日々適当に書いていく予定は未定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
【巨人】トレードでロッテサブロー獲得
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1654553&media_id=8

ロッテは応援している球団だが
長年貢献してきた選手をあっさり放出するフロントは嫌いである

言っちゃ悪いが、サブロー⇔工藤って、どう見ても釣り合いが取れないし
+α込みで、ロッテが体よく追い出したようにしか見えないわ、これ

チームの若返りとか言ってたが、1軍での試合をしてない30歳の外野手って
いつ契約切られてもおかしくない選手とって何がしたいんだよ
しかもチームの顔的選手放出して

マリンは土日だと結構埋まってるけど
こんなことばっかやってちゃファンはそっぽ向くぞ
スポンサーサイト
2011.06.29 / Top↑

朝からUSTで配信されてたので見ていたが
レディオシャックの別府史之がタイムトライアル(TT)に続いて
ロードレースでも優勝し、2冠達成

別府、新城は単騎参戦ながら1位、2位とその実力をいかんなく発揮
特に別府は前半追走して逃げ集団に入って揺さぶりをかけ
ゴールスプリントを制しと、ジロでの好調ぶりをキープしていた

別府は、日本チャンピオンジャージを着て走ることになるわけだが
ツールには出場しないけど、ブエルタには出て欲しいぞ

惜しくも2位となった新城だが
ツール出場したら、ステージ優勝に絡む活躍に期待したいし
ボクレールも好調なので、アシストとしてチームに必要な選手なのは間違いないのだ
2011.06.27 / Top↑



今回も近所でやってるアマチュアプロレスWINを観戦
エイトホールに来る度に、温水プールを利用してみようかと思いがちw

■ゼロングショー
何か、ゼロンググッズが増えたりして、力と金が注がれてるな
今回はクワガタイガーなる新怪人も登場(これも予算かけてる)
クワガタイガーの硬さとハサミに敗北寸前のゼロングだったが
ゼリーで気を引いたところをヘッドシザースホイップで撃退
でも会場人気はマッチョ大佐が持っていきがち

■第1試合 プリンス石井&●小川力斗vs○ウメタロウ&KONG-T
今回デビューの力斗は、空手スタイルで空手着着用
蹴りは本格的だったが、ウメタロウの攻撃ですぐにスタミナ無くしてたのが今後の課題

HBK入りしたKONGは葛西のようなコスチュームにチェンジ
格好を真似るなら、キ●●イっぷりも今後真似して欲しいものだ

石井とウメタロウは思ったよりも絡まず
二人が後半戦を沸かしだすとWINもさらに面白くなると思う

■第2試合 ○リヴァーサル沢vsRYO●
この試合の勝者が、第5でDRAGON・RYUGAのJr王座に挑戦に決定
実況から「空気の読めない男vs加減を知らない男」と評された一線は
えらく荒削りな試合であった

リングで大の字になって挑発したリヴァ沢だったが
RYOにアバラを思いっきり蹴られた光景には神が降臨していた

RYOのカテェスタイルは、相手を怪我させる前に矯正さした方がいいんだろうか?
こういう試合で、レッドアラート中野にレフェリーやらせたのは少し疑問を感じた

■第3試合 マネーインザバンク・ロイヤルランブル
参加選手:冥土びーすと、TATUYA、山本国鉄、○SAGAT、マッキー、プリンスメロン、マッチョさん
ぶっちゃけると、今回主だった試合に絡めなかった選手を集めてのランブルって
DDTでよくやっているアレなのだが、それにしてもそうそうたる面子である
そんな人達が好き勝手に暴れてるもんだから、そりゃあカオスにもなるもんだww
ただ、失格ルールを設けなかったり、レフェリー不在だったので
だんだんgdgdになっちゃったのが惜しい
メロンがいつも通りある意味大人気だったり、マッキーが妙にはっちゃけていた
バンクを手にしたSAGATの願い事は、後ほど判明

■第4試合 ハリケーン津田&○ブラザー・ガッキーvs●サド&冥土きっど
勝利チームがWINタッグ選手権の挑戦者になる試合
HBKは「アイアンマン」をテーマにヘルレイザースのペイントで登場
解説席ではヴァサラ&石井の王者チームが視察する

きっどは「このやろ~」やお転婆ダッシュといった女子ムーブの定番を披露
試合中は結構ノリノリであったのだが

HBKはサドの負傷したヒザに集中砲火しペースを握ると
津田が場外戦できっどのマスクを剥いでいる間に
ガッキーがマフラーホールドでサドから金星

きっどの中の人は、何と山田組若頭でかい一物だった~!
「ベルト巻けるっていうから恥ずかしい格好してたのに、何負けてんだよ」と
サドに三行半を叩きつけると、次回大会でシングルを要求
さらにHBKを「悪役として中途半端」とこき下ろすと
「だから、自分がセコンドについてやる」とHBKとまさかの合体
なかなか突き抜けられないHBKだが、若頭の合流で悪役として化ける可能性が出てきた
さしずめHBK-DXってとこでしょうか

■第5試合 WIN認定Jrヘビー級選手権 ○DRAGON・RYUGAvsリヴァーサル沢●
他団体参戦選手がほぼリヴァ沢のセコンドに着き、殺伐としたガヤも飛んだ試合
試合はリヴァ沢の一方的な試合であったが
試合中にマイクで挑発したりと、悪い意味でもリヴァ沢らしさを発揮していた
リヴァ沢の飛びつきニーアタックをブロックしたDRAGONが
首固めで勝利したけど、説得力が無かったな
そして、レフェリーのしゃがれさんがセコンドからfrbk

