日々適当に書いていく予定は未定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
平日の横アリってことで行きは新幹線、やっぱ速いね18時40分ぐらいに着いたよ
グッズ売り場は長蛇の列だったが、最初の方は見られない覚悟で並ぶ
売り場に着いた頃には、パンク、トリポーさん、デルリオ、コフィは売り切れていたが
シャレが効いてて面白かったのでMIZTを購入
しかし、パンフだけ売り場設けてもよかったんじゃないかと思うのだが
ギリギリ開始時間に間に合った

■第1試合 ○ザック・ライダーvsジャック・スワガー●
WWE公演の特徴として、最初から観客が出来上がってるので第1試合から盛り上がります
スワガーはタックルで腰の一点集中を見せていたが
案外、ジャパニーズスタイルでも対応できそうな気がする
仮に、WWE退団したらIGFが手を出しそうだけどなww

ライダーがラフライダー(飛びつきのギロチン)でスワガーから勝利
格を考えたら番狂わせかと思ったが、サバイバーからプッシュされ始めたみたい

■第2試合 ●ウィリアム・リーガルvsサンティーノ・マレラ○
今回はロードマネージャーとしての帯同で
初日は試合をしなかったリーガル師匠の登場に会場大盛り上がり
対するサンティーノはリングアナの「1、2、サンティーノ」のコールでスクワット

試合はリーガル師匠のダブルアームが大技になるぐらいのレスリングマッチ
それでいながら、途中コミカルな動きを挟んで観客を飽きさせないようにしていた
しかし、マレラの神技コブラに、さしもの師匠も敗北

リーガル師匠vsマレラであれほど盛り上がるのは日本ぐらいだろうな(笑)

■第3試合 ○アレックス・ライリーvsプリモ●
徹頭徹尾プリモが引っ張っていた試合だった
途中からプリモ応援してたし俺
ライリーはまだ塩味の効いた大型のパワーファイターでしたな、試合中ばてちゃってたし
フィニッシュのヒット・ザ・シャワーはハワイアン・スマッシャー(TKO)です
正直、メイソン・ライアンの台頭で、ちょっと厳しいポジションになる可能性も

■第4試合 US王座戦3WAYマッチ 
○ドルフ・ジグラーvsメイソン・ライアンvs●ドリュー・マッキンタイア
前回来日ではカリ相手に受け身職人の可能性を見せていたジグラーだったが
すっかり立派なリアクション芸人になっていた
この試合ではクラウン的ポジションを全うしていたが
それでいて、一つ一つの技の見せ方が綺麗だったな
今大会で一番印象jに残ったスーパースターって声が多いのも当然かと

マッキンタイアは線が細い印象だったが、以外とでかいのね
ちょっと他の2人に食われてしまったが

ライアンは現在売り出し中の筋骨隆々なパワーファイターだが
こりゃ来年にはベルトに絡んできそうだな
ジグラーに勝利を掠め取られたが
その鬱憤を、たっぷりと振り回したフルネルソンバスターで晴らしました

■第5試合 ○ケリー・ケリーvsベス・フェニックス●
特別レフェリーでFUNAKIさんが登場
ディーヴァマッチのお約束でセクハラモード入ってましたww

ディーヴァにはだいぶ疎くなってしまったが
ケリー・ケリーが今の代表格ってことかいな?やっぱ綺麗だわな
一方のベスはプロレス寄りのディーヴァ
お尻を振ってアピールするケリーに対して、そのお尻を引っぱたいてました

首固めでケリー・ケリーが勝って、ハウスショーでまさかのタイトル移動?と思ったら
ノンタイトル戦でした
ぶっちゃけハウスショーでタイトル移動は通常ありえないしな

■第6試合 ○ジョン・シナ&ビッグショーvs●THE MIZ&ケビン・ナッシュ
第5試合終了直後に登場したMIZが、スカル・クラッシング・フィナーレでFUNAKIさんをKO
これには場内大ブーイング
MIZは気にもせず、パートナーのナッシュを呼び寄せる
いや~、nWoのテーマはやっぱ名曲だな

ナッシュはレスラーとしては塩だが、色気だけは相変わらず半端じゃなくある
立っているだけで絵になるから性質が悪いww

シナはリベラのジャンパーに紅白のバギーパンツで登場
ある意味日本仕様コスであるが、先人へのリスペクトにしても分かり辛いわ!www
[Let's Go CENA !」 「CENA Suck's !」チャントが始まったので
音頭をとる形で俺のいるスタンド席でも[Let's Go CENA !」始めたら、乗ってきてくれました
まあ、俺はシナ嫌いじゃないし、つうか「CENA Suck's !」言ってるほうも
本当に嫌いな人はあんましいないと思うけどね、現地と違って

ビッグショーとナッシュのマッチアップには
WCWキタ━(゚∀゚)━!!!!!とwktkしてしまったよww
2m級のぶつかり合いは日本じゃ見られないWWEならではの光景かと

MIZは初日のシナとのシングルでの方が持ち味を発揮していたそうだが
この人すっかりY2J的ポジションに収まったな
元相方のモリソンは退団って噂だし、どうしてここまで差がついたww

ファイブナックルからアティテュード・アジャスメントでMIZを下したシナ
コーナーに上ってアピールしてると
ビッグショーまでコーナー上ってアピールしてくれましたよ

■メイン WWE世界王座戦 ○CMパンクvsアルベルト・デル・リオ●
この二人がWWEのメインをはるなんて、古参ゼロチューには感慨深いかもしれないな
前回来日の時は世界王者になったばかりで、大丈夫なんかって目で見てたパンクだが
今じゃすっかり大スターの色気を出すようになっていた
ドヤ顔天使ことデル・リオさんもすっかり大物になったよな

試合は、クロス・アームブリーカーに繋ぐための腕へ一点集中するデル・リオ
こういう動きを見て、すぐに日本を意識したととる向きが多いけど
デル・リオの場合は基本こういう動きなんではと思うのだが
ところどころでジャベの動きも見せてたし

パンクは大スターになってもKENTAと天山が大好きなのは健在なようで
恐らく初日にモンゴリアン出した時のファンの反応に気を良くしたか
ポイントポイントで多用していた
まあ、日本でモンゴリアン出したら「シュー」って言うのは条件反射みたいなもんだし
サベージ没後レパートリーにしているダイビングエルボーも披露していた

デル・リオのクロス・アームブリーカーを凌いだパンクがGTSで王座防衛
ただ、カウントは明らかに2だったので、ちょっとモヤモヤが残ってしまったのは残念

試合後、パンクが四方に正座して礼をした後、リングサイドを回ってファンサービス
リングに戻って、ベルトを掲げながら走り回った後、エントランスでベルトを掲げてお開き

やっぱWWEのLIVEは楽しいわ!
3分の1はつぶして、A席は結構隙間のある配置だったけど
平日の横アリに7千人集めて、大盛り上がりだったことと
19時半開始で7試合を2時間ちょっとで終わらせる進行のスムーズさは
日本の団体も見習うべき点はあるかと思う

RAWが2回続いたから、次回はSMACK DOWNかな
テレビ収録の都合上、RAWが土日に来日するのは難しいが
スマックが来るなら土日でも開催は可能だろうし
しかし、翌日のお昼には日本を発っていたのだから
WWEユニバースのハードスケジュールには頭が下がるばかりである
特に今回はチャリティー活動も多かっただろうから
スポンサーサイト
2011.12.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://uskmk.blog.fc2.com/tb.php/1584-ff16eab4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。