日々適当に書いていく予定は未定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
自転車ロード別府、ロンドン内定1号
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1794572&media_id=8

フミは今シーズンのロード&TT全日本チャンプだからこれは当然か。
後1枚は幸也、宮澤、土井辺りからかな

ただ、出場が2人だと好成績は厳しいだろうな
特にロードはイギリスは威信をかけてカヴェンディッシュトレイン仕掛けるだろうし

どっちみち、放送してもダイジェストなんだろうな日本じゃ
スポンサーサイト
2011.10.30 / Top↑
■車道走行徹底…戸惑う自転車、歩行者は歓迎の声
(読売新聞 - 10月28日 08:10)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1792303&media_id=20

経験上、車道走ると厄介なのがバスや最も難敵なタクシーだったりするんだな、これが
後は道路横断を試みるお年寄りね

車道徹底自体は別にかまわんけど
通称「2輪の墓場」とまで言われてる水戸街道とか
実質信号機のある高速道路な、湾岸道路や国道新4号なんかで
いきなり車道走れって言われても、恐くて無理だと思うけど、どうすんでしょ?

陸橋なんかも、構造上自転車が通れないようなのも少なくないしな
上一色陸橋なんか、階段しかないから自転車は回り道するしかないし
西新井駅近くの陸橋も自転車は片側しか通れなかった記憶が

後、大型が多く通る右折レーンなんかも、かなり危ないよ

運転手の皆様、オバハンとお年寄りは
道の真ん中をキープしようとする習性があるのでお気をつけを

まあ、とりあえず逆走である右側走行は徹底して注意させてくれ

後、警官はもちろん歩道の並列走行やめてくれるんだよね!
2011.10.28 / Top↑
 4日 変態大社長最終試合 浅草花やしき 19:30
 5日 バトラーツ最終興行 新宿FACE 19:00
 9日 ZERO1澤宗紀引退試合 後楽園ホール 18:30
13日 DDT~ハードヒット~ファンタジーイリュージョン 新木場1stRING 12:00
19日 STYLE-E 西調布格闘アリーナ 19:00
22日 大日本 後楽園ホール 19:00
27日 DDT 後楽園ホール 12:00

5日はバトの前に市ヶ谷の法政大でUWF(学プロ)見ていくつもり
6日はZERO1行くか、ホッケー行くか考え中
20日の花やしきプロレスは今の所行く予定
22日はご無沙汰だった大日に行く可能性が高い
23日のRISEは興味はあるが予算的に厳しいので、余裕があれば大学ホッケーに行くかも
WWEは12/1に行く予定

後は突発的に増えるかもしれないし、減るかもしれない
2011.10.28 / Top↑
Twitterを見てたら、今日はZERO1道場マッチが開催とTweetされてたので
澤のカード何かあるかなと見てみたら、何と澤&光留のSEX-MENファイナルマッチ
ジャパンカップで金使って、懐が心もとないが
これは見なければ間違いなく後悔すると、急遽観戦決定
というか、こんな重要なカードあるのに、ひっそりと発表すんなよと小一時間(ry

竹芝駅すぐそばにあるZERO1道場のある倉庫は、以前愛車で確認済み
しかし、どっから入ればいいのかわからなかったが、普通に入っちゃってよかったのね

会場入り後、今回限定の「DEAD or ALIVE」SEX-MENファイナル限定版Tシャツを購入
発表はひっそりながらも客足は良く、選手入場通路を潰して観戦スペースに充てたほど
最終的にはチケット売り切れになったほどの入りとなりました
まあ今回のカード、鬼門の新木場でも満員にできるレベルだと思うし

■第1試合 藤田&植田&●横山vsクレイグ&○フセイン&バーネット
浜口道場出身選手vs世界のプロレスと題付けられた試合
フォト フォト
フォト
最近推されている横山だが、じっくりと来る相手にはまだ厳しい所があった
峰ぴょんはやらないと思ってた場外ダイブを披露
植田とフセインのぶつかり合いはなかなかに迫力あった
ランニングエルボーからの「気合だ!」はやはりお約束だったか

外人チームは、ペプシマンで入ってきたものだから
GENちゃんが外人の振りして出てくるのかと思っちゃったよww
改めて見ると、外人側のコントロール役になっていたクレイグの成長が見れた
役割分担が出来てたのでフセインの粗もあまり出なかったかな
バーネットはスピードありそうだが、背中の赤い発疹がやけに目に付いた

■第2試合 △大谷&柿沼vsKAMIKAZE&日高△
フォト フォト

柿沼の教育マッチ的試合だったが、何とか時間切れまで持ち込んだ
ジャーマンで兄貴から勝てたかもって場面も見せてたな
やはりヘビーは柿沼を育てたいってのがあるんだろうけど
一歩間違えると、橋のような体型になる可能性もあるがな

大谷は基本盛り上げ役立ったが、この人のビンタって
プロレス的使い方では鈴木みのると双璧をなすと思うのだが如何でしょう

KAMIKAZE&日高の嫌らしいまでの一点集中連携を見ると
継続的にタッグ組んでも面白そうな感じがする
ヘビー級相手だったので、日高がいつに無くバンプを取っていたなw

