢もやりたいのだろうか?

両国に向けてユニオンも走り出しました
フォト
2011.05.08 / Top↑
今回発売された、月刊YOUNGユニオンの表紙にSAN値が激減するが
それでも購入する修羅の道を行くww

■ダークマッチ アックスボンバーズ提供試合
3月大会で、ばってんに「アイツは間違いなくホモだ。気色悪い」
と言われた川森リングアナがショックで失踪
大森さんが2丁目で働いてる川森を探し出すが、ばってんは態度を変える気なし
そんなばってんに大森さん「体で教えてやる、俺以外でな」
その人物とは、やっぱりディーノでした
フォト

チャイナドレスにお姉言葉でリングコールの川森アナ
ホモを馬鹿にするなと怒りのディーノはばってんを圧倒
ゴッチ式男色ドライバーで沈めると
フォト フォト

「自分をさらけ出さないあんたの方が、よっぽど気持ち悪いわよ!」と痛烈にダメだし
ディーノが川森アナに熱いディープキスをする中、大森さんが強引に締めたのであった
フォト

■第1試合 ゲイロン&●福田vs超雲&○曹彰with真琴姫
超雲&曹彰は帰省中に戴冠した大中華統一中原タッグベルトを巻いて登場
フォト

デビュー戦の福田は、日体大で柔道をやっていたこともあって、体に厚みがある
曹彰からニアフォールを取ったりと、デビュー戦としてはなかなかだったかと
ゲイロンのでかさは今回も際立っていたが、真琴姫に引っ掻き回されたかな
フォト フォト

真琴姫はトップロープからの跳び蹴りや
トップロープをまたいでリングインするゲイロンを
ロープを蹴って阻止とアシストが光っていた
フォト フォト

■第2試合 ○チェリーvsバンビ●
DDT女子の先輩後輩の対戦
影を感じる黒さのバンビより、春を意識したピンクと黄緑のコスチュームのチェリーから
毒々しさを感じてしまった俺がいる
フォト フォト

試合はバンビが支配していたような印象だったが
春夜恋でやや唐突にチェリーが勝利
試合後の両者を見ると色々なものが清算できたのかもしれない

■第3試合 菊池&妻木&●冨永vs天龍&澤&○入江
後楽園ホールにサンダーストームはよく似合うな
ユニオン軍は先を争うように天龍に挑みかかる
妻木は天龍にキックを畳み込むが、その代償でボッコボコにもされる
ただ、後楽園で初めて妻木を見た人にも印象残ったんじゃないかと思う
妻木は次回、東郷と当たるが、ここでも何かを見せて欲しい
フォト フォト

菊池は天龍と意地の張り合い
試合後も天龍がイスを投げつけたりとエキサイト
そして、その巻き添えをモロに食らった松井さん
次回大会で遂に一騎打ちが決定
フォト フォト

冨永は正直、埋もれた感があった
澤がレスラーの性感帯を刺激しているのでいずれ一騎打ちもあるんじゃなかろうか

入江はユニオンでもそろそろ大勝負が見たい(名古屋で石川とやったけど)

■第4試合 ●イサミ&矢野vs○MIKAMI&葛西
フォト フォト
ひっさびさに結成されたスクールモンキーだが、チームワークは健在
現在進行形のタッグとして負けるわけにはいかない怒頭破血
お互い、得意技は決めさせない中でも、主導権はスクールモンキーが握っていたか
フォト フォト

ヴォルカニックボムでイサミから勝利したMIKAMIは
エクストリーム初代王者としてベルトを取り替えさせてもらうと、挑戦表明
フォト

次回大会でイサミvsMIKAMIのエクストリーム戦が決定したが
これは二人の関係もあって、お互い絶対に譲れない試合になりそうだ
フォト

後半戦に続く
2011.05.08 / Top↑
DDTとユニオンの合間に時間があったので
小石川にある歌舞伎湯に行く傍ら散歩する

途中、徳川家康の母親、於大の方の菩提寺である伝通院に寄ってみた
家康が自分の母親を弔うために建てたので、江戸時代はかなり格のある寺だったに違いない

伝通院の裏にある歌舞伎湯に入った後、そのまま裏道を通ってホールに戻るが
文京区は昭和の街並みが意識せずに残っていたりするので
トイカメアプリで何枚か撮ってみる事にした
フォト フォト
フォト フォト