試合後、健康プロレスのアウトサイダー根岸がJr王座に挑戦表明
ヘンチーナの「そんなにベルト巻いてたきゃ、玩具のベルトでも巻いてろ」や
根岸の「自分の腰に巻かれてからJr王座が始まる」
はかなりガチな感情入っているような気がした

■メイン WIN世界ヘビー級選手権 ○ハレタ・コーガンvs冥土ましーん●
組長は、入場中にWINのTシャツに袖を通してWINを背負っていることをアピール
こういうところが組長の粋な所だよな

馬場、田上に続き鶴田もインストールし、前哨戦では直接勝利したましーんに対して
組長も学プロ時代にやっていたという川田ムーブを披露し
全日本プロレスオマージュな試合になっていった

ましーんは小橋もインストールしていたが
バックドロップの後、畳み込め切れなかったのが敗因かな
それでもデスバレーを1度は返したのは凄かった

試合中組長が見せた
GENTAROがフィニッシュでよく使う、グランドからのシャープシューターだが
実況によると、法政大学の学プロ伝統の技らしい
今までGENのオリジナルかと思っていたが、学プロ時代に習得してた技ってことなのかな

1度は返された組長のデスバレーだが
秋葉原プロレス代表の技、チュパクラッチで揺さぶり
ましーんのスカートの中に頭を入れてからの2発目で王座防衛
流石の組長も、試合後は疲労困憊だった

磐石な王者となっている組長の前に現れたのは、今回は実況のみのSGワンダー
組長「その挑戦を受けると、プロレスvsSGワンダーってことになるけど」
とジャンルとの闘いになるため気の進まない様子であったが
ワンダーの合図でSAGATがゴアで急襲し、挑戦表明
かくして、次回大会でハレタ・コーガンvsSAGATのタイトルマッチが決定
今最も勢いのある若手選手SAGATだけに、これは楽しみな一戦
しかし、試合してなくても持っていくSGワンダーは、やっぱり恐るべし

ただ、問題は次回大会が9/4でK-DODJOの東北TOGETHERと被ったことか
Kのカード次第ではあるが、組長vsSAGATは見逃せない試合だよなぁ

9月は、RAWが11日、健康プロレスが23日とアマチュアの興行も入ってきたので
興行が被らないことを祈るばかりだな、これは
2011.06.27 / Top↑



DDTの新木場ワンマッチ興行が20時からということで
仕事から帰って、自転車で1stRINGまで行くことにした
天気的にも走りに出られるのがこの日ぐらいだったので
電車賃浮かすのと趣味の両立ってやつである(笑)

1stRINGについたところで、丁度開場していた
千円ってのもあるが、会場はDDT常連でほぼ埋まっていた

ダークマッチは高梨vs平田
試合はほぼ高梨がコントロールしていた
平田が高梨の掌から出たのは、グランドコブラでニアフォールだった時ぐらいかな

続いて第1試合にしてメインイベントのKO-Dタッグ選手権
ケニー&マイケルvsHARASHIMA&HERO!

HERO!が小ズルイを通り越して、思いっきりやさぐれて悪くなっていた
ダークネスというより、妖怪化しているぐらいであるww

ケニーの音頭でやっぱり開場外に出て行った両チーム
コンテナの上での攻防でファルコンアローをやるHARASHIMAはドSである
下りる時思いっきり怖がっていったHARASHIMAとケニーは萌えポイント

いつも通り熱くなって火照ったマイケルは
HERO!に「裸になって己をさらけ出せ」といい事を言うが
脱いだパワードスーツを即座に強奪ww
流石に蒼魔刀はパワードスーツでも防げなかった模様

クロイツラス+ジャックナイフや、雪崩式アングルスラムで
HERO!を追い込んだマイケルだが
HERO!は「もう、どうでもいい」と叫ぶと、サヨナラツームストン、アックスボンバーと
DDTを出禁になっている某選手の得意技を連発
まあ、スタイルが似ているだけで別人でしょう、きっと、そうに違いない、そうしておいて

両国以来のファイヤーバードを狙ったマイケルだが
HERO!が雪崩式ツームストンで叩きつけると、サスケだましセグウェイで王座移動

ベルトを獲った後楽園ではケニーの繋ぎ役に徹してた半面
自分から取りに行きたいってところがあまり見られなかったのだが
今回は、マイケル自らが勝ちにいこうとしていたのはよかったかと思う

試合後、高梨がタッグ挑戦表明、パートナーとして現れたのは
蕨の独裁者こと、さくらえみ
しかし、本人前にして「マイケルなら勝てるって言ってたのに」というさくらに
開場満場一致でブーイングwww
え~、「りほを追い落として両国に出る」発言以来、すっかりナチュラルヒールになってます
ヒールが根付き辛いDDTで、あっさりヒールになっているのはある意味さすがだがw
なお、独裁者は両国で愛川ゆず希と戦いたいそうです
新技、さくポンキックの足の上がらなさ加減はガチ

さくら「2年連続で両国のメインに立ったHARASHIMAさんにはシングルこそ相応しいんです
だから、タッグのベルトを返上してください」
という丸め込みに、心が動きかけたHARASHIMAだったが
HERO!の鉄拳制裁により我に返ったHARASHIMAは、7/3に挑戦を受けることに決定
独裁者のおかげですっかりカオスになってしまったよw

試合後、売店で集会をするHARASHIMAとHERO!
周りに悪態を突きまくるHERO!がとても悪かったが、きっと気のせいに違いないw


DDT終了後、荒川渡って江戸川区の方から帰ることにしたが
何となく、環七と船堀街道禁止で走ってみることにした
両大通りの間を走っていたはずだったが、気がつけば瑞江駅の前を走っていた
あるぇ~?