■第3試合 領二&●大地vs○澤&光留
フォト フォト

以前、赤土公園で大地のプロレスラーとしての性感帯を大いに刺激しまくった澤だが
今回はこれに光留も加わり、強烈な愛撫を大地に浴びせかける
でも大地も本当はこういった試合をもっとやりたいんじゃないかなと思うんだよな
レジェンド相手もいいけど、今の主流どころにももっとぶつけて欲しい
フォト フォト

この中だと領二の大きさは際立っていたが、何気に光留と手が合っていた
ここ2回ほど見たときは存在感無かったが、今回はやっていて楽しそうだったな
フォト

三角締めとお卍の合体技で攻め込まれる大地だが
三角蹴りやシャイニングで澤を追い込むも、お卍からのアームロックでギブアップ
SEX-MEN最後に2勝目を挙げ優秀の美を飾った
フォト フォト
フォト

試合後、光留「まだ澤に勝ったことが無いからシングルでやりたい。」
という強い要望に澤「やりすぎぐらいがちょうどいい」と応え特別試合が決定
光留「俺たちのSEXに長時間かける必要はない!5分で充分だ!」
ということで5分1本勝負に

■特別試合 澤vs光留
フォト

二人とも笑顔を浮かべながら、殴り、蹴り、腕や足や首を取り、頭突きやパンチを叩き込む
それはもうイカレた光景が繰り広げられた試合でした
両者、膝立ちで殴りあいながら5分間が終了
お互い倒れながらも握手を交わすと、正座で正対しての礼
フォト フォト
フォト
フォト フォト

光留「最初は痛かったけど、だんだん気持ちよくなってきたよ
俺達が裸で会うのは今日が最後だけど、俺たちは永遠のセックスフレンドだ!」
フォト フォト

今回の道場マッチは行って本当によかった
SEX-MENのタッグとシングル両方見られただけでも、充分贅沢な気分を味わえた
他の2試合も面白かったので、満足度は物凄く高かったです

買ったTシャツに澤と光留のサインを入れてもらいましたが
二人とも「痛い」を連呼してました。そりゃあ、あんなイカレた試合すればねぇ
フォト

興行終了後に、大谷を筆頭に選手がお見送りをしていたが
ファンとの信頼関係を再び築き上げていこうってことなのかな
2011.10.27 / Top↑
レース終了後、キャノンデールのブースに人だかりが
もしやと思ったら、やっぱりバッソのサイン会が始まっていた
ということで、表彰式尻目にサイン行列に並びました
フォト

アスタナとランプレはどうやら朝にやっちゃたらしい

物販ブースを見てたら、ルコック半額セールに財布が動いてしまったww
飲食の方も叩き売りモードに入っていたが
豚汁50円食べ放題は。そりゃ並ぶさ

ふと見ると総北高校自転車部のジャージを来た人に人だかりが出来ていたが
「弱虫ペダル」の渡辺先生でした
せっかくなので、パンフに御堂筋くんを書いていただきました
フォト

スペシャライズのブースでは新城がサイン会をやってたので
こちらも並んでサインいただきました
フォト フォト

バッソが帰った後のキャノンデールブースに安田団長がいたので
サインと写真を撮らせてもらいました
フォト

ほどよい時間になったので、帰りのシャトルバス待ち
待っていたら、新城が目の前を通っていきました
バスと電車の中では完全に寝落ち

来年も当然行くつもりだが、今度は鶴CCの方で見てみるかのう
2011.10.26 / Top↑
ジャパンカップサイクルロードレース観戦のため、朝から宇都宮市森林公園へ
しかし、ついてから気がついた、去年は1時間早く来てたわ
てことで、山登りが1.5Km追加した上に、尿意が強まりズンドコと化す
会場着いてトイレに並ぶが、男子仮設トイレ5台しかないので、大行列で地獄を見たwww

この時点でレース開始1時間前だったので、物販見ないでさっさと場所取り
ここからさらに1.5Km山登りだが、当日は雨上がりの蒸した陽気だったため
防寒仕様で来ていた俺、汗だくになったよそりゃあw

ロードレースでは、応援メッセージをチョークで書くのがよくある光景ですが
今年は路面が濡れていたので、昨年より少なめ
それでもネタ系や力作がありました
フォト
フォト フォト

古賀志林道山頂手前のところに陣取って、レース開始待ち
今年はアウトドア用の折りたたみイスを持っていったが、やっぱ必需品だねこれは
チームやスポンサー関係が応援グッズを配るのも、ロードレースのお約束だが
GIRL'S KEIRINからはロゴ入りのうまい棒が配られた
フォト

ラジオからレース開始が告げられると、周囲から大拍手
先頭のオフィシャルカーのアナウンスはジャパンカップ名物だが
今年は箱乗りかいな!www
フォト

1週目から逃げ集団が形成される展開だが、もう集団が通過するだけで胸熱ですよそりゃ
フォト フォト

3、6、9周目は最初に山頂通過した選手に山岳賞が設けられるため、アタックがかかる
メイン集団は、差が広がり過ぎないように追いかける
フォト フォト
フォト フォト