マンションに建て変わっていく中にも
墨田、台東、文京辺りはわりとこういう風景がまだまだあるかと
2011.05.08 / Top↑
■第1試合 KO-Dタッグ選手権 GENTARO&○ヤスvsHARASHIMA&●HERO!
フォト
第1試合からタッグ選手権、試合巧者が揃っているのでいい掴みになっていた
しゃがれ声で、ぷよっとしたダーティファイトのHERO!は
胸への攻撃はダウンしてても、宙吊りにされてもパワードスーツをアピールしていた
フォト フォト

大のウルトラマン好きなGENだが、HERO!に対しては
パワードスーツを脱がそうとしたり、ポーズ中に攻撃を仕掛けたりとお約束一切無視ww
フォト

ロープを掴んでのエビ固めで丸め込もうとしたHERO!だったが
HARASHIMAが松井さんにアピールして阻止した隙に丸め込まれ敗退

しかし、亜門さんとHARASHIMAはHERO!に対して毛ほども疑いをもってないため
これからも継続参戦するのであった
フォト

■第2試合 MIKAMI&●松野vs○アントン&誕期
フォト
心肺停止状態から2年半をかけて復帰した松野さん
ゴージャスブーメランやマヒストラルを出すなど、ほぼ欠場前の状態に戻っていた
これで、ゴージャスエルボーと619を仕掛けてロープに引っかかるが出れば完全復活だな
フォト

アントンが空気を読んでヒール的ファイト
でもバルコの馬鹿の一つ覚えの「悪い」コールは間が抜けてるとしかいいようが無い

エレベーターでいかにもな人と同乗したが、やっぱり「愛」のオーナーさんだったか
試合後、松野さんに現生でご祝儀を手渡していた
そして、MIKAMIはゴジャミカをスーサイドと同じぐらい大切にしてるんだなと感じた

松野さんが帰ってきたなら、スト市との世紀の一戦や
空き家に収まる形となった松本都との試合を見たかったりする

何はともあれお帰りなさい松野さん
フォト

■第3試合 ボブゲーム3rdステージ ○ディーノvsボビー特戦隊●
フォト
ボブ・サップの次なる刺客は、超雲率いる暗殺集団ボビー特戦隊であったが
学プロの人かと思ったら、中国か台湾の留学生っぽかったな
ディーノの男色殺法を本気で嫌がっておった
フォト

こういう場を修正する役目の超雲だったが
剣の先っぽがすっぽ抜ける神を降臨させ見事にgdgdになってもうた
この試合は、正直笑って済ませられるレベルじゃなかったな
フォト

試合後の亜門さん「放送事故スレスレじゃないか、お前ら後で説教な」と半ガチ怒りに
ディーノ「充分、放送事故でしょ」
色々な犠牲の中、次回ボブゲームはKBSホールで行われる
フォト

■第4試合 鶴見亜門流ランブル
優勝者には亜門さんから豪華特典を進呈されるランブルだが
一番手ニラが「今日もDDTのやっつけランブルか!」と半ガチ発言ww
フォト

特別参加選手の蕨の独裁者さくらえみは、リングインするなり凛音に色目を使い婚活
マイケルにショートタイツを被され傷心の独裁者は、凛音に抱きつき
しまいにゃチークダンスを踊りだすが、その後にマヒストラル(通称がっかり技)で丸め込む
その後も、前半はがっかり技が猛威を振るっていた
フォト フォト

同じく特別参戦選手のバラモン兄弟は、マイケルの股間にお告ゲルの洗礼
シットハートと遣り合っていたが、これは次があるのか?
両国でバラモンvsシットハートなんてやったらどうしようww
個人的には、独裁者とバラモンがほとんど絡まなかったのが残念
フォト