まあ、この際千葉県まで行ってやろうかとも思ったが
京葉道路を自転車で行くルートがよくわからなかった為
篠崎の方へ進んだら、柴又街道に出たのでそのまま直進
しかし、江戸川区は区画が整理されているところが多いので走りやすいな
小岩当たりまで来るとゴチャつき出すけど
それでも1時間半はかからないで帰宅した
気温がクソ熱くなってくるに比例して、夜ポタやるにはいい時期になるのだ


2011.06.25 / Top↑
「刑事コロンボ」ピーター・フォークさんが83歳で死去
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1649625&media_id=14

ピーター・フォークといったら「刑事コロンボ」」
「刑事コロンボ」といったらピーター・フォークってぐらい日本でも馴染みの俳優だったな

俺らの世代は、コロンボと言ったら
日テレの金曜ロードショーで見ていた人が多かったと思う

故小池朝雄さんの吹き替えが刷り込まれているので
地声のイメージが薄かったりするのだが
ピーター・フォークの風貌に、それだけはまってたんだよな

「うちのカミさんがねぇ~」
「もう一ついいですか」
って何気ない台詞が重要な所を引き出してたんだよな

ピーター・フォークさんのご冥福をお祈りいたします



2011.06.25 / Top↑
テレビがなくなったら困りますか?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1646865&media_id=116

地上波はほとんど見なくなって久しいのでなくても困らないが
スカパー見てるから無いと困るな
そのスカパーも夏場は半ばスポーツチャンネル専用となっているけど

パソコンはネット繋ぐ道具としてなくてはならないレベルにあるので必需品
家の電化製品で一番稼働率高いし

携帯は世の流れに逆らえず持つようになったが、無きゃ無いで困らんな
今はスマートフォン使ってるから、使い方としてはパソコン持ってるようなもんだし
2011.06.23 / Top↑
赤坂の草月ホールで行われた立川談笑の落語会に行ってきました
今回は東京(江戸)にちなんだ噺ということで
昼の部では、志らべ「持参金」、「堀の内」、ゲスト 柳亭市馬の「首提灯」、「子別れ

夜の部では、らく次「鮫講釈」、「イラサリマケー」、「黄金餅」、ゲス ト立川志らく「唐茄子屋政談

「堀の内」は粗忽者の亭主が、粗忽を通り越して危ない奴になっていた
会場以外ではヤバイ宗教ネタも飛び出してますww

市馬師匠の「首提灯」は正統派ながらも、首のズレた様が目に浮かぶようでした
剣道が趣味だった小さん師匠の得意ネタでもあったそうで

「子別れ」は、時代をサンシャイン60が建造されていた頃の昭和に改作したもの
サゲは昭和ウルトラマン世代なら「巧い」と唸る噺に仕上がってました

らく次の「鮫講釈」は、五目講釈の後、宝塚のトップスターを列挙
ちなみに、日暮里で聞いた談笑師匠版では仮面ライダーや家元が出てきていたっけな

「イラサリマケー」は何度聞いても笑っちゃうわ
ビルマ人の店員が、自分の国をミャンマーではなくビルマだと主張するのは実は深い

「黄金餅」は俺が知ってる噺の中でもトップクラスでブラックな噺だが
談笑師匠は金への執着心を強めさせ、オチをループにして、さらに黒くしていた

志らく師匠の「唐茄子屋政談」は、江戸っ子の心意気をハイテンションに演っていた
いずれは独演会で志らくワールドにもどっぷり浸かってみたい


高座の後は、昼の部では「小さん師匠と東京」をテーマに、談笑師匠と市馬師匠が対談
・「剣道が出来なくなったら、俺が死ぬ時だ」と言っていた小さん師匠
足を痛めて剣道が出来なくなった後、すぐに亡くなられた

・目白の小さんの家で、内弟子が川村学園に見えるように裸になってたことに
学校から苦情が来たが、小さん師匠「見るほうが悪いんだ!」と啖呵を切ったため
学校側から仕切りが作られるようになった

・家元が小さん師匠のいる楽屋にいじり倒しに上がりこんだ話は
家元が何だかんだ言っても自分の師匠のことが好きなんだなと思った
そこにいた米朝師匠はえらいとばっちりだったがw

・家元と枝雀師匠は、お互い認めてはいたが、嫌っていた

・そんな家元をきょどらせた勝新太郎の人間力はスゲーわ

・小さん師匠お気に入りの湯島の鰻屋には、今でも丼がキープしてある

・歩いていけるため、池袋の寄席によく行っていたが
新宿の寄席に出演することを忘れて、池袋に飛び入りで出たことがあった

・熱くても冷たくても早食い早や飲みだったが、弟子の方が早いと機嫌を損ねるため
師匠が食べ終わる少し後に終わるように調整していた

・懐石料理は食った気がしなくて大嫌いだった

・自分を基準に料理を頼むため(師匠は大食漢)、弟子は憂鬱だった

・ラーメン屋に行ったら、ラーメン、炒飯、餃子は基本

・忘年会~新年会で余興をやるのが憂鬱だったが、裸になれば喜んでくれた


夜の部は、「談志師匠と東京」をテーマに談笑師匠と志らく師匠が対談なのだが
・のっけから覗きで捕まった志の八をどうするかって話に脱線
性癖は1年謹慎しても治らないと力説する両師匠