●4周目のメイン集団

だいたいトイレ行ってる間に次の周回が来るので、山頂で見ていくことになる
山頂は人気観戦ポイントなので、人だかりがスゴイのだ
フォト

アスタナのクロイツゲル
フォト

リクイガスのバッソとランプレのクネゴ(すごく小柄な選手)
フォト

ジャパンナショナルチームの土井雪広選手(真ん中)
フォト

同じくジャパンナショナルチームの宮澤崇史選手
フォト

ジャパンナショナルチームの新城幸也選手
フォト

サクソバンクのグスタフエリック・ラーション選手
フォト

●8周目の逃げ集団

8周目を通過した所で下山したが、1周勘定間違えてたわww
下山途中、今年も来ていた痛チャリ集団の愛車を撮ってみた
フォト フォト

赤川橋付近で次の周回が来たので撮影
この辺りでメイン集団が一気に差を詰め始め、翌周には逃げを吸収
フォト フォト

赤川ダム付近の歩道が細い上に、ゴール地点に向かおうとする人で大渋滞
そんなところを無理に自転車で通ろうとするアホもいるし

ゴール地点は客席設けられてて見えないし、ビジョンは人だかりがすごいので
ゴールの少し先で観戦
平坦路な上にレース終盤なので、選手もペースを上げていく
フォト フォト

●ファイナルラップ

ここで新城が勝負のアタックをかける
観客も、新城の優勝に期待をかけるが
ゴールした新城が悔しそうな表情をしていたことと
GENESYSの選手が集まって歓喜の声を上げていたのだが
どうやら、GENESYSのハース選手がゴールスプリントを制して優勝したと知る
フォト
フォト フォト

結果、優勝:ハース、2位:西谷(愛三)、3位:佐野(NIPPO)
ロードレースではオーストラリア勢の台頭が著しいが、よもや総取りされるとは
やっぱり、ここでいいとこ見せてUCIプロチームのお眼鏡に適おうという
モチベーションがあるのかもしれないな
タロサと今中さんは大健闘といっていたが
やっぱ表彰台の真ん中に日本人が立つのは実力的にすでに夢物語じゃないと思うので
来年のジャパンカップには期待したい
フォト
2011.10.26 / Top↑
日本のロードレースファンには年に1度のお楽しみジャパンカップ
今年も宇都宮に足を運びました

オリオン通りはクリテリウム開催ということで、自転車のブースが並んでました
フォト

特にコルナゴは力入っていて、宣伝カー(後ろには新城とボクレールがプリント)や
新城が乗ってるモデルや、宮澤が乗ったモデルが展示
やっぱコルナゴのバイクはカッケーな
フォト フォト
フォト

FUJIのブースには、GEOX仕様のバイクが展示
といっても、ステルス機能やジャミング機能は搭載してないがな
注:#jspocycle住人じゃないと分からないネタです
フォト

盆の時に見つけたやきそば屋で昼食をとるが
いつの間に、宇都宮市はやきそば推しになってるんだ?
確かに老舗のやきそば屋は何件かあるけど
フォト フォト

雨が降ったり弱くなっている中、去年と同じパルコ前に陣取り開始を待つ
実況席は、今年もSaschaさんと栗村監督の、我らワールドのお二人
フォト

まずはパレードランで4週
バッソやクネゴ、新城、別府に、地元チームの宇都宮ブリッツェンには
ひときわ大きな歓声が飛ぶ

●パレードランその1

●パレードランその2


15時50分、クリテリウムスタート
宇都宮中心部の特設コース1.55Kmを20周で争う
フォト

平坦路のレースなので、通過する時物凄い風圧を感じるスピードが出ている
集団の先頭から最後尾まで20秒かからない
そんなわけで、俺のデジカメの連写機能じゃまともに写らんww
フォト フォト
フォト フォト
フォト

ブリッツェンの片山右京は、途中リタイヤであったが
年齢を考えれば、この中で走ること自体凄いことなんだよな
そして、ロードレースと競輪では同じ自転車競技であっても
競技に必要な体の作り方は全然違うのである

●クリテリウム終盤辺りの映像

クリテリウムを制したのは、オーストラリアのGENESYS スティール・ヴォンホフ選手
ゴールした瞬間に、チームメイトもガッツポーズを取っていたのが
ロードレースは個人競技と団体競技を併せ持つことを象徴する場面だと思う
フォト

表彰式開始が2時間半後だったので、泊まり先の実家にとっとと退散
翌日のジャパンカップサイクルロードレースに備えることにした
2011.10.26 / Top↑
自転車の歩道走行禁止 徹底へ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1781012&media_id=2

そもそも、自転車=歩きの延長線って認識を改めさせるのと
自転車走行のインフラ整備が充分じゃないのに
法規制だけ強化しても、却って事故増えそうな気がすんだよね、これって

最低限、左側走行を徹底させないと、車道逆走する自転車が増えるよ
後、信号無視(特にT字路)は乗ってる俺らも気をつけないといけない問題

今の愛車乗るようになってから、却って歩道走るほうが危ないと思うことも多くなったが
今でも、通行量が多くて道の狭い水戸街道や
ほとんど高速道路のような湾岸道路で車道走ろうって気はおきないんだよな