蒼馬をOTRした石井がランブル優勝
フォト

優勝特典は、アイアンマンヘビーメタル級への挑戦、すなわち高梨の復帰戦である
BHHの仲間通しで爽やかに握手と見せかけ石井が王座奪取
フォト

復帰戦が済んでしまい、防衛戦も無しになり、高梨は土下座して試合を嘆願するが
当然これは罠、丸め込んで王座再奪取
フォト

高梨「業界最下層の汁レスラーが、最底辺を引っ掻き回してやるよ!」
ということで、次回後楽園で保持してれば高梨vs石井のアイアンマン決定

お帰りなさい高梨君、DDTファンは皆待っていたよ
フォト

■両国ゲスト選手発表
菊池、サップに続く両国のゲスト選手は、ゆずポンこと愛川ゆず季
大社長の強い要望というか、ゴリ押しというか
フォト

これにクレームをつけたのは
「ゲスト選手を呼ばれたら自分達の出番がなくなる」と言うマイケル

大社長のゆずポンキックをかわしたマイケル「両国に出たければ、接待だ!おっ○○接待」
あの~、ある意味それは洒落になってないようなww
そんな最低なマイケルを、”本家”ゆずポンキックで撃退
その後ろでは、大社長がパイレンジャーにのって胸を強調して踊っていたww
フォト

■第5試合 飯伏&○KUDOvs光留&●佐々木
フォト
下旬に行われるKING of DDTトーナメントの前哨戦的試合
丸坊主にされて以来燻ぶり気味だった光留だったが
やはり特別な相手と言える飯伏が火をつけて、南側通路で大乱闘
両者、何故か平田が攻撃され関根君のような目に合っていた
目の前で乱闘やってたんで、リングの方は全く目に入ってなかったわ
フォト フォト

■メイン KO-D無差別級選手権 ●東郷vs石川○
国内引退を控えながらも更なる進化を続け、HARASHIMA、飯伏と下した王者東郷
挑戦者は悲願である両国のリング立ちたい、ユニオンを背負って立つ石川
フォト

石川の左腕に集中する東郷に対して、石川は頭突きの連打で東郷を流血させる
フォト フォト

先に勝負に行ったのは東郷、石川の断崖喉輪をロープ越しのペディグリーで返すと
1発目のダイビンセントーンを投下するが、これは当りが浅かった
フォト フォト

石川のスーパーアッサムボムをフランケンで返した東郷は
ミスティカ式クロスフェイス→ディックキラー
フォト フォト

何とかブレークした石川へすっかりモノにしたキックの連打から
ペディグリー→ダイビングセントーン
さらに駄目押しで石川を縦向きにしてのダイビングセントーンを投下するがカウント2
正直、これで終わったかもと思った
フォト
フォト

東郷はさらに新技のウルトラ・ウラカン・ラナを出すが2で返した石川
ファイヤーサンダーから32文、ランニングニーリフトと畳みかけ
スプラッシュマウンテンで叩きつけるがカウント2
今までの防衛戦を見てたので、ここから東郷に逆転されるかもしれない危惧を抱いたが
久々にだしたクロスアーム式スプラッシュで叩きつけ、石川が新王者に
フォト フォト

石川は「タイトル戦抜きにしても、引退前に東郷さんとシングルができて幸せです」と感謝
関係ない話だが、ハワイアンとメタルヴァンパイアで
KOOが東郷と同じユニットにいたんだよなと、試合前にふと思い出した

いつでも挑戦権を持つGENTAROが6月の後楽園で挑戦表明
同じく挑戦権を持つ蒼馬が、その勝者と試合直後に挑戦することに決定
フォト

石川にとっては初防衛戦から難関が待っているが
3度目の正直で両国のリングに立つとユニオンファンとしては信じてます
フォト

メイン終了後、KING of DDT公開組み合わせ
大石vsケニー、諸橋vsアントン、KUDOvsヤス、光留vs松永
佐々木vsSHマシーン、HARASHIMAvsMIKAMI、石井vs入江、飯伏vsマイケルに決定
フォト

改めて、リング上で1回戦カードを紹介するが、全選手あがったところで乱闘開始
因縁のある光留と松ちゃん、ライバル意識の強い石井と入江が場外で激しくやりあう一方
KUDOとヤスは静かににらみ合い、飯伏はマイケルにポストからのケブラーダと
人それぞれなところがDDTらしいわな
フォト

果たして、両国のメインに立つのは誰だ!
2011.05.07 / Top↑
今日は昨日のダメージ回復のため、西新井のTHE・SPAに行った
いや~階段上るのがキツイぐらい膝に疲労が…

西新井に来ると、下りホームの立ち食いラーメンを食うのはもはや仕様だw
西新井でラーメンと言ったら、ここだろやっぱ
というか、涌井も○二も大師前からの方が近いし
フォト