・談春師匠は練馬の家元の秘密の鍵のことを知っていて
中の海外無修正本をよく見ていた

・家元はマナーにうるさく、電車やバスでよく注意していたが
最初はやさしく言うが、しまいには物騒なことを言っていた

・文字助師匠はかなり喧嘩っ早い

・日比谷の独演会に向かう途中、東京駅で「捜さないでくれ」といなくなったため
二つ目だった志らくが1時間半繋ぐ羽目になった
その後、登場した家元「志らくは4席やったんですか。そういう時は引っ張らなくちゃダメだよ」

・家元とビートたけしが銀座で二人きりで飲んでた時
店の外で、「いつかは中で飲めるようになろう」と話していたのが
志らく、談春、水道橋博士、玉袋筋太郎

・ハワイで着物を着て外に出ようと言われるが
かばん持ちで着物着てたらおかしい奴と思われるので志らく師匠は断った

・日焼け対策で、チューリップハットにグンゼの長袖の下着に股引、地下足袋に軍手
顔は日嫌気止めで真っ白な家元についてハワイのビーチを歩いたのは
物凄く恥ずかしかったそうな(そりゃそうだ)

・志ん朝師匠とハグしながら「あんたの方が名人だ」と言い合ったり
米朝師匠をさば折りの形でハグしながら「上方は師匠しかいません」とやってた

結論:小さん師匠も談志師匠も鉄板レベルで滑らない話しかないww
それぐらいじゃないと、超一流の芸人にはなれないとも言えるけど

てことで昼夜楽しんできました
2011.06.19 / Top↑



カナックス0-4ブルーインズ
ブルーインズが4勝3敗で、スタンレーカップファイナル制覇

う~む、カナックス勝てなかったか
やはり第3戦からブルーインズに傾いた流れは引き戻せなかったかのう

というか、ボストンのGKティム・トーマスが凄すぎたわ
プレイオフのセーブ率94%ってとんでもない数字出してるし
そりゃ、コンスマイストロフィー(プレイオフMVP)も当然だわな

カナダのチームにスタンレーカップって希望は今シーズンは絶たれたが
来シーズンこそは
でもPEN'Sと鮫も頑張ってくれい
2011.06.16 / Top↑
早いもので今日は、三沢光晴選手、明後日はテッド・タナベレフェリーの2度目の命日

三沢さんが亡くなられたニュースを知ったのは
俺が大日&CHIKARAのオールナイト興行に行ってる最中でした
複雑な心境ながら、会場でプロレスを楽しめないのは故人も本望ではないだろう
と自分に言い聞かせましたが、翌朝の新聞の1面に現実に引き戻されました

当時の俺の日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1196030978&owner_id=8083818
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1196396286&owner_id=8083818

三沢さんの事故の翌日、テッドさんが試合後に倒れられ
翌日帰らぬ人になったことはショックに追い討ちをかけられました
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1197886535&owner_id=8083818


中西がジャーマンを受けた際、頚椎を痛めて入院したことで
三沢さんの命日も近いこともあって、リング渦に対して再認した人も少なくないようです
レスラー生活を長く続けていると、普段どおりの試合をしていても
何が起爆スイッチになるのかは分からないだけに
(越中がロープワーク中にアキレス腱切った事を思い出した)
体のケアには充分気を使って欲しいってのが、1ファンの願いです

マサさんの「服役中に、いいオーバーホールができた」ってのも
あながち笑い話でもないんだよな
そう考えるとオーバーホール休暇ってのも必要なのかもしれない

ただ、レスラーという商売上、怪我とは常に隣り合わせだし
蓄積していくダメージとの付き合いも続くのは宿命なんだろうな
週プロのラッシャー木村特集で上田馬之助が言った
「木村はやっぱり70まで生きられなかったか。体を酷使し続けたからな」
って言葉は、重くて深い


この間のみちのくで、東郷とデルフィンが和解
サスケとのトリオ揃い踏みが実現したことは
テッドさんへのいいプレゼントになったよな
そう考えると、人生vsつぼ原人が行われたことも
テッドさんへのメモリアルマッチだったのかもしれない


三沢さんの命日の日、小橋が7月に復帰することが決定した
小橋もこれが最後の復帰と考えているかもしれないが
体の状態を考えれば、最前線には無理に立って欲しくは無い
無理をし過ぎて潰れてしまったら、それこそ三沢さんが浮かばれない
ただ、NOAH自体は色々な意味で前に踏み出す必要はあるとは思う

2011.06.14 / Top↑
暇だったので、日曜だが走りに出た
ヒザと腰にに負担かけ過ぎないように軽めに走ることを念頭に置く

本当なら先週本祭だった南千住のスサノオ神社に行ったら
6月末の夏越の祓いの準備中で、茅の輪くぐりの土台が出来ていた
ここの祭りの神輿振りは見たかったなぁ

南千住から、山谷の辺りを通るが
いろは商店街に「あしたのジョーのふるさと」って幟が下げられていた
ただ、わざわざここに来ようとするのはかなりの物好きだよな
少なくとも、俺はこの辺でカメラを構えるようなことは避ける
確かに古い建物も多いんだけどね

浅草から門前仲町へと進路を向ける
今回は、大通りを避けて走ったが
森下によさげな銭湯があったが、休業中だった。
そのまま廃業にならないことを祈る

深川不動尊の新しい本堂が出来ていたが
広くなったけど趣がイマイチ…
本山の成田山っぽくなっていた
ここの御護摩は行われていると、足を止めて見て行く事が多い
なんともいえぬ迫力を感じるので

帰りは以前通った親水公園沿いを走ってみるかと思っていたが
横土間川公園から、その仙台掘川公園が繋がっていたことを知った
しかし、公園走ると虫を突き抜ける季節になったものだw

東大島から荒川を通って帰宅
閉店した奥戸湯は介護デイサービスに変わっていたのか
これもまた時代の流れかのう
2011.06.12 / Top↑
岩男潤子さんのコンサートの後
新御茶ノ水駅で下りて街歩き

秋葉の新ラジ館がオープンしてたが、駅前の石丸の建物使ってるので
込んだら階移動がし辛そうだ
宇宙船とイエローサブマリンはこっちに移ったので、立ち寄ることは多くなるだろうな

LAOXのザ・コン跡地も7月に新装オープンするのだが
K-BOOKS以外には何が入るんだろうか?