ちなみに、大概の人は自転車が車と変わらないスピードで走るって認識が無い上に
自転車ならすぐ止まれると思いがちなので、その点は重々注意しないといけないわな

2011.10.20 / Top↑
駅前の会場に戻ると、大田区在住の悪い人=新藤にブーイングを浴びせているところでした
チッ!混ざり損ねたかwww

ちびっ子プロレス教室は、HARASHIMA&HERO!だったらしいが
HERO!さんの悪さが存分に発揮されてそうな予感が

■第1試合 ○石井&入江vs高尾&●平田
フォト
タッグ結成後すぐにチャンピオンになった石井&入江
二人とも強力なフィニッシュをもってるだけに
型にはまれば意外と長期政権になる可能性も
フォト フォト

名古屋で挑戦が決まってる高尾が対抗意識むき出しと
若手の競い合いが本体でも活発化している感じでした
フォト

■第2試合 ○世Ⅳ虎vs鹿島●
全女的ヒールの後継者ともいえる世Ⅳ虎先輩は、新人ながら貫禄あり過ぎ
松井さんもすっかり及び腰ww
世Ⅳ虎は殴る蹴る一辺倒で、細かいテクニックがあるように見せない方がらしいのかな
この方、某CBBAさんと違ってリアルに18歳なので先行きが実に恐ろしい選手である
フォト フォト
フォト フォト

一方の鹿島はスターダムの選手に多い普通の女の子っぽい選手であるが
こちらは普通に新人らしいファイトでした
まあ、ここの新人は愛川と世Ⅳ虎が突出してるからなぁ
フォト フォト

■第3試合 バトルロイヤル 
出場選手:MIKAMI、○鳥羽、高梨、大石、松永、ニラ
ランブルでなくバトルロイヤルってのが実にイベント興行らしいな
そして何気に試合巧者が集まっていた
フォト

マイクをスルーされた高梨だが、お客のビールはしっかり拝借
鳥羽とニラが、大森大会名物の噴水に行くが、今回は水張ってなかったんだよね
大石と松ちゃんの壮絶なツバの吐き合いは、観客引き気味に沸いていた
久々のスーサイドだったけど、息はぴったり
そして、やはり影の主役と化していたニラさんは
逆上して百円ライターを点火して突撃をかけるが
鳥羽のカウンターストレートでKO
かくして優勝した鳥羽が、来年の大森級王座挑戦者に決定した
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト

■大人のプロレス教室
フォト
今年は、興行の締めのマイクだったが、これがえらいカオスでしたよ
平田「試合がしょっぱくても、締めが巧くいけば誤魔化せます」とシュート発言www
マイクの後に曲をかけるという名の会場さんへの無茶振りの中
出場者の自由すぎる締めのマイクに、大社長「素人は恐いよ!」と大爆笑
そして見ている俺らも思いっきり悪乗りしたのは言うまでもないwww
いや~DDTに来て、色んな団体の締めが見られたよwww

最後に宣伝のため登場した世Ⅳ虎先輩に、平田オールナイトのトラウマが甦るww
しかし、このカオスな空気に中てられて、先輩素のヤンキー的真面目さが出てしまいました
フォト フォト

■第4試合 世界大森級選手権 ○ディーノvs大輔●
やっぱディーノの入場は、新藤のマイクが一番合うな
フォト

昨年、王座獲得して大森をゲイタウンにした男色先生
これを解放するために立ち上がった大輔だったが、出身地の練馬をかけることに
かくして大森コントラ練馬という形に
認定書読んだ区議の先生、今年も男色先生のお触りにあっていました
フォト フォト

大輔、半ケツにされ男色殺法に悶絶され続ける展開が続くが
リップロックは松井さんに誤爆して、意識が別世界へ旅立ってしまう
サブの木曽レフェリーが入るも、リップロックでこちらもトリップ
フォト フォト
フォト

大輔はマヒストラルで後一歩まで追い込むが、リップロックで落とされ
哀れ練馬区もゲイタウンとなってしまった
フォト フォト

23区のみならず、日本総ゲイタウン化を目論むディーノに待ったをかけたのは
バトルロイヤルで優勝し、時期挑戦者になった鳥羽
愛する大森をゲイタウンから解放しようとする鳥羽に
ディーノは出身地の茨城を懸けさせる事に
かくして大森コントラ茨城という形で、来年のUTANフェスに続く
フォト
フォト フォト

■メイン ○KUDO&HARASHIMA&HERO!vsヤス&アントン&星誕期●
フォト フォト
フォト

タッグ結成したヤス&アントンは新テーマで登場
アントンってこの手の曲、どっから見つけてくんだろ?