THE・SPAは天然温泉を謳い文句にしてるだけあって、温泉は塩辛い
東京の地下水は塩分が強くて、元々飲用に向いてなかったとか
塩分が強い=日焼けした腕にはメチャしみるわけである
ジャグジーは5種類あるのだが、肩にダイレクトってのが無いのが片手落ち
痛みのある場所に当てるように調節しながら入ってました

風呂の後は休憩所やオンドルで寝る
近場で風呂~寝る~風呂をやれるお手ごろなとこっていうと、結局ここになるんだよな

一眠りした後、再びサウナ&風呂
寝てる間に雨が降ってきていた

雨で、歩くコンディションでもないのでとっとと西新井を出て
帰りに堀切の糀やでカレーうどん食って帰った

とりあえず、明日の後楽園に行くコンディションにはなったかな
2011.05.03 / Top↑
昨日は5時起きで、伊豆まで輪行
電車の中では、命日だった清志郎やRCサクセションをずっと聞いていた
新幹線では自転車置くため、3列シートの一番後ろをキープしました
フォト フォト

スタート地点の三島駅に到着すると、ホームから富士山が見れた
自転車を組み立ててると、他の自転車乗りから声を掛けられて少し談笑
コンビニで飲料と補給食を買って、8時に出発
フォト フォト

三島から沼津方面へ向かう途中、トンネル掘って流している狩野川なんてのを撮る
フォト

伊豆半島を駿河湾沿いに走りながら、淡島や海から富士山が見えたので撮影
フォト
フォト
フォト

大瀬崎に入る所で、山道に突入
そして、登り途中でバテタ(爆)
それ以降、登りはいけるとこまで漕いで、後は押して上ることにした
足が持たないし、疲労で進めなくなったら本末転倒だしね

頂上辺りの展望台で振り返ると、こんなとこ登ってきたのかと薄ら笑いw
段々畑があるのが静岡っぽいといいますか
フォト
フォト

とりあえず、初めて山道を走ってみて
登り…地獄の苦行
下り…自己制御するジェットコースター
って感じでした
いやぁ、ロードの選手ってやっぱスゲェや
そしてクライマー系の選手が華奢な人が多いのも身を持って頷けるな

平坦な道にでるとホッとする自分がいた(笑)
戸田港のコンビニ兼みやげ物屋で、塩ジェラードを買ってみた
展望台で挨拶した親子連れの自転車乗りと偶然出会う
行き先は同じ下田だったそうな
フォト

途中、コサキンリスナーなら見過ごせない場所、土肥温泉を通る
なんといっても、代々木上原、南砂町と並ぶ3大性地ですからwww
ラビー「や~ぶ~
むっくん「やめろ!本当にやめろ!
フォト

伊豆まで来たから飯は海鮮だなと考えていたら
西伊豆宇久須で小あじ寿司なるものがあったので
光り物好きなんで、三共食堂ってとこで昼食
小あじ寿司と笠子の味噌汁を頼んでみた
鯵は脂がのってて美味かった
味噌汁は笠子が1匹丸々入ってるので食べでがあった
フォト

堂ヶ島に来た所で、絶景だったので撮っていく
今回は、余裕がなかったのであまり写真は撮れなかったな
ちなみにここには加山雄三ミュージアムなんてのもあった
フォト
フォト
フォト

松崎町に来た所で、時間的に国道136号周りは途中で泊まらないと無理と判断
県道15号をショートカットすることにした
田んぼを花畑にした施設なんてのもあるようで
フォト

行く先に婆娑羅山ってのがあったので、嫌な予感はしてたが
登り道が長い上に傾斜もきつめ(当然、押しで)
農家が多いので、みかんの木が植えてあったり
渓流を横に、とにかく歩く(もはや登りに関してはウォークラリーである)
フォト
フォト

1時間近く長い登りを歩ききると、下りで一気に駆け下りる
下りの疾走感は快感ではあるが、ブレーキングに気をつけないといけない
どうやら、下りの30分で9km近く進んだ模様
田舎の農家ならではの、鯉のぼりの大群がいたので撮ってみた
フォト

国道414に合流し、ゴール地点の伊豆急下田駅に4時半ごろ到着
トータル、だいたい100kmを7時間以上かけて走ったという計測結果となった
フォト

電車待ちの間、近くの回転寿司屋に寄ったが
地魚の金目が、口の中でとろけるぐらい美味かった
生シラス(お品書きにはどろめとも書いていた)と生桜海老は当然のお約束である
自分の土産に南伊豆で栽培しているババコウ(エクアドル産の果物)ジャムを買ってみた