オタクの聖地となってる秋葉原だが、路地に入ると昔ながらの古民家もあったりする
フォト フォト
フォト

秋葉から上野へ向かって歩くが、今回は上野1丁目~湯島に抜けるルートで歩く
ビルに囲まれて純日本風の家があったが
瞻百堂(せんびゃくどう)という、上野で画廊やってる会社の本部らしい
フォト

学校をギャラリーに改造した施設なんかも、この辺にはあった

歩いていて一際目を引いたのが、古いレンガ造りの蔵
調べたら、「Once Upon A Time」ってバーだとか
フォト

黒門小学校校舎もずいぶん古そうだなと思っていたら
昭和5年築のものだった
フォト

上野1丁目交差点の通りを挟んで向かい側に
瓦屋根の空き家っぽい古民家が建っていたが
飲み屋街や桃山のある並びに立っていたのがアンバランスで面白い
フォト

京成上野駅で何気なく通り過ぎていたが
レストランとうかいって昔からあるレストランの建物も年期入ってるな
フォト

ちょっと裏側も見たくなり、不忍池に回ったら
野外音楽堂から聞こえてくるのは「サンダーストーム」(天龍のテーマ曲)
何事かと行ってみたら、フュージョンサミットなるライブがやっていて
高中正義の曲を演奏するトレスクアトロってバンドのパフォーマンス中だった模様
もう終わりの時間だったが、最後の1曲だけ聴いていった
フォト
2011.06.12 / Top↑
昨日は、久々に岩男潤子さんのコンサートに行ってきました
歌と朗読のコンサートということで、園長もお誘いしてみた
震災より3ヶ月目の日に、「命」と「想い」をテーマにした朗読を
ゲストに緒方賢一さんをお呼びして行われました

■今回のセットリスト
1.朝のキスを
2.洗い立ての青空
3.夢が実るとき
4.朗読「いつでも会える」 (シロ:緒方賢一、みきちゃん:岩男潤子)
5.やさしさの種子
6.朗読「くまのこうちょうせんせい」 (熊の校長先生:緒方賢一、羊くん&ナレーション&その他:岩男潤子)
7.めぐり逢い
8.朗読「最後だとわかっていたなら」 (朗読:岩男潤子)
9.追憶のエチュード
10.ここにいるよ
11.雲の行方
12.てのひらの宇宙

今回のコンサートの趣旨に
前日、川上とも子さんの突然の訃報が伝えられたことにより
とも子さんの追悼という色も強くなったように思います

潤子さんは、「いつでも会える」の朗読の頃から、色々なものを堪えてました
「やさしさの種子」はレギュラー共演した「CCさくら」の挿入歌でもありましたし

「いつでも会える」は死んでしまったみきちゃんを捜し回るシロの
「どこ?」を一番大きく言った後、小さく「どこ?」と言った緒方さんの演技が印象的

「くまのこうちょうせんせい」は緒方さんの温かみのある声質と
大きな声にトラウマを持つ羊くんを演じる岩男さんがマッチしてました

「最後だとわかっていたなら」を朗読した後に聞いた「追憶のエチュード」や
「雲の行方」は今まで聞いた中でも一番印象的でした

最後に川上とも子さんに捧げる形で「てのひらの宇宙」を全員で歌いました
途中で、ちょっと詰まっちまいました

アンコール代わりのMCでは、潤子さんとバンマスのほぼ漫才となってる
いつものトークで湿っぽい雰囲気が和らいだかな

機会があれば、今度は天窓にも行ってみようかと思います
2011.06.12 / Top↑

昨夜、マイミクのおさむらいさんのご好意で
「アンダルシア~女神の報復~」の完成披露試写会に行って来た

国際フォーラムAホールでオーケストラ付と
フジテレビもだいぶ宣伝に金掛けてるもんである

主演の織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、西谷弘監督が舞台挨拶
2階席の後ろの方だったので、織田裕二の背の低さが確認できたぐらいだったがw

公開前なので内容については触れないが
景観を見ると、確かにアンダルシアには憧れそうだw
ヌエボ橋は実際に行って見たい景色だし

ただ、コンサートホールのスピーカーと映画の音源て相性そんなに良くないのかな?
ってところもあったな

個人的には、福山がやった役のスピンオフなんてのがあれば見てみたい

映画終了後、IL DIVOによる映画主題歌「TIME TO SAY GOODBYE」の生歌が披露
いや~、これが一番良かった(木亥火暴)
生の声楽は迫力あるわ!ちょっと声楽コンサート行ってみたくなった

国際フォーラムを出ようとすると、映画のCMの「感動しました」の撮影をしていた
しかし、これを見てその映画を見たいと思う人っているんかいな?