東京ではこれが最後のHERO!は
アントンにパワードスーツで体当たりをしょっちゅうやっていた
フォト

大森広場噴水の主役HARASHIMAは今年もヤスと乱闘を繰り広げるが
水の無い噴水に、「水が無い!」とショックを受けておりましたww
その後、ヤスに三角コーン被らされ、噴水の主役の面目躍如であったが
フォト フォト

これで見納め?の友情の蒼魔刀からダブルのプランチャでヤスとアントンを分断し
KUDOがダイビングダブルニーで誕期さんから勝利
フォト

なお、DDTでは来年のUTANフェスタ開催は決定事項のようです
てことで、来年も大森に来ることになりそうだ
フォト
2011.10.18 / Top↑
昨日の箱舟で、中嶋が返上(剥奪)したGHC Jrを
元々挑戦表明していたマルビンと梶原を抜擢して王座決定戦をやったわけだが

Jrタッグの方の試合もあったとはいえ
イマイチピンとこないマルビンと
ただでさえベルト絡みの実績が無い梶原が出てきたことで非難轟々

そして勝ったマルビンはその場で王座返上し
中嶋の復帰を待って王座決定戦って流れになったが

この流れってベルトとファンに失礼なんじゃないの?

だったら、王座預かりで暫定王者にして後で統一戦でもよかったわけだし
そもそも中嶋からベルトを引っぺがす必要があったのかって話にもなってくる
何か、抜擢された挙句、中傷受けた梶原も気の毒な話だわな

王座返上もポンポンやってりゃ
自分で自分の団体のベルトの価値下げる行為だと思うんですが
如何なもんでしょ?
2011.10.17 / Top↑

大森駅前UTANフェスのDDTを見るため大森に来たのだが
昼飯食おうと早めに来たが、行こうと思った五郎の豚カツがやっておらず
よく考えれば、UTANフェスのスタッフなんだからやってるわけが無いわなと
商店街をぶらぶらしてると、見覚えのある人がビラ配ってた

会場となるビルに行って見ると、やっぱり焙煎TAGAIでした
Luz大森の芸能人フードコートveryでライブやるってことで
飯食った後だけど、暑いし時間つぶしになるから見ていくことにした

参照
Luz大森 http://www.luz-omori.com/
芸能人フードコートvery http://www.food-very.com/index.html
※長州小力とハチミツ二郎の店舗もある

前半は、栃木の上三川で活動しているアイドルのライブ
いやあ、追っかけとそれ以外の人の温度差がオモシレェ
しかし、司会よ、上三川なんて日産工場以外何もねぇよ!w

芸人としての焙煎は始めてみたが
色んな意味で、試合してる時とキャラが一緒でしたわ
しかし、漫談でも裸がユニフォームだったのか

トリの小力は、KARAと少女時代の長州バージョンって新ネタ披露
これでまた仕事増えるといいなと言ってましたわ
長州パラパラが終わった所で2時になったので、駅前に移動

西口プロレスも金と機会があれば見にいこうかな
2011.10.16 / Top↑
今回は1日に新木場があったので動員苦戦し93人
俺も最初、今月は西調布ではやらないと思ってたし

今月から3ヶ月に渡り、新設のSTYLE-Eタッグ王者を決めるトーナメントが開催
「オリンピア」にのせて入場式はお約束なのかw
フォト フォト

■第1試合 ●安部vs浪口○
俺たちの絶対王者こと浪口がSTYLE-E初登場
久々に見るナミだが、相変わらず体はちゃんと作りこんでいる
さすがに、強さの面でも格の違いを見せていたが
フィニッシュのラナキラのヒヤッとする落とし方も含め
段々スタイルが高岩に似つつあるような気がした
フォト フォト 

実況で「浪口のプロレス頭」という件があったが
そんなもんあれば、ZERO1追い出されとらんわと心の中で突っ込んでしまったw

安部は出場団体を増やし始めだしたのは何より
まだまだ伸びる選手だと思うので

■第2試合 柴田&○ベアーvs高尾&翔太●
フォト フォト
第2試合以降は、トーナメント1回戦
体格差のある相手に、スピードと丸め込みで対抗する高尾&翔太だったが
ベアーのぷるぷるベアーで翔太が撃沈
フォト フォト

個人的に竹田vsベアーのタイトル戦を見たいので
次回の直接対決は何気に期待している

そういえば、翔太vs田村のワンマッチ興行ってどうなったんだろ?

■第3試合 田村&○GENvs●骨&ホモ虎
新木場で一人不完全燃焼だったと訴えるGENとタッグを組んだ田村
テーマは初優勝と完全燃焼である
フォト

一方、獅子一色の新たなる獅子、蛮頭ホモ虎はやはりあの人に似た選手
飛龍半裸絞めのデモンストレーションで安部を失神させるが
そのまま安部に那須、しまいには弥武さんまでなぶり出し、骨がローンバトルにww
フォト フォト

ようやくタッチすると、”悪夢”を始めとする男色殺法で田村を翻弄
飛龍半裸絞めで田村を捕らえるが
GENが骨の中華式ゴリーを回転エビ固めで丸め込むと
そのままシャープシューターを決め勝利
フォト フォト
フォト フォト

試合中、骨の619をGENがシャープシューターで捕らえようとするところを
さらに骨がフランケンで切り替えした攻防は見ごたえがあった

試合後、GEN「カード見て嫌な予感はしてたけど、やっぱり不完全燃焼だったよ。
次は完全燃焼しようぜ」と田村に言うが
当の田村は飛龍半裸絞めで休憩入っても悶絶させられてましたとさww
売店に出てきた田村が、心に深いダメージを負っていたのは言うまでもない
フォト フォト