温泉にはは入れなかったので、飲む温泉で代用(哀)
下田駅の自販機に、やまももジュースなんてのも売っていた
フォト
フォト

帰りは伊豆急~伊東~熱海から新幹線~品川から都営で3時間半かけて帰宅
品川から京急経由で帰れば、乗り換えが少なくなって楽かと思ったが
歩く距離は、新橋乗換えとあまり変わらなかったか

そして明けて今日、膝と尻が痛ぇ~
風呂屋でふやけてよ
2011.05.03 / Top↑
「新・平家物語」総集編のほうが面白いんだろうなどうせ

松山ケンイチはいい役者だと思うが、晩年期の清盛をどう演じられるかだろうな
流石に仲代達矢と比べるのは気の毒だろうけど

後は、あの時代最も重要な人物の一人である後白河法皇をどう描くかによるな
清盛主役なら頼朝よりも後白河院のほうが関わり深いと思うので

帰省中、BSでやってたんだけど
流石に撮影やスタジオのみでの合戦シーンに時代は感じちゃうが
芝居って点では今のアレとは比べ物にならんわ
ていうか、戦国のだめと馬鹿殿様なんざアホらしくてますます見る気がしねぇよ
2011.05.01 / Top↑
・29日
昼頃実家に帰り祖母に面会後、下野市国分寺の風呂屋に行ったが
途中で車のガラスが響くほどの雷雨に見舞われるw
サウナ、ミストサウナ込みで300円と安いが、浴槽が浅めなのが難か

・30日
栃木SCのホームゲームやっていたので栃木SCvs京都サンガFCを見にいく
グリスタに行く前に時間があったので、近くにある麺 藏藏 (ZAZA)ってラーメン屋に寄る
宇都宮のラーメン屋では人気店とういうことだったが
R123から1車線分ぐらいしかない路地に入った所という、やや辺鄙な場所にあるが
待ちがいるぐらい繁盛してたのは確かだった
フォト

つけとろみそを注文。濃厚な味噌ダレと極太の麺はなかなか美味かった
ただ、魚介出汁の割りスープだと味噌の風味は殺しちゃうかな
麺と一緒に出るので、スープが冷めちゃうのも難か?
またグリスタ行くときに他のも試してもいいかな
フォト

グリスタに来るのも改装前以来だが
駐車場からスタジアムに入るのにだいぶ大回りするようになったな
なんでも、開幕戦でアウェーサポが揉め事起こしたことに対する処置らしい
バックスタンド真ん中辺りの上の段に陣取ることが出来た
フォト
フォト

1シーズン空いたので、スタメンも大久保と河原以外は入れ代わっていた
前半2分でFWのロボのゴールで栃木先制
後半、京都DF内野が退場となり数的有利な状況になったが
京都のほうがボールキープしている場面は多かったかな
それでもシュート4本で押さえていたようだが
結局、前半の1点が決めてとなり、1-0で栃木が勝利
フォト

栃木は3連勝で、現在単独首位とのこと
といってもシーズンまだ始まって間もないし、昨シーズンの中位争いから
優勝争いができるかどうかはこれから次第
ただ、J1にいた京都に勝利したことで自信にはなったと思う

この日見た感じでは、那須川の運動量が印象に残った
後はパウリーニョが起点となった攻撃がはまると、いい形になるのかな?
フォト

・1日
余震が夜中から多かった
暇つぶしにドライブしてました

帰りにファミマでレモン牛乳風飲料が売ってたので買ってみた
レモン牛乳より乳の風味が強めでした
フォト



それ以外の空いた時間は、主に第2次スパロボZ破界篇三昧でしたよ
今回の主人公はいいキャラしてんな
平行世界って設定を使ってるおかげで、かなり何でもありになっている
じゃなきゃボトムズは出れんけどな
キリコの中の人がうまくなってダメだし出されたという理由が理解できてしまったw
ダイガードが自陣に入るのが、かなり強引
とりあえず最初の3分岐全部やってるから、まだ8話
現在、ボトムズ&ギアスルートの6話目ってところ
2011.05.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。