とりあえず、国際フォーラムで映画を見たって点では貴重な体験だった
2011.06.09 / Top↑
みちのくプロレス観戦後、新富町の方にある銭湯に行くことにしたが
有楽町線は乗換えが遠回りで面倒くさいし
東京駅から八丁堀行くなら、歩いてもたいして変わらないかと、歩いていく

最近は路地に入ってひっそりとある古い建物を見つけるのがマイブームになっているのだが
中央区も海側に向かって歩いていくと、東京駅の近くでもあるもんである

新富橋のそばに、昭和を通り越えて、もっと古そうな建物を発見
舞踊用の足袋を扱っている「大野屋」(場所柄、かなりの老舗かと)
その近くにあった、これまた古くからここに建ってそうな稲荷神社
フォト フォト

新大橋通りに出ると自転車では何度も通り過ぎている、正金アパートがある
フォト

入船で銭湯を探してブラブラしてると、ビルに混じって昭和の建物も
フォト

地図アプリを見ながら探したら、目的地の入船湯は日本生命のビルの地下にあった
風呂は熱めのジャグジー付浅槽と深槽だけだが
浴槽が大理石だったり、壁に明治の永代橋のタイル絵が飾ってたり
脱衣所のタイルが妙に凝ってたりするが、ここ区営銭湯らしい
フォト

脱衣所に、鉄砲州稲荷神社例大祭のポスターが貼ってあったが
もう1件の湊湯のそばにあるということなので、場所の確認がてら行ってみた
鉄砲州稲荷神社は、埋め立ての度に港に遷座した神社だそうである
例大祭のポスターを見ると銀座、入船、湊辺りの鎮守のようです
境内には溶岩で造った富士塚もありました
フォト フォト
フォト フォト

湊湯は、改装して小さなスーパー銭湯みたいになったと三州さんから聞いてたので
機会があれば入ろうかと(サウナ+400円はちと考えるが)

神社から八丁堀駅まで大回りしてぶらついたら
昔の洋品店の看板や、使われなくなって錆び付いた駐車場なんてのがあった
フォト フォト

思いつきで、橋をトイカメアプリで撮ったりしながら駅まで歩きました
フォト フォト
2011.06.07 / Top↑
恒例の沼二郎の歌謡ショーの後、入場式で被災者への黙祷
「無理をなさらない程度でいいですので」と募金をお願いするサスケ
東北魂Tシャツは、懐に余裕があれば欲しかったな
フォト フォト

■第1試合 ●大地vsラッセ○
フォト
大地のファイトから一生懸命さは伝わった
ただ、大地のエルボーでラッセを倒せなかったのが全てともいえる試合だった
ラッセもこういう試合をするようになってんだな

■第2試合 ○人生vsつぼ原人●
フォト フォト
往年の迷勝負再び
人生に対抗して、コスチュームを畳む原人は色んな宗教がミックスした祈りを捧げるw

セコンドの大地にヅラを被せて観客の振りをし
頭を使った原人だが、人生にあっさりばれてリングに連行
フォト

フォト フォト

後半、場外乱闘から原人の服を剥ぎ取って戻ってきた人生がリングアウト勝ち
ダンボールを腰に巻き、抗議するつぼに応えて再試合
フォト フォト

ダンボールを剥ぎ取り、念仏パワーボムにいこうとした人生だが
つぼがむき出しの股間を顔に押し付けて人生がギブアップ
フォト
フォト

■再試合 ●人生vsつぼ○
フォト

そして、原人の源を目撃した人多数であるww
いやぁ、このカードでつぼが勝ったの始めて見たわw

■第3試合 FUNAKI&沼二郎&●大柳vsウルティモ&○日向寺&野橋
フォト
日向寺と沼二郎の東北Jrの前哨戦であったが
沼二郎は序盤のタックルで頭が当たったのか流血
それを抜きにしても日向寺の勢いが上回っていた
サスケを破っての戴冠は以外だったが、けっこう大化けしそうな感じだった
フォト
フォト

フォト
みちのくではすっかり素の自分をだしているウルティモ校長
フレアーっぽいヒールスタイルでやっていた
ジャベから回転しての4の字や、FUNAKIとの裏のかき合いは面白かった
フォト フォト
フォト

■第4試合 サスケvs東郷
東郷のみちプロラストマッチにして、サスケとの最後のシングル
サスケはMASAみちのく時代のテーマ曲「みちのく一人旅」で入場
MASAみちのくvs巌鉄魁はユニバの前座定番カードだったよな
フォト

東郷の芸術品シルバーバレットやサスケの場外への急降下ドロップキックも見せながらも
フォト 
フォト
フォト

フォト

両者のじっくりとしたレスリングと丸め込みの印象が強い試合だった
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト

今年のサスケはブラックスワンにインスパイアされたようだが
途中で見せたキックはまさかバレリーナキックか?w

東郷がペディグリーからダイビングセントーンにいこうとしたところで
野橋とラッセが乱入して無効試合
戦前から乱入予告してたとはいえ、この試合は決着ついてから出てきて欲しかったな
後、個人的にこの試合で「さっちゃん」コールはやめてもらいたかった
フォト

ここで二人の救出に飛び込んできたのは
まさかまさかのスペル・デルフィン
ウルティモ校長も出てきて、3vs3で再試合決定
フォト

■再試合 サスケ&○東郷&デルフィンvsウルティモ&●野橋&ラッセ
大阪プロレス離脱以来、ありえないと思っていた東郷とデルフィンの和解
サスケ&東郷&デルフィンの揃い踏みという夢のような光景
この場にウルティモ校長がいたことも意義深い