■第4試合 ○獅子殿&岩兵衛vs●村上&末吉
フォト フォト
村上相手に獅子一色が立てた作戦は、とにかく村上を出させないこと
中盤までは、村上vsバーブが繰り広げられていたし
フォト

ついに村上が登場すると案の定大暴走し、獅子殿も岩兵衛もフルボッコにされるが
村上をリングに戻させずリングアウト勝ち
フォト フォト
フォト

岩兵衛「村上には無いリングアウトで勝ったぞ!
俺たちのこの姿が勝った姿なんて言わねぇよ。
だがよ、これは獅子殿と俺でベルト取れる最初で最後のチャンスなんだよ。
どんなみっともない勝ち方でも、このトーナメント優勝してやる!」
フォト

最後に獅子殿が最後の力を振り絞って締めたが
こりゃ、準決勝で当たる田村&GENに完全燃焼させる気は毛頭無さそうだな
準決勝4チームで一番優勝に拘りを見せてた印象が強かっただけに

■メイン ○竹田&大輔vs●那須&吉野
フォト フォト
優勝候補筆頭の調布西E部警察に、那須&吉野が奇襲し試合開始
しかし、竹田&大輔がペースを握ると、とにかく厳しい攻めで圧倒
ロッキンポはなんとか返した那須だが、竹田の高角度ジャーマンで玉砕
この試合で番狂わせが出れば面白かったが
さすがに結成後無敗の調布西E部警察の壁は高かったか
フォト
フォト
フォト

大輔が「ここの顔になったらもう1回挑戦して来い」と珍しくマイクを持ったが
手ごたえは感じたということなのかな
フォト フォト

今回はトップロープの張りがゆるく、メインでは2、3度ヒヤリとしたシーンもあったが
怪我人が出なかったことは幸いだった
俺は空調よりもむしろそっちの方が気になってしまったぐらい
トップロープの問題は、割と度々なのでこれは注意してもらいたいと思う

11月の準決勝は、竹田&大輔vs柴田&ベアー、田村&GENvs獅子殿&岩兵衛
決勝に進むのはどっちのチームだ?!
2011.10.16 / Top↑
最初はそんな都合のいい焼き網でも無いもんかと調べてみたが
クッキングシート敷いてフライパンで焼けば煙が出ないと知り、早速やってみた

焼け具合こんな感じ
フォト

うむ、こりゃ後片付けの面でも楽だわい
魚ッ食いとしては活用しない手は無いわな
2011.10.13 / Top↑
日曜は、久々に山下公園まで走ることにした
品川から、旧東海道の品川宿を通ってみたが、ぞのうち歩いて見るのもいいかも
鈴ヶ森処刑場跡が終点なので、北品川~大森海岸って区間なわけね

山下公園辺りになるとえらい人がごった返していたが
奥のほうにテントが並んでいたので、何か催し物やってるのかと思っていたら
ワールドフェスタ横浜なるものがやっていた

昼飯時ってのもあって屋台はどこも並んでいたが
秋葉原に行く人間にとって、ドネルケバブは行列してまで買う意識は無いな
ここは、代々木のフェスでは余り馴染みの無い欧州方面かということで
スペインのパエリアにいってみた
フォト

チャリでこの手のフェスに来たときの最大の問題は
酒が飲めないことだ
ベルギービールの生も、アメリカの地ビールの生も、各国地ビールとワインも
カイピリーニャも、サングリアも全て我慢せねばならないヽ(;д;)ノ

ステージの各国の踊りなんぞを眺めながら会場歩いてたら
食肉市場のモツ煮込みが美味そうなんで買ってみたら、豚じゃなくて牛でしたよ
これに比べたら、九州フェスのモツ鍋はボッタだわな
最近、モツのスイーツ(笑)向けの売りにコラーゲンたっぷりというものがあるが
あれって体内摂取しても無意味だと思うんですがねぇ

帰りルートは腹ごなしも兼ねて、一番マゾい国道1号ルートをとる
ちなみに横浜の中心部へ向かうルートは大まかに3つあるが
・第一京浜(国道15号):道もほぼ平坦で、絶賛工事中の蒲田を除けば走りやすい
・産業道路:工場地帯近くなので大型が多く車道は走り辛いが、人通りが少ないので歩道でも楽に走れる。鶴見線巡りが可能
ただし、道を間違えると大黒ふ頭に行くトラップありw
・国道1号:アップダウンが激しくマゾ仕様。行きよりも帰りルートのがキツイ、特に五反田が
てな感じである

皇居辺りで体がフルーツ分を欲してきたので、靖国のタイフェスに寄っていく
タイフェス来たら、マンゴーも美味いがドリアンである
ガス漏れの臭いとほぼ同じ臭いを発しているが、それを気にせず食せば
濃厚でこってりした甘さを味わえます

帰宅後、山下公園で飲めなかった腹いせに、安白ワイン飲んで寝落ちした


2011.10.10 / Top↑
九州フェアを後にして、中野坂上へ
マイミクの園長が主催している朗読劇「una:chenter vol.2」を見に行った
駅から路地裏散歩しながら、会場の中野RAFTに到着
フォト