東郷&デルフィンのダブルのドロップキックに
フォト
フォト

クロスフェースとスイングDDTの共演
スイングDDT→マッハ→ダイビングセントーンの連携で勝利
フォト フォト

今回はこの光景が見られただけでも来た甲斐があった
東郷のみちプロラストマッチは、ファンにとっても素晴らしいプレゼントでした
フォト

■メイン 5vs5イリミネーションマッチ
拳王&KEN45°&ヤッペーマン1号&2号&剣舞(0-1)ハヤト&KAGETORA&南野&秀&恵
フォト
メインはみちのく正規軍vs九龍のイリミネーションマッチ
ここ数年のみちのくは、メインでは今のみちのくを見せるのがポリシーであり
それだけ若い選手に自信を持っていると感じている
実際、宇宙大戦争も昨年はともかくセミでやってたし

フォト フォト
序盤は会場全体を使っての乱闘、南側の一番後ろまで来ていたよ
この顔ぶれらしい目まぐるしい攻防を見せていくが
ハヤトと拳王が対峙すると空気が変わるな
フォト
フォト フォト
フォト フォト
フォト

チームワークで優れる九龍は(場外に落ちそうな秀を受け止めるのはウケタ)
南野が場外に投げる雪崩式ブレーンバスターでKENを道連れにして
フォト フォト

ハヤト&KAGETORAvs拳王という状況に
野橋の一斗缶で流血した拳王に、九龍8人がかりでドロップキック
対する正規軍も四方に空中弾でやり返す
フォト フォト
フォト

終盤ハヤトvs拳王の宿敵対決となったが
拳王のぶっこ抜きジャーマンは凄かったが、勝利にはならず
拳王のドラゴンをKIDで切り替えしたハヤトが締め落し、九龍が勝利
フォト フォト
フォト
フォト
フォト

ハヤト「プロレス団体のいろいろなところ、この九龍で荒らしてやる
お前ら、九龍の行動1つも見逃すんじゃねぇよ!
お前ら、また絶対みちのくプロレス来いよ!」
と、九龍で各団体に殴りこみ宣言をしたハヤトだが
最後に「本日はありがとうございました」と締める辺りが人柄が出てるわ
フォト フォト

あのセミの後でのメインはきついんじゃないかと思ったが
思いっきり盛り上げてしまうのは、今のみちのくの強みだよな
2011.06.07 / Top↑
三遊亭円楽『すべらない話』初参戦!20回記念にレギュラー陣ネタ無し!?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1627443&media_id=124

けっこう、この手の番組ははまりそうな気がする
黒い円楽なら笑点メンバーや、先代円楽の話とかやんのかな

他の噺家さんも呼んで欲しいが
もし談志師匠を呼んだら、間違いなく面白いが収拾もつかなくなるであろうw

それにしても、この番組の観覧ゲストほど無駄なものは無い
存在する意味が分からないし、コストの無駄以外の何者でもない
今回のメンバーに天龍がいたりもするが(円楽の希望かな?)
2011.06.06 / Top↑


千葉と埼玉と茨城の境まで来てみた

帰りは向かい風、よよよ
2011.06.04 / Top↑
今回はいつもの小豆沢ではなく、P'sLab横浜で開催ということで
5月2度目の関内へ、ということで昼飯は雨が降ってても二郎
並んでたら、すぐ後ろにゆう団長がいた
今回は汁なしな気分だったので、汁なしニンニク粉チーズニラキムチにしやした
フォト

P'sLab横浜も道場だけに、西調布やCOREスタと同じ臭いがするな
今回は10周年記念興行ってことで、記念パンフも出たので購入
vol.14から見始めた俺には資料としてありがたかったりする

■第1試合 ●レッドアラート中野vsRYO○
高校生vs中学生の対戦
弱冠2名から、物凄く殺伐としたガヤが飛んでいたw
フォト

RYOのやけにカタイエルボー(大日の河上級)が印象的
試合後リヴァ沢を初々しく挑発し、最初からgdgdになるw

中野のスリングブレードは、スピードかダイナミックさが出てくるとよくなる気がする
いずれドラゴンスプラッシュを使い出すかもしれないが、小豆沢じゃ難しいか

■第2試合 ワイルド・コップ&トシ・ノミヤ&●横濱KIDvs冥土ましーん&○デストロイ=ミカサ&KONG-T
RAWレジェンドvs他団体混成軍
フォト フォト

コップのキックの本格さに驚き
ノミヤのチェ-ンレスリングとめったに見れない完璧なロメロに驚き
横濱KIDの全てに違う意味で驚いた(どうもブランクでなくあれが売りらしい)
フォト

他団体混成軍はカオスな顔ぶれ
小豆沢には出れないましーんだが、今回は光留の根城なので全く無問題
KONGのエルボーもだんだん遠慮が少なくなってきてた
ミカサはノミヤのグランドは明らかに嫌がっていたが
自らの不知火で大ダメージを負ったKIDを、デストロイネックブリーカーで仕留めて勝利
しかし、試合後のマイクでやはりgdgdにw

■第3試合 ●ザ・ボスコニアンvsリヴァーサル沢○
フォト
こちらは、ボスコニアンの人生引退試合と名うたれたため、観客から「引退」コール
リヴァ沢も破天荒な動きを見せるが、試合はボスコニアンワールドだったな
ボスコニアンの「ワンモア」がこの日のHOTワードとなっていた
フォト フォト
フォト

リヴァ沢の前回とは違うピラニアクラッチで敗れるが
フォト
フォト

肩が上がったとアピールするボスコニアンをポロロッカで速攻フォール
ってやり取りが3回ぐらい続きましたとさ
フォト

■第4試合 ○邪馬屠vs拝銀主義舎指名選手●
拝銀主義舎はエンペラドル・ピングィニート→キャットン→風魔くんと変身
邪馬屠が非常にやりたくなさそうにしている中
4度目で拝銀の中の人が登場
フォト
フォト
フォト
フォト

決別の左握手をしながらの張り手合戦から
邪馬屠の嫌いなものを出したり、聖闘士チックな新技を披露
技を解説する観客のコーガン組長の拝銀LOVEが熱かった
フォト フォト

アナザーディメンジョンで異次元に送られたり
邪馬屠バスターが破られたり(普通に決まってるけど)
五感を奪われたり(邪馬屠がセブンセンシズに目覚めるかと思ったさw)
と拝銀のペースに乗せられる邪馬屠であったが
フォト フォト
フォト

流石にヒカルンの根城でも、(いちご的な意味で)それは気まずいだろうという攻撃から
裏裏足四の地固め固めで勝利
フォト
フォト フォト

ゆるさとカタさが同居するRAWらしさって意味ではこれがベストバウト
ここで休憩時間入らないと、腹いっぱいだったし

■第5試合 ○SAGATvs力丸乃りお●
フォト
思いつきで、力丸コントラ乃りおと名づけられた試合
勢いに乗っている今のSAGATが勢いのままに圧倒
フォト フォト

スライディング・ゴアで勝利
まあ、思いつきなので何も取られずに済んだ乃りおであったが
よもや、最後にあんなことになるとは!
フォト
フォト

■第6試合 ●Die-56vsでかい一物○
フォト
カード発表から期待度の高い試合だったが、期待通りの試合でした
総合で培った技術を見せるDie-56に対して、急所打ちから徹底した足殺しに行く若頭
早い時間にテキサスクローバーを仕掛けるが、これは切り返される
フォト
フォト フォト

総合だけでなくプロレス心も持ち合わせているDie-56は
ジャイアントスイングや、長身を活かした技からD-56を仕掛けるが
若頭は卍で切り返したり、ロープ際に逃げるなどして有効打にさせない
フォト フォト
フォト
フォト
フォト
何度目かのD-56を着地した若頭は、強烈な張り手一閃
サンダーストームからのテキサスクローバーでついにDie-56がタップ
フォト

純粋に試合内容で言えば、この試合がベストバウト
フォト

■第7試合 怪人ヤンマーニ&●SGワンダーvsドラゴンソルジャーLAW&○マッチョ・マイケルズ
前の試合との落差は何(汗
DSLの「It's My Life」はクレイジークルーと五分を張れる
フォト フォト

試合内容は…説明できるかい!
マッチョさんが、まともに見えるという錯覚をおこしたことでお察しください
フォト フォト

途中、ヤンマーニが前後逆にビルドアップしてからの力比べは
いつものマッチョさんでしたが
フォト フォト
フォト フォト

試合後、DSLの「プロもアマも関係ない」発言に
会場のアマチュアレスラーが大激怒、コーガン組長はガチで切れてたし
自分がやっていることに誇りを持ってて、プロもリスペクトしている方々だけに
その発言は許せなかったんだろうな
俺も、Twitterでのある書き込みに似たような憤りを感じたし

マッチョさんは、邪馬屠にLINKSでの対戦を要求
邪馬屠、公衆の面前での抜き打ちアピールに断れず
好事家にとっては堪らんカードだが、7/18じゃ無理っぽい

■メイン RAW無差別級選手権 ○吸いカップ健遅漏vsケンタDX●
正直、カードが決まってもピンと来なかった試合
序盤、健遅漏はケンタに視線を合わせないことで、眼中に無いとアピール
フォト フォト

健遅漏のエグイまでに強烈な攻撃や
気負いすぎたためかケンタのスタミナが途中で尽きてしまい
これはもうダメかと思ったが
フォト フォト

他の選手の煽りに乗って何とか反撃、逆落としは良かった
フォト フォト

これを耐えた健遅漏が、強烈なバックドロップで王座防衛
フォト
フォト

ケンタは今回を最後に、しばらくプロレスから離れるということだが
悔しい思いをさせられただけに、一皮向けて戻ってくることを期待してます

健遅漏「プロレスセンスの無い奴も、練習しない奴もしょっぱいのは同じ
これからも精進していきます」
フォト

健遅漏の磐石な絶対王政が続くかと思った所で待ったをかけたのが邪馬屠
規約に基づきリマッチ権を行使って
今回のパンフ、規約がついていたが、このためのネタフリだったかw

邪馬屠「今回は18時まで借りてるから大丈夫だ
お前ら雑魚どもにもチャンスをやるよ」
ということで、優勝者が王者になるバトルロイヤル開始

■エキストラマッチ
フォト
現王者健遅漏が狙われ速攻で失格(マッチョさんもついでに失格)
「失格になってない奴は上がって来い」という中
観客のプリンス石井が、無理矢理放り込まれるが、すぐに失格
皆さん、ホントメロンのこと好きねw 
リヴァ沢とSAGATを失格にした拝銀を、何と大穴の乃りおが破り新王者に

ベルトが九州に流出するという
バッドエンドにバッドエンドを重ねる、斜め上の事態に
今後どうするかとか一切考えてないよな、これってww
観客からは「福岡ドーム押さえろ」とか「どんたくだ!どんたく」等と飛び交っていたww

ある意味RAWらしいメッチャクチャなエンディングに
3時間以上の長い興行でしたが面白かった

そして興行終了後、天気は土砂降りの雨となっていた
2011.06.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。