俺が行った回は夕方ってこともあり客が少なめだったが
スエパパに、shaftさんと知り合い率の高さは一体なんであったのか(爆)

開始前の園長の諸注意を聞いてるとき、ニヤニヤと気恥ずかしさが同居していたが
授業参観に来た親の心境もこういうものなんであろうか?w

今回の3+a偏は「死」をモチーフとした話となっておりました

ボーナストラックというかプロローグ的な「さんさーら・こんぷらんと」は
あの世に来た方々の悩みと、その相談窓口が舞台
高速増殖炉はちと遊び過ぎなところもあったかもしれない
つい、もんじゅくんか?もんじゅくんなのか!と突っ込みたくなるぞw
こと、3話目とは密接にリンクしていたように感じる

1話目の「CHEAPTRICK CAFE's TALK」はぶっちゃけて言うと「シックスセンス」オチ
注文したコーヒーが来てないのが複線になっていたが
オチを踏まえて見えると、見方が変わってきそうな話だった
もしかすると、会話がかみ合っているようで、かみ合っていない所もあったかもしれない

2話目「未熟な担い手」は園長オリジナル
ペット葬儀とペット業界の暗部に触れている話であるが
演者が熱演というより、かなり自由にやっていた印象
というか、我々にしか通じないギャグ誠にありがとうございました
覚本さんは、こっちの少年役の方が印象に残った
遺伝子雑太郎さんは、この朗読劇での年寄り役担当になりつつある気がする
つださんの狂気全開な役というのも見てみたいような

3話目「START・POINT」は天国の受付と心残りのある死者の話
天国の受付アリア約の小林さんが存在感を見せていた
この話、園長ではなくつださんが演出していたためか、毒気なし
トリとして綺麗に終わるので構成としてアリ
全編毒気ありじゃ見る方も疲れちまうし

残念だったのが、俺が見た回は全体的に噛みが多かったこと
木戸銭払う以上は、その点は次回以降の反省点にしていただければと

観劇後は、東中野まで歩いて、銭湯アクア東中野に入っていく
入浴時間2時間までとか、サウナ500円はワケがわからないよだが
ぬるめの炭酸泉があるのは実にうれしかった
フォト

実は土曜だったので、夜の部にしていれば末広亭の深夜寄席とハシゴできたのだが
さすがに1時間以上時間をつぶすあても無かったので
飯食って、とっとと帰宅しました
2011.10.10 / Top↑
土曜は昼飯がてら代々木公園の九州フェアに行く
フォト

会場では、かつてどうでしょう班を地獄に叩き落した
キング・オブ・深夜バス「はかた号」が展示されていた
フォト

屋台の方は、ちょっと鶏に偏りすぎだったかな
炭焼き地鶏なんかあちこちでやってたし
反面、てんぷら(さつま揚げ)やってるとこが少ないし
そういう点では、去年行った北海道フェアの方がバラエティに富んでた
焼酎ワンショット200円は、酒好きには堪らんかったろうな

俺が紅はるかの焼き芋食ってるのを見て、JKが「あれ絶対美味そうじゃない?」と話してたが
うむ、絶対に美味いぞ。サツマスティック買うならこっちの方が全然いい

今回、九州各地のゆるキャラが集まっていたのだが
りょーまくんは、九州側にしていいのか?ww
チューリップのキャラにいたっては、何の生物か分からなかったしww
熊本県のくまモンくんは、秋葉のコトブキヤでグッズが売られてるぐらい力が入ってるようだ
後、唐わんくんがかなりスレスレな気がしてならないwww
フォト フォト
フォト

腹を満たして、次の目的地中野坂上へ移動する
2011.10.10 / Top↑
米アップルのスティーブ・ジョブズ会長、5日に56歳で死去
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1766841&media_id=52

少し前に健康の理由から、アップルのCEOを退いたばかりだったが
56歳での死去は、まだ若いだけにショックだったな

俺はアップルの商品はiPodを使ってるぐらいだが
Macがパソコンのマニアの持ち物ってイメージを覆したり
iPodが携帯音楽プレーヤーの革命になったり
iPhoneがスマホを一気に普及させたりと
PCやデジタル機器で強い影響のある企業であることは分かるつもりである

現在のカリスマ経営者の一人であっただけに
惜しい人物を亡くしたよなぁ

カリスマ亡き後の内紛ってのはよくある話だが
果たして今後のアップルはいかに?
その辺は、しっかり業務委譲していたようだけども

スティーブ・ジョブズ氏のご冥福を謹んでお祈り申し上げます


【よーつぺネタ】
スティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大学卒業式で語ったスピーチ
2011.10.06 / Top↑
土曜に浅草でDDTの提供試合見にいったとき
石川県の珍味、河豚の子糠漬けが売ってたので、いい機会だと思って買ってみた

1年以上塩に漬けてるだけに、味は濃い目で
糠に漬けているので、チーズのような匂いがします

今日は、茶漬けにしてみたが、これが美味かった

ちなみに河豚の卵巣は猛毒として知られているが
これが何で毒抜きされるのかは、完全にはわかってないらしい

なお、俺でカンカンノウを踊らせるとか考えるなよ(笑
2011.10.03 / Top↑
行こうかと思ったが、都合で行けなかったDDT48結果発表を
ドラファンのニアライブで視聴

結果は
第1位…佐藤光留     558票
第2位…飯伏幸太     389票
第3位…男色ディーノ   387票
第4位…ヤス・ウラノ   380票
第5位…マサ高梨     363票
第6位…大石真翔     356票
第7位…チェリー     335票
第8位…HARASHIMA     287票
第9位…MIKAMI      252票
第10位…木高イサミ    248票
第11位…大家健      247票
第12位…KUDO       228票
第13位…高木三四郎    197票
第14位…DJニラ      195票
第15位…アントーニオ本多 182票
第16位…石井慧介     179票
第17位…石川修司     176票
第18位…高尾蒼馬     174票

1位のヒカルンは、「ばれチャン」見ている面々が投票権持てば
少なくとも1票は入れてるはずなので、支持基盤は強い上に
この流れに乗っかったところも多かったんだろうな
「ばれチャン」については俺もある種の共犯関係にあるので、票は入れてます

6位の大石は、選挙期間中試合のないユニオンでもフリーハグで会場回るなど
地道に活動し続けたこと、「ほもクロZ」の活動開始、離婚のカミングアウトと
最も活発に動いた結果が出たと思います
晴れてDDT所属も決定し、これからの活躍にも期待したい所です
まあ、Kのファンにとっては複雑なのかもしれませんが

5位の高梨は、この中でも期待票が一番多そうな気がする
恐らく去年出てても、ベスト5入りした可能性だって高かったと思うし
後は蕨票が一番動いたか
汁レスラーって言葉に対する拘りの強さも高梨らしいわ

ユニオン勢は、モロ兄の先行洩れはお約束として
チェリー、イサミ、大家さん、石川がランク入り
大家さんは、ツンデレ劇場「けんとみお」で票を動かしたわな
同期の坂井や「昭和子」のためにもベルトに挑戦したいって気持ちは伝わりました
イサミは負けはしたがユニオンのジェネリコ戦で票が動き出したかな
石川は両国でKUDOとやったばかりなのが、動きが鈍かった原因の一つかもしれない
チェリー姐さんの夢も叶ったら痛快だろうな

14位に入ったニラさんが意外な結果だったが、ニラさんの試合って外れないしな
インタビューで照れまくるニラさんは萌えポイントだったw

4位のヤスも、支持層が強いとはいえ特に目立った動きもなかったので意外な結果
だけど、グランマとして石川と戦いたいってのは引き付けられるな
23日にシングル決まったけど、これはドラファンでチェックしとかんと

意外といったら、入江の落選も今年の活躍考えたら意外だったな
初動から票があまり伸びなかったみたいで
名古屋勢は6号に相当票を食われた可能性は否めないけど
この結果に本気で悔しがった入江がいいね、レスラーならそうでないと

HARASHIMAや大社長も不本意な順位なんだろうけど
大社長は「いつまでも自分じゃないだろう」ってのは常々言ってるから
来年は選考外を目指すってのもあながち冗談じゃないかもね
HARASHIMAは来年、かなり本気で上位狙ってくるかも

一方、旗揚げメンバーの意地を見せたMIKAMIは同い年としてまだまだ頑張ってほしいです
ただ、体調面で満身創痍な状況が続いてるのは心配だよな

今回、最も微妙な立場が出てしまったのが、12位のKO-D王者KUDO
もともと、DDT48って王者には不利な面が強いのだが
25日の後楽園メインで、ベルトを持ってるのはKUDOだが
エースはHARASHIMA(たぶん横に飯伏がいても)って印象を再認識させられたし
真霜(あえてこう書く)の視線も常にHARASHIMAに向けられていた
あながち高梨の「KUDOが一人ぼっちに見えた」ってのも言い過ぎじゃなかったんだわな

それに加えて、ヒカルンが「どうしても戦いたい相手の、怪我を完全に治すために使え」と
賞金100万をぞの場で変換したのだが
これ、ヒカルンがベルト挑戦より、その相手=飯伏の方を重要にしてるって見られた訳で
確かに飯伏vs光留は、ヒカルンがハードヒットでDDTに上がったときに抗争
その後も試合が組まれれば意地むき出しで遣り合ってるだけに
お互い特別な相手として認識してるのは予想できるわけで
飯伏がスーパーJrで優勝した時「嫉妬で吐きそうになった」と公言したヒカルンを
俺はますますレスラーとして好きになったしな

まあ、これじゃKUDOも立場が無いわな
基本、DDTの中でも言葉でアピールする人じゃないので23日に見せるしかない
これで一皮むけると、面白くなるんだけどな

ヒカルンのとった行動に男色先生が「これからは敵と見なす」と怒りを見せたそうだが
男色ディーノvs佐藤光留ってありとあらゆるものを駆使しそうだから
この抗争、1ファンとしてはむしろ歓迎したかったりする

最後に、飯伏が欠場のため、繰り上げ当選したのが、マイケル
この人って、そういう面で何か持ってるよな、絶対
2011.10.